ピッコマ|「悪党の美学」|ネタバレ 第15話

スポンサーリンク
悪党の美学
画像引用:ピッコマ「悪党の美学」
スポンサーリンク

漫画「悪党の美学」は原作Lee Huin先生、漫画Kim Yejac先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪党の美学」第15話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

悪党の美学【第15話】のあらすじ・ネタバレ

尋問

エイナードを狙った刺客の尋問に向かうエイナード。

犯人と匿った者含めて3人捕らえた内の2人はすでに自殺し、

残りの一人も猿轡を外すと即座に舌を噛もうとするため

思うように尋問が進んでいないと報告する部下。

しかし答えなくても心の声が読めるエイナードは

自分に隠し事などできないと不敵に笑います。

魔法

尋問を始めて直ぐに何かおかしいことに気付くエイナード。

犯人には上級の封印魔法がかかっており、エイナードが心を読むことができない状態でした。

魔法のせいで捕まれば自殺すること以外考えられず、

記憶も心も封印された状態で手が出せないエイナード。

ここまで用意周到に準備して暗殺を謀ろうとするのは誰だろうと思いを巡らせます。

結局使い物にならない犯人は処刑するのかと問いかける部下に

簡単には殺さず同じ苦しみを味わってもらうと剣を突き刺すエイナード。

目覚め

イオネは明るい日差しの中目を覚まします。

イオネが目を覚ました姿を見て泣きながら縋りつくドロシー。

イオネも生還できたことに心底ほっとします。

医師から3日間も昏睡状態だったと知らされ驚くイオネ。

医師の見立てでは1日ぐらいで目覚めるはずが3日間も目を覚まさず

気が気でなかったと言うドロシー。

イオネはイオネの設定が身体が弱いせいだろうと心の中で思います。

医師はしばらくは絶対安静だと言い残し部屋を出ていきます。

ドロシーも食事の準備をすると言い部屋を出て一人きりになるイオネ。

予測不能

イオネは一人になると改めて小説の展開は予測不能になったと実感します。

イオネが死なずに生き残り、作者のイオネも知らないストリートチルドレンの事件

さらには戴冠式での襲撃事件が起きイオネは混乱します。

実は戴冠式での襲撃事件は細かく設定を決めたにも関わらず原作には

載せなかった事件だったことを思い出すイオネ。

自分が考えた設定の事件なら黒幕は…と思い浮かべるイオネ。

しかしいくら考えても靄がかかったように思い出せないイオネ。

この小説に入ってからどんどん記憶が薄れていくことはやはり副作用なのかと思い悩みます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

婚約者登場

考え込んでいるとエイナードが訪ねてきます。

そういえば約束の期限が過ぎていることを思い出すイオネ。

イオネが慌てているとエイナードがスープを持って現れます。

ドロシーから受け取ったと言うエイナードを疑うイオネ。

スープに毒でもいれたのではと怪しみます。

するとイオネが毒入りだと疑うスープを目の前で口にするエイナード。

毒味をして安心させます。

イオネはエイナードの意図が分からず困惑します。

イオネ「何なの?殺さないならふざけてるつもり…?」

ピッコマ「悪党の美学」

イオネの心の声を読んだエイナードは一言殺すつもりはないと呟きます。

イオネは聞き間違いかと思い何度も確認しますが

そうだと認めるエイナード。

事件の後処理のためしばらく顔を出せないというエイナードの言葉を露骨に喜ぶイオネ。

エイナードは不服そうにしながらも部屋を出ていきます。

 

自分を守る力

エイナードから殺さないという約束を取り付けやっと解放されるイオネ。

この一ヵ月は生き残るための方法を探るのに必死で

元の世界に戻る方法まで考えが及ばなかったイオネ。

やっと冷静に今後のことを考え始めます。

イオネはこの場所にどれぐらい留まるとしても

自分を守る力が必要だと痛感します。

そのためにはこの世界のことをもっと深く知る必要があると思うイオネ。

「悪党の美学」第15話の感想&次回第16話の考察予想

無事目覚めたイオネ(´Д⊂ヽ良かったです( ノД`)シクシク…

エイナードは身体を張って助けてくれたイオネを少し信頼するようになったのでしょうか…?

殺さないと約束してくれて一先ず安心のイオネですね(^-^)

これから力をつけるために小説の中の世界を勉強するようです(`・ω・´)b

小説の作者なのになぜかこの世界のことが分からないからきっと歯痒い思いをしてますよね(-_-;)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました