ピッコマ|「暴君の愛着人形」|ネタバレ 第5話

スポンサーリンク
暴君の愛着人形
画像引用:ピッコマ「暴君の愛着人形」
スポンサーリンク

漫画ピッコマ「暴君の愛着人形」は原作Baek Yideum先生、漫画Yeonjoo先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「暴君の愛着人形」第5話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

暴君の愛着人形【第5話】のあらすじ・ネタバレ

変化

外出しようとするセッツを心配して引き留めるルナ。

しかしいつものことだから大丈夫だと微笑むセッツ。

そしてこれからは自分が暴力を受けても間に立ってはいけないと命じます。

自分の身体が傷つくよりルナが傷つく方が嫌だと伝えるセッツ。

ルナはセッツの優しい言葉に感動して涙を浮かべます。

セッツはイェルナの行動を把握しており、

今から夕方まではティータイムの時間だから大丈夫だと言い聞かせるセッツ。

何としてもレイタンの元へ行こうとルナを説得して出かけます。

堂々としたセッツの姿を見て本当に同じ人かと目を疑うルナ。

幼少時代

セッツの母は権力志向の強い野心家でした。

リゼよりも先に入宮していたものの皇帝の関心を引くことができず

さらにはやっと授かった子供が皇女だったことで権力を手にする機会を無くします。

そのせいで怒りの矛先は娘であるセッツへと向かい

常に虐待を受けながら育ったセッツ。

幼少期は身体の成長が遅く、対人恐怖症や失語症まで患っていました。

勉強時間

すでに待ち合わせ場所で待っていたレイタン。

寝坊して遅れたと謝罪するセッツの頬の腫れを見ても無反応で

寝坊でそんなザマとはと馬鹿にします。

セッツは勉強には支障がないと言い訳します。

心配しなくてもと言うと急に殺気立つレイタン。

レイタン「誰がお前なんかを心配した?」

ピッコマ「暴君の愛着人形」

セッツは内心苛立ちます。

好成績

母であるリゼの言うことには逆らえないのか、

初心者のための参考書が沢山準備してありました。

上機嫌で勉強を始めるセッツ。

しかしいざ始めると初級どころか中級レベルで嫌がらせだと思います。

しかし実は過去から回帰した上に予習をしておいたセッツは思いのほか好成績で

答え合わせをしながら黙り込むレイタン。

皇宮を出ても生きていけるようにと準備しておいた知識が役立ったと内心喜ぶセッツ。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

虐め

西側の書庫は倉庫だと聞いていた噂は本当だったと嫌味が聞こえてきます。

そこには義理の兄弟である「ベルン」と「リリエン」が来ていました。

置いてある参考書からカザキ語の勉強をしていると察したベルンは嘲笑を浮かべて

亡命でもするのかと馬鹿にします。

さらには本をレイタンに投げつけてどうせ皇宮にいても何も手に入らないとあざ笑います。

ピンチはチャンス

一部始終を傍観しながらいずれ皆殺しにされる運命だと思うセッツ。

しかしセッツは今度こそ巻き込まれるつもりはないと心に誓います。

今こそ自分の出番だと思うセッツ。

セッツ「おやめください ベルンお兄さま」

ピッコマ「暴君の愛着人形」

生意気だと威嚇するベルンは似た者同士仲良くと言いかけてレイタンに殴り倒されます。

レイタンは心底気にいらない顔をしてベルンに言い返します。

レイタン「誰が 誰と似てるだと?

ピッコマ「暴君の愛着人形」

「暴君の愛着人形」第5話の感想&次回第6話の考察予想

まだ読んでいるのも辛い状況です( ノД`)シクシク…

しかもレイタンもセッツに全く心を開いておらず敵視しているため

セッツは本当の一人ぼっちです…

レイタンはまだ母から虐待されてはいないので

むしろセッツの方が辛い状況のように思えます(´;ω;`)ウゥゥ

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました