ピッコマ|「悪役のエンディングは死のみ」|ネタバレ 28話

スポンサーリンク
悪役のエンディングは死のみ
画像出典:ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」
スポンサーリンク

漫画「悪役のエンディングは死のみ」は原作Gwon Gyeoeul先生、漫画SOUL先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪役のエンディングは死のみ」28話を読んだ感想をご紹介いたします。



無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!
スポンサーリンク

悪役のエンディングは死のみ【第28話】のあらすじ・ネタバレ

希望

イクリスの頭上の好感度は20%を示していました。

ノーマルモードのスタートは30%の為、まだまだ道のりは遠いと思うペネロペ。

エミリーにイクリスを執事長が用意した部屋に案内するよう指示するペネロペ。

イクリスは自信なさげに自分の気持ちをペネロペに伝えます。

イクリス「ご主人様 褒めてもらえるように頑張ります」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

イクリスの言葉を聞いてペネロペはイクリスの頭に手を伸ばします。

そしてイクリスの髪を優しく撫でました。

ペネロペ「まだあなたのことは怖いけど 私の選択が間違ってないという そしてここから抜け出せるという希望が…」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

イクリスはペネロペの手に身を委ねてそっとペネロペの手を握ります。

イクリス「僕を助けてくださった方がご主人様で とても嬉しいです」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

イクリスへの捨てきれない希望がペネロペを突き動かしていました。

新たなルート

イクリスのことを公爵もデリックも追い出すことはありませんでした。

しばらくの間自粛という名目で部屋に籠るペネロペにも干渉してくることもなく

競売上でペネロペに無礼な振る舞いをした「クロード」という貴族を公爵が捜していることと

騎士団の規律が前より厳しくなったということだけはペネロペの耳にも届いていました。

イクリスを競売上から救い出す事に成功し、束の間ペネロペには平和な時がおとずれていました。

最近ペネロペの食の好みが変わったことに言及するエミリー。

ゲーム中のペネロペは濃いものは食べなかったようで、辛い物好きなペネロペは少し焦ります。

歳のせいだと誤魔化すと、エミリーは納得して肉の骨を取り始めます。

エミリーは以前ペネロペの指示で注文していた宝石商からの品が届いていると報告します。

ペネロペはすっかり忘れていましたが、建国祭の前に宝石商を呼んでいました。

それでヴィンターのことを思い出すペネロペ。

イクリスのことで頭がいっぱいでしたが、保険としてヴィンタールートも進めようと考えていました。

エミリーに指示して宝石商から届いた品を確認することにします。

ヴィンターの為に注文した品は最上級の青金石で出来たカフスボタンでした。

あまりの美しさに感嘆の声を上げるエミリー。

公爵へのプレゼントかと問われて、まさかと心の中で呟きます。

エミリーの願い

ペネロペはエミリーに商人の街にある情報屋に詳しい友達はいないかと尋ねます。

その友達に仕事を頼みたいと話すと、暗い顔をするエミリー。

エミリーは自分の同室の友達が商人の街で働いていたので詳しいはずと答えます。

ペネロペは名前や、今はどこに住んでいるのか確認しますが、

エミリーはペネロペの質問に答えず、仕事なら自分にさせて欲しいと頼みます。

エミリーの様子からエミリーがペネロペからの信頼を得たいと思っている事を察します。

ペネロペはエミリーに今回の仕事を任せることにして

例の針の件はこの仕事の出来次第で考えるとエミリーに伝えます。

ペネロペ「くれぐれも慎重に動きなさい 信用を得るか今度こそ追い出されるか あなた次第よ」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

エミリーは緊張した面持ちで了承しました。

ペネロペは仕事の詳細をエミリーに伝えます。

ペネロペ「私の自粛期間中朝の仕事を終えたら情報屋を回って人捜しを依頼するの 詳細は紙に書くからあなたはそれを情報屋に渡すだけでいい 代金は私の宝石でいくらでも払って結構よ ただし珍しい情報や商品を扱う高級な情報屋に依頼しなさい できるわね?」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

エミリーは二つ返事で了承します。

ゲームのエピソードを思い出すペネロペ。

ヴィンターのお店は一番規模が大きくて有名なはずだから、ペネロペの方法で簡単に見つかるはずでした。

ヴィンターは情報屋を運営しており、ヒロインであるイヴォンを探し出して公爵家に戻す役目を担っていました。

ペネロペは皇城で助けてくれた貴族であるハンカチの持ち主も、裏で情報屋をしてることも

知っていますが、ヒロインのイヴォンのように自分で捜しに行くつもりはありませんでした。

ペネロペ「向こうに私の存在を気づかせなきゃ」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

ペネロペの呟きにペネロペにも遂に春が来たと勘違いするエミリーなのでしたww

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「悪役のエンディングは死のみ」28話の感想&次回29話の考察予想

イクリスと同時にヴィンターのルートも進め始めたペネロペ。

恋愛したいんじゃなくて、生き残る事が目的なんだから同時進行全然ありですよねw

しかし一番簡単だと思っていたイクリスでさえ、いつ裏切られるかわからない状況のため

ペネロペに安心する暇はありません(T_T)

ヴィンタールートは先ずハンカチのお礼を渡すために、本当は正体がわかっていながら

知らないふりをして人捜しをすることから始めるようです(;^ω^)道のりは長そう…

それではここまでお読みいただきありがとうございました♡

ではまた次回お会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました