私を溺愛する2番手男キャラを育てました ネタバレ 11話

スポンサーリンク
私を溺愛する2番手男キャラを育てました
画像引用:ピッコマ「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」
スポンサーリンク

私を溺愛する2番手男キャラを育てました は原作Yoon HaWol先生、漫画TK先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は私を溺愛する2番手男キャラを育てました 11話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

私を溺愛する2番手男キャラを育てました 11話 のあらすじ・ネタバレ

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

31日以内に解約すれば0円‼

31日間トライアル実施中!
登録で600円分のポイントプレゼント
①31日間無料トライアルに初回登録
②無料特典で600ポイント取得
③ポイントで読みたい漫画を購入
登録は3ステップで簡単
※解約はいつでも可

▼人気漫画も雑誌も無料登録で600ポイントゲットして読める‼

U-NEXT

  • U-NEXTは「観る」「読む」が両方楽しめる
  • Sho-Comi、別冊フレンド、Cheese!、なかよし、デザート、少年マガジン、ヤングマガジン、モーニングなど人気な漫画雑誌も多数配信
  • 無料登録するだけで600円分のポイントがもらえて、直ぐ購読可能!
無料登録はこちら

真相

ベシーに何があったか詳細に説明を求めるユリナ。

ユリナが不在の間に衣装合わせを続けていたが

帽子のデザイン選びの時に

レイナードが一番気にしている言葉をローレン夫人が発したことを報告するベシー。

ベシー「赤い目が不吉に見えると…外出する時はお隠しになるのがよろしいかと…

ピッコマ「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」

ユリナはベシーの報告を聞いて耳を疑います。

レイの赤い目について触れた人を厳しく罰すると執事のロバートに

告げてあったにも関わらず問題が起きた事に激怒するユリナ。

恐怖

実はレイを屋敷に連れてきて以来ずっと不安な気持ちがあったユリナ。

世間では赤い目を呪われた目と恐れており

ユリナ一人が女神の祝福だと訴えても認識を変えるのは難しいことは理解していました。

そのため屋敷内では執事にいい加減な噂を流さないようきつく言い聞かせて

徹底的に管理していたユリナ。

しかし外部から連れてきたローレン夫人に油断してしまったことを後悔します。

無礼

ロバートは事前にローレン夫人にレイについての事情を伝えていました。

しかしそれを無視してレイを蔑み差別的な発言を繰り返したローレン夫人。

その言葉に傷ついたレイは今までの辛い記憶を思い出し暴れてしまいます。

ベシー達が間に入ったが夫人の手に怪我を負わせた後だったと報告を受けるユリナ。

その後も怒りが収まらなかったレイノードが部屋で暴れ続けていたので

使用人たちも外に出ざるを得ない状況だったと察します。

おすすめ漫画サイト「Amebaマンガ」
  • 無料で読める漫画多数
  • レビュー機能で外れ漫画を回避できる
  • 編集部の紹介でトレンドを知れる
  • 新規会員登録で100冊まで使える40%OFFクーポンが貰える

後悔

ユリナはカルティア家の為だと言ったローレン夫人の言葉を聞き

何と無礼で高慢な人なのだと呆れます。

意図的に発せられた悪意のある言葉を聞いた

レイノードがどれほど傷ついたかと気持ちが沈むユリナ。

自己防衛

ユリナは治療が終えたら夫人を自分の元に連れてくるよう命じます。

そしてベシーが止めるのも聞かずレイが篭る部屋に入るユリナ。

すると案の定近づくなと花瓶が飛んできます。

花瓶が頬を掠めて怪我をするユリナ。

しかし意に介さずレイの側に近づき声をかけます。

顔を埋めて何も答えないレイ。

レイは怒りをぶつけてくれた方が良かったと思うぐらい怯えて震えていました。

ユリナは遅くなったことを謝罪して

ローレン夫人にはそれ相応の罰を与えると約束します。

レイの顔を覗き込むと目の周りが傷だらけになっている事に気付くユリナ。

心配するユリナから目を逸らし見るなと抵抗するレイ。

赤い目のせいで今まで散々罵り蔑まれてきたレイが

また自分の殻に閉じこもってしまうのではと危惧するユリナ。

たった12歳のレイが自分の身を守る手段は

傷つけられる前に相手を傷つけることでした。

そのことにやっと気付いたユリナは

自分の命を守るためにレイを利用する考えしかなかった自分を恥ずかしく思います。

本心

ユリナは今までレイを傷つける言葉を発しなかっただけで

レイの痛みや苦しみを少しも理解せずに心無い言葉を言う人々と同じだったと後悔します。

しかし本心からレイは才能に溢れ、他人のために自分を犠牲にできる

優しい人になると信じていたユリナ。

全てを伝えることはできなくても、心からの懺悔を伝えます。

レイはこの世界はユリナ以外は自分を認めてくれる人はおらず

いつ傷つけられるか分からない恐ろしい世界だと伝えます。

レイの気持ちを理解したユリナは

今後は絶対に誰にもレイを傷つけさせないと約束します。

最後に一番大切なことを伝えるユリナ。

ユリナ「あなたの目はとても美しいわ

ピッコマ「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」
おすすめ漫画サイト「ebookjapan」
  • ebookjapanは漫画の品揃えが豊富‼
  • ebookjapanはキャンペーンや特典が充実している
  • ebookjapanは無料で読める漫画が多い
  • 新規会員登録時50%OFFクーポンが貰える
おすすめ漫画サイト「まんが王国」
  • まんが王国ポイント購入、使用で毎日最大50%還元
  • 他社サイトより料金が安く良心的‼
  • 無料で読める漫画が豊富‼
  • 毎日ログインで来店ポイントがたまる

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」11話の感想&次回 12話の考察予想

レイの痛みを初めて理解したユリナは、

今まで自分のことしか考えていなかったことを恥じていました😢

確かにお腹いっぱい食べさせて温かい布団で寝てという幸福は与えたかもしれないけど

心の傷については深く考えていなかったかもしれません😭

ローレン夫人のような人はこれからも現れるでしょうし、

ユリナはこれ以上レイが傷つかないよう頑張って欲しいです😌

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました