ピッコマ|「暴君の愛着人形」|ネタバレ 第24話

スポンサーリンク
暴君の愛着人形
画像引用:ピッコマ「暴君の愛着人形」
スポンサーリンク

漫画ピッコマ「暴君の愛着人形」は原作Baek Yideum先生、漫画Yeonjoo先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「暴君の愛着人形」第24話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

暴君の愛着人形【第24話】のあらすじ・ネタバレ

カラクリ

セッツはイートンに神殿の存在意義を尋ねます。

イートンは魔力を持つ者を神殿に縛りつけるためだと答えます。

詳しく説明しようとしてやめるイートン。

セッツは答えの続きを気にしますがイートンは話を逸らします。

この世に本物の魔法士はもう存在せず、

セッツが読んでいた本も皇室が魔法士の血縁関係者を監視するために

記録されたものにすぎないと馬鹿にします。

真実

セッツはただ歴史についての記述もしっかり書いてあったと証拠を見せます。

祭祀長の名前を古代語の「シャルフィナ」と読むと固まるイートン。

レイタンが古代語を解読してくれたと伝えるセッツ。

イートンが火を操る能力があるのか確認します。

セッツは同じなのは瞳の色だけだと答えます。

髪色が違うと指摘されて自虐的に笑うイートン。

イートン「髪色か…昔は違ったんだ」

ピッコマ「暴君の愛着人形」

偶然が三度も重なるはずがないと真実にたどり着くイートン。

黒髪、赤い瞳、名前…そして古代語が読めることからして間違いないと確信します。

風の魔法

イートンは本の中身は空っぽで、祭祀長の子孫が現れるのを恐れて真実を隠していると伝えます。

セッツは突然イートンをおじさん呼びして、下っ端なのかと尋ねます。

イートンは含みを持たせて答えます。

イートン「まぁ 今となっては あながち間違いじゃないかもしれないが」

ピッコマ「暴君の愛着人形」

セッツはイートンが全く魔法を教えてくれない事に不満をぶつけます。

イートンはセッツに石を握らせます。

すると突然燃え上がり驚くセッツ。

イートンは魔法を封じ込めた魔法石だと教えてくれます。

魔力がない人間は触るだけで火だるまになると恐ろしいことを言うイートン。

死んでいたかもしれない事実を知り青ざめるセッツ。

セッツの火傷すらしていない手を確かめて火に匹敵する風の魔法が扱えることを突き止めるイートン。

旅立ち

イートンの愛しい人も風の魔法を扱う人でした。

美しく聡明で生きていた痕跡すらなくなってしまった彼女を思い出すイートン。

セッツは考え込むイートンの手を優しく握りしめます。

イートンはセッツに宿題を出します。

イートン「俺が戻るまでに 完璧に風を操れるようになっていたら いいものをやる」

ピッコマ「暴君の愛着人形」

この場所を離れると言うイートンに不安を覚えるセッツ。

自分に何かできることはないかと申し出ます。

イートンは自分以外に取り組めることではないと答えます。

魔法石をもう一つ取り出して笑うイートン。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「暴君の愛着人形」第24話の感想&次回第25話の考察予想

レイタンとイートンは血縁関係者なんでしょうか??

そしてイートンが大切にしていた恋人はセッツと関係があるようですΣ(゚Д゚;エーッ!

もしかして過去に戻ってきたのもそれが関係しているんでしょうか??

人を生かすことも殺すこともできるという魔法が扱えるセッツ…

レイタンだけでなく、困っている人を助けるために使って欲しいです(>_<)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました