ピッコマ|「悪党の美学」|ネタバレ 第21話

スポンサーリンク
悪党の美学
画像引用:ピッコマ「悪党の美学」
スポンサーリンク

漫画「悪党の美学」は原作Lee Huin先生、漫画Kim Yejac先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪党の美学」第21話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

悪党の美学【第21話】のあらすじ・ネタバレ

計画変更

テレジア公はエイナードが急に計画を変更したことに怒り狂っていました。

アルマンを人知れず処理するため完璧な準備をしたのにと激怒します。

エイナードの意図が全く分からず困惑するテレジア公。

その時ちょうどテレジア公宛の荷物が届いたと報告があります。

荷物を受け取り部屋で一人で中身を確認するテレジア公。

それは数年前から届く差出人不明の小包でした。

そこに入っているメモの指示通りに行動すると必ず自分に有益な情報や富が手に入りました。

アルマンの暗殺も実は小包の指示に従っただけだが、エイナードのせいで

その企みは阻止されてしまいました。

新しい小包を見てまた指示通りに動けば良いだけだと気持ちを切り替えるテレジア公。

操り人形

アルマンの為に色々動き回ったせいで身体が疲れ切っていたイオネ。

しかし苦労のかいがあってアルマンを殺さないという約束を取り付けたことは

収穫だったと思います。

シェイドの監視も解かれホッとしたのも束の間

エイナードの命に責任を持つという契約を持ち出されたことを思い出すイオネ。

契約などという縛りがなくてもエイナードを殺すつもりなどないのにと呟きます。

自分が書いた小説のキャラの中でエイナードが一番好きだったのかもと改めて思うイオネ。

真夜中の訪問者

バルコニーの窓からコンコンする音が聞こえてきて何事かと思うイオネ。

バルコニーの外を確認するとチェサレが来ていて驚きます。

以前予告していた通りイオネの部屋で神力の授業をするというチェサレ。

イオネはチェサレに聞きたいことが溜まっていたので

快く部屋の中に案内します。

メイドがいないのを確認して中に入るチェサレ。

授業開始

先ずは神力を感じることから始めようと自分の手を握らせるチェサレ。

イオネは手を通して流れ込んでくる温かいパワーを感じます。

チェサレはイオネの動揺する心を読み取り、気持ちが揺れていると

神力を感じにくくなると指摘します。

イオネは神力は感情の変化まで読み取ることができるのかと驚きます。

イオネはエイナードとの一件のせいだと思い

正直に婚約者のせいだと答えます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

敵意

チェサレはイオネが婚約していたことに驚きます。

歓迎パーティーに参加していなかったチェサレは婚約発表を聞き逃していました。

会いたくない奴がいたからと不機嫌な様子を見せるチェサレ。

イオネはチェサレが嫌うエイナードが自分の婚約者だと打ち明けます。

チェサレはエイナードのようなクズと付き合ってはいけないと怒ります。

憎悪

チェサレがエイナードを嫌う訳が気になるイオネ。

幼い頃にエイナードが神殿で過ごしていたという設定を思い出し、

そこで何かあったのかと思い至ります。

なぜそれほどまでにエイナードを憎むのかと確認するイオネ。

チェサレは自分の友達を殺した敵だと答えます。

随分昔のことなので、皆の記憶に残っていないかもしれないが

あの時の悪魔のような姿がエイナードの本性だと思っていると答えるチェサレ。

その言葉で小説の詳細を思い出すイオネ。

神殿で起きた殺人事件の被害者はチェサレの友達だったのだと知り罪悪感が湧きます。

そういう事情ならエイナードを嫌うのも仕方の無い事だと認めるイオネ。

脅迫

イオネはエイナードの本性に気付いていてなぜ婚約などするのかと問いただすチェサレ。

イオネの本心を推し量ります。

チェサレ「殿下は本当はあいつと婚約したくなかったのではないですか?」

ピッコマ「悪党の美学」

イオネがアルマンが休養に行くための馬車に隠れていたことが

バレており王宮から逃げるためだったのではと推測するチェサレ。

あながち間違いではない予測に焦るイオネ。

チェサレが思うような事実はなく自分の意思で婚約していると伝えます。

話題を変えようと神力の授業再開を促すイオネ。

チェサレは納得いかない様子で頷きます。

事件

自室で一人神力を扱う練習をするイオネ。

花を咲かせることから先ず始め、毎日練習を欠かさないよう言いつけられていました。

中々上手くいかずこれが本当に基礎なのかと頭を抱えるイオネ。

するとドロシーがアルマンとの食事の時間だと呼びに来ます。

急いで出発するイオネ。

イオネが部屋から出ると遅れて花びらが落ち始めます。

走って食堂に向かう途中血痕を見つけるイオネ。

その跡を辿っていくと衝撃的な現場に出くわします。

そこには愛しい弟のアルマンが血まみれで倒れており

その傍らにはエイナードが跪いていました。

「悪党の美学」第21話の感想&次回第22話の考察予想

テレジア公に密かに指示している人物は誰なんでしょうか…

小説の作者であるイオネ以外に物語を操っている人物がいるということですかね??

チェサレがエイナードを嫌う理由は大切な人を殺されたからだったんですね(~_~;)

それにしてもエイナードにとって苦痛でしかない神殿で暮らしていたのは

イオネが何も考えずに悪役を苦しめるための設定だったんでしょうか…( ノД`)シクシク…

こんだけ辛い設定にしてるんだから、悪役になるのは必然だしイオネが助けるのも

当然な気がしますヽ(`Д´)ノプンプン

最後アルマンがやられてしまったのはテレジア公に届いた小包の指示なんでしょうか??

エイナードが疑われるだろうけど犯人じゃないと思います(~_~;)

イオネは彼を信じることができるでしょうか?!

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました