ピッコマ|「沈黙の庭園」|ネタバレ 第21話

スポンサーリンク
沈黙の庭園
画像引用:ピッコマ「沈黙の庭園」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第21話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

沈黙の庭園【第21話】のあらすじ・ネタバレ

不満爆発

皇帝の元へ向かう中ゼロへの不満が爆発するカラド。

常に側にいる護衛はゼロのような人間に心を乱されているカラドを心配します。

しかしカラドに就く護衛は皇帝の手足となる人間であり、

自分を心配するフリをしながら結局は皇帝の意のままに動いていると不快に思うカラド。

常に側にいる護衛たちに不満を抱いていたカラドは涼しい顔をしながら

護衛の言葉の揚げ足を取ります。

カラド「自分でも気付いているだろう?口の利き方には気をつけたほうがいいと」

ピッコマ「沈黙の庭園」

護衛はカラドの静かな狂気を感じ取り即座に跪いて謝罪します。

カラドは感情の籠らない笑顔で護衛に警告します。

カラド「立ちなさい 分かっているんだったらいいんだ とはいえ また同じことをしたら…そのときは どうなるか分かってるんだろうな?」

ピッコマ「沈黙の庭園」

このやり取りも皇帝の耳に入るのだろうと溜息をつくカラド。

皇帝との謁見

寝室で横になる皇帝のお見舞いに訪れるカラド。

今日は疲れているので、報告する書類だけ置いて帰ってくれと命令する皇帝。

カラドは覚悟を決めて皇帝に話しがあると打ち明けます。

ブライト家についてのことだと聞き敏感に反応する皇帝。

前ブライト公爵は皇帝の親しい友人であり

アーサーの死は皇帝を深い悲しみの底に落としました。

ブライト家の行く末を案じていた皇帝は

いきなり爵位も領地も処分したグィネヴィアを探すよう皇太子に命じており

ついに見つかったと聞いて喜びます。

しかし皇太子が聞き取ったグィネヴィアの話を聞いて

辛い状況に耐えてきたグィネヴィアを思い同情します。

皇帝「なんて気の毒なんだ 私が直接話をするから ここに呼んでくれ」

ピッコマ「沈黙の庭園」

グィネヴィアの境遇に同情する皇帝を見て、

ゼロの事は今は伏せた方が良さそうだと判断するカラド。

皇帝は明日にでも迎えを送ってくれと皇太子に命じます。

2人の皇子

ガーウェインは同じときに皇帝の部屋を訪れます。

カラドは自分が来るタイミングでガーウェインを呼び出したと皇帝の意図に気づきます。

戦争に参加し手柄を立てたガーウェインを大いに称える皇帝。

カラドに意味ありげに視線を送りながらガーウェインの仕事ぶりを褒め称えます。

無言の圧力

カラドは皇帝からの視線で意図を察します。

カラド「そうだぞ 誰にでもできようなことじゃない 素晴らしいぞ」

ピッコマ「沈黙の庭園」

ガーウェイン恐縮しながら、皇太子が皇帝の側に控えていてくれたおかげで

安心して戦争に集中することができたと伝えます。

2人の皇子の和やかな会話に喜ぶ皇帝。

しかしカラドは内心焦りを感じていました。

褒美

皇帝はガーウェインの手柄に褒美を与えるので

望む物を何でも言うよう促します。

カラドはガーウェインに意味ありげな視線を送り

今度は自分の思い通りに動くよう暗に操作します。

ガーウェインはカラドの思いを汲み取り皇太子がいつも自分の望みを叶えてくれるため

何も必要ないと教科書のような答えを伝えます。

その言葉に自分の体裁は保たれたと安心したのもつかの間

皇帝がそういうなら自分が考えて相応しいものを与えるという言葉を聞き呆然とするカラド。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

危機感

皇帝は仲が良い皇子たちを見られて気分が良いと笑顔になります。

もう用事が済んだので下がるように命じる皇帝。

カラドは戦争で快挙を成し遂げたガーウェインの評判がうなぎ上りで

よく名前を耳にすると伝えます。

無意識に危機感を抱いていたカラドはガーウェインをけん制します。

カラド「今のまま お前は今のまま 過ごしていればいいんだ」

ピッコマ「沈黙の庭園」

盤石な地位

カラドはガーウェインの脅威に怯えていました。

しっかり準備をしないとと自分に言い聞かせます。

護衛のパトリックにブライト家を入念に調べるよう命じるカラド。

パトリックは事前に動いておりもうすぐ報告が上がってくると伝えます。

その言葉に自分よりも皇帝の指示で動いていることを察するカラド。

皇太子の座はまだ盤石でないと痛感します。

部屋に戻るとパトリックにカマをかけるカラド。

カラド「聞いてただろう?」

ピッコマ「沈黙の庭園」

何の事かととぼけるパトリックを叱責します。

カラド「陛下が明日にでも迎えにいくようにとおっしゃっていたのだから フィーフ夫人に先触れをすべきだろう?」

ピッコマ「沈黙の庭園」

激怒するカラドに慌てて動き出すパトリック。

カラドはそんなパトリックに最後の警告をします。

カラド「陛下のお客様だ 今みたいに 無礼な姿を見せるなよ?」

ピッコマ「沈黙の庭園」

「沈黙の庭園」第21話の感想&次回第22話の考察予想

今回は皇太子の回でしたね(^-^)

思ったより窮屈な生活を送っていて驚きました(゚д゚)!

皇太子の座は盤石だと思っていたし、周りをそう思っていそうだけど

思ったより簡単な事ではないようです(T_T)

ブライト家を詳しく調べる意味は何なんでしょうか??

皇太子の座を守るためにブライト家の後ろ盾を得たいのかな??

グィネヴィアは皇太子と皇帝の思惑通りに行くことを阻止できるんでしょうか(´Д⊂ヽ

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました