ピッコマ|「悪役のエンディングは死のみ」|ネタバレ 41話

スポンサーリンク
悪役のエンディングは死のみ
画像出典:ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」
スポンサーリンク

漫画「悪役のエンディングは死のみ」は原作Gwon Gyeoeul先生、漫画SOUL先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪役のエンディングは死のみ」41話を読んだ感想をご紹介いたします。



無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!

スポンサーリンク

悪役のエンディングは死のみ【第41話】のあらすじ・ネタバレ

ペネロペの仕返し

退出しようとする使用人のドナー婦人に、ペネロペはさらに追い打ちをかけます。

机の上にのっていたカトラリーを全て落として退出するために立ち上がりました。

突然の行いに公爵は苦言を呈しますが、ペネロペは堂々と言い返します。

ペネロペ「スプーンがなくてデザートは食べられそうにないです お話が終わったのならお先に失礼します」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

ペネロペの行動の意味が理解できない公爵は怒りに震えます。

ペネロペは皮肉も込めて答えます。

ペネロペ「お腹が空いて我慢できませんお父様 子どもみたいに食器の使い方がつたないせいかしら…食事ができません 夫人はどう思う?」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

ペネロペは自分の分は全く手が付いていない為使用人で食べられることと、

手で食べられるサンドイッチをエミリーに用意してもらうことを告げると部屋を後にしました。

複雑な思い

公爵家の外では石弓で殺すと暴れるような子が、家の中ではただやられていただけの事実に

ペネロペ複雑な思いを抱きます。

現実世界の過去を思い出し、ペネロぺが酷い仕打ちに耐えながらも家族と過ごす時間を

死守していたことを笑うことができないと心の中で呟きます。

部屋に帰ると悶々と考えます。

ペネロペ「意外とお腹は空いてないかも それより兄たちの好感度が心配…公爵の顔色窺うのに必死だったから まあどうせ候補から外した奴らだし死なない程度で維持できればいいんだけど」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

少しすると部屋にエミリーが食事を運んできました。

公爵の指示で作り直した温かい食事でした。

そして食事会の前にペネロペが執事長に頼んでおいた胃薬も一緒に持って来ました。

しかし今回の件で気分が悪くなっていたペネロペは食事を下げるように指示します。

エミリーは心配して何も食べていない為一口でも食べるように願い求めますが

ペネロペは八つ当たりだと自覚しながら、今は一人になりたいとエミリーを突き放しました。

ペネロペの環境

エミリーのおかげで飢え死にすることなく、食事を摂れていることを感謝しながら、

ペネロペの置かれた環境がどうしても我慢できず苛立っていました。

現実世界での記憶を思い出し、今の生活は現実世界と比べてましな所は何もないと思います。

しかし現実世界では食事だけはいつも心配の種でした。

学校では虐められ、食事を台無しされ、家では一緒に食事を摂れない為

夜中にこっそり食べようとするも、兄の悪戯のせいで腐ったご飯を

口にしたことも一度や二度ではありませんでした。

しかしお腹を満たす為に、現実世界でもゲームの中でもプライドだけは捨てませんでした。

現実では「財閥の隠し子」ゲームでは「偽物の公女」そう考えたら

今の方がいくらかましに思えるのでした。

気晴らし

沈んでいた気持ちを晴らすため外に散歩に出ることにしたペネロペ。

階段を下りていると執事長のペンネルが声をかけてきます。

どこへ行くのか尋ねるペンネルに、外に散歩に行くことを告げると

以前デリックと訪れた丘に花火を見に行くのかと質問されます。

ペンネルの話ではゲーム中のペネロペは毎年イーストヒルの丘に花火を見に行ってるようでした。

今年は行かないつもりだと告げると、今年の花火は戦勝のお祝いで

例年よりも盛大に行われるようだと聞かされます。

ペンネルはさらに公爵の命令で屋根裏部屋の鍵を開けておいた事を報告にきたと伝えられます。

ペネロペはなぜそんな事を伝えにきたのか話の意図がわかりません。

ペンネルは小さい頃から屋根裏で花火を楽しんでいた事を公爵が思い出したのだと話します。

ペネロペは皮肉を込めて、忘れたかもしれないが誰かさんのせいで

3階は出入り禁止になったとペンネルに伝えます。

ドナー婦人の解雇

過去の自分の行いを思い出しペンネルは複雑な表情をします。

おもむろにペンネルはドナー婦人が解雇された事を告げてきます。

まさかの公爵の冷たい仕打ちに驚くペネロペ。

ペンネルは続けます。

ペンネル「公爵様がお怒りになり退職金もなしで追い出しました 没落したとはいえ子爵家の者ですゆえそれ以上の処罰は与えられませんでしたが 公爵様とデリック様で直々に雇用契約書と推薦状を燃やしましたので もう貴族の屋敷で働くことはできないでしょう」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「悪役のエンディングは死のみ」41話の感想&次回42話の考察予想

ペネロペは黙ってやられたりせず、使用人にやり返しましたね。

でも心は晴れない様子で現実世界の自分と今の生活を比べて暗い気持ちになっています。

どうやったらそんな不幸な身の上が続くのかとここから早く抜け出すために

一刻も早く攻略対象からの愛を手に入れて欲しいものです(T_T)

以外にも使用人に罰を下した公爵に驚きましたね。

きっと今までなら、ペネロペの意見も聞かず周りの言葉を鵜呑みにしていたかもしれませんが、

少なくとも公爵はペネロペの味方になってくれているようです。

今後は兄たちの好感度も上げて、家族団欒をみたいものですが、

キャラ設定的にそれはあり得ないんですかね(;^ω^)

本物のヒロインのイヴォンが現れるまでに何とかこの苦境から脱出できますように!!

次回は屋根裏部屋の使用を許可されたペネロペが花火を見に行くような気がします。

一人で見るのかそれともデリック?!レナルド?!次回も目が離せませんね( *´艸`)

ではまたお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました