ピッコマ|「悪党の美学」|ネタバレ 第13話

スポンサーリンク
悪党の美学
画像引用:ピッコマ「悪党の美学」
スポンサーリンク

漫画「悪党の美学」は原作Lee Huin先生、漫画Kim Yejac先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪党の美学」第13話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

悪党の美学【第13話】のあらすじ・ネタバレ

戴冠式

アルマンから夕食の誘いがあったと報告に来るドロシー。

そろそろ戴冠式が行われるので、イオネの美しいドレス姿が見られると喜びます。

主人公は自分ではないと諭しつつ

アルマンが皇帝になることで今後の展開はどうなるのかと不安になるイオネ。

自分が生き残りアルマンの復讐が果たされないとなるとエイナードが

どのような行動にでるのかと恐ろしくなります。

一方アルマンは皇帝になる日を待ち望んでいました。

しかし幼く何の基盤もない今のままでは

エイナードに頼らざる負えないと肩を落とすアルマン。

しかし何としても危険なエイナードから大切なイオネを守り抜こうと誓うアルマン。

過去の回想

アルマンは自分の父である先皇帝がエイナードの操り人形だった事を知っていました。

情けない父の姿を目にして自分は絶対にそうはならないと幼子心に誓ったことを思い出すアルマン。

脅迫

どう考えても婚約はイオネを人質に取り

国政を思うがままに操ろうとしているとしか思えないアルマン。

そこにエイナードが謁見に訪れます。

戴冠式の準備が滞りなく進んでいることと

戴冠式が終わり次第すぐに婚約式を執り行うことを報告するエイナード。

アルマンは時間稼ぎをする間もなく婚約が行われることに動揺します。

エイナードは手元の書類を渡しアルマンの協力が必要だと迫ります。

夕食

さきほどエイナードと交わした会話を思い出し上の空のアルマン。

やっとイオネの呼びかけに我に返ると2人で料理を楽しみます。

イオネが食事する姿をみながら

以前はナイフもフォークも上手く扱えなかったのにと不思議に思うアルマン。

たった一人の家族であるアルマンとこれからも食事を共にしたいと願うイオネ。

そんな温かい言葉を聞きながら、やはり自分にはイオネしかいないと思うアルマン。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

アルマンの決意

先ほどエイナードから渡された書類には

戴冠式が終わったら徐々に皇帝の権限を

ボナパルト家に移行するようにとの内容が記載されていました。

自分の言う通りにすればイオネの安全は保証されるというエイナード。

逆に拒否するならイオネの安全が脅かされるという意味でもありました。

イオネはエイナードを信じろと言ったが

どう考えても皇帝を意のままに操り全てを自分の手中に収めようとしているのが見え見えでした。

大切な姉を守る方法がなくエイナードの言う通りにするしかない自分が

情けなくて絶望感に苛まれるアルマン。

 

エイナードの企み

戴冠式当日の朝、貴族たちが集まりなにやら噂話をしていました。

テレジア公がその話を聞きつけて話の輪に入ります。

今まで反目していた皇太子を急に支持することを

発表したエイナードの意図が分からないと困惑する貴族たち。

すると開会のラッパがなりイオネが会場に現れます。

堂々として美しいイオネに皆が釘付けになります。

噂とはまるで別人で皇女に相応しい気品のある女性だと皆褒め称えます。

「悪党の美学」第13話の感想&次回第14話の考察予想

戴冠式がせまりイオネもアルマンもそれぞれに悩んでいますね(-_-;)

悪党だと信じるエイナードに大切な姉を人質に取られても成す術がないアルマンが可哀想です( ノД`)

イオネは公式の場に堂々と立ちみんなの噂を払拭しましたねv( ̄Д ̄)v

テレジア公という人は何かエイナードに取って重要な人物なんでしょうか??

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました