私を溺愛する2番手男キャラを育てました ネタバレ 8話

スポンサーリンク
私を溺愛する2番手男キャラを育てました
画像引用:ピッコマ「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」
スポンサーリンク

私を溺愛する2番手男キャラを育てました は原作Yoon HaWol先生、漫画TK先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は私を溺愛する2番手男キャラを育てました 8話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

私を溺愛する2番手男キャラを育てました 8話 のあらすじ・ネタバレ

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ/

31日以内に解約すれば0円‼

31日間トライアル実施中!
登録で600円分のポイントプレゼント
①31日間無料トライアルに初回登録
②無料特典で600ポイント取得
③ポイントで読みたい漫画を購入
登録は3ステップで簡単
※解約はいつでも可

▼人気漫画も雑誌も無料登録で600ポイントゲットして読める‼

U-NEXT

  • U-NEXTは「観る」「読む」が両方楽しめる
  • Sho-Comi、別冊フレンド、Cheese!、なかよし、デザート、少年マガジン、ヤングマガジン、モーニングなど人気な漫画雑誌も多数配信
  • 無料登録するだけで600円分のポイントがもらえて、直ぐ購読可能!
無料登録はこちら

標的

ユリナを守った王子に飛び掛かる刺客。

ユリナは大勢の人込みの中で戦う王子たちを止めようと駆け寄ります。

しかし直ぐに勝負はつき刺客は崩れ落ちます。

目の前で人が倒れる姿を見て腰を抜かすユリナ。

慌ててユリナに駆け寄るベシー。

王子も大丈夫かと気遣います。

お礼

ユリナは人気のないところまで来ると

王子にお礼を伝えます。

危ない目に遭い怯えるユリナに今日はもう帰ろうと促すベシー。

しかし母へのプレゼントはどうしても今日受け取ると譲らないユリナ。

ベシーは自分が受け取りに行く間ユリナを守って欲しいと王子に頼みます。

お忍びで来ているため、まさか王子だと思っていないベシー。

王子も今更身分を明かせずベシーの頼みを引き受けます。

理由

ユリナに先ほど自分を庇おうとした件について尋ねる王子。

騒ぎが大きくなれば自分だけでなく

大勢の人を巻き込んでいたためだと説明するユリナ。

無礼だったのであれば謝るので

忘れて欲しいと伝えるユリナ。

王子はユリナと話しながら既視感を覚えます。

妙な胸騒ぎがする王子。

おすすめ漫画サイト「Amebaマンガ」
  • 無料で読める漫画多数
  • レビュー機能で外れ漫画を回避できる
  • 編集部の紹介でトレンドを知れる
  • 新規会員登録で100冊まで使える40%OFFクーポンが貰える

手当て

ユリナは先ほどの戦いで傷ついた王子の腕にハンカチを巻きます。

応急処置なので帰ったらきちんと治療を受けるよう伝えます。

王子の身分を公子と勘違いしたユリナは

護衛が待っているのではと心配します。

自分を「公子様」と勘違いしているユリナに

世間知らずだと納得する王子。

標的

ユリナは知らぬ間に無礼を働いたのかと謝罪します。

しかし王子は先ほどのユリナの気遣いが台無しだと呟き

振り返らないよう命じます。

ユリナに留目を刺しに来た刺客をなぎ倒す王子。

標的は自分だと思っていたが先ほどからどう見てもユリナを狙っていると勘付きます。

殺さず気絶させて魔力で拘束する王子。

そのうち兵士が見つけるだろうとユリナに説明します。

心遣い

場所を変えてユリナの目的のお店に移動します。

ベシーがこちらに向かっている姿が見えて自分ももう帰ると伝える王子。

ユリナは助けてくれたお礼を改めて伝えます。

ユリナの気遣いに感心して機会があればまた会おうと去っていく王子。

見知らぬお嬢さん

兵士たちは行方不明の王子を必死に探していました。

怪我をしている姿に驚く部下。

すでに応急処置は済んでいるので安心するよう言い聞かせる王子。

王子はユリナの名前を聞くのを忘れたと気付きます。

どう見ても貴族の令嬢なのでそのうち会う機会があるだろうと楽しみにする王子。

おすすめ漫画サイト「ebookjapan」
  • ebookjapanは漫画の品揃えが豊富‼
  • ebookjapanはキャンペーンや特典が充実している
  • ebookjapanは無料で読める漫画が多い
  • 新規会員登録時50%OFFクーポンが貰える
おすすめ漫画サイト「まんが王国」
  • まんが王国ポイント購入、使用で毎日最大50%還元
  • 他社サイトより料金が安く良心的‼
  • 無料で読める漫画が豊富‼
  • 毎日ログインで来店ポイントがたまる

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」8話の感想&次回 9話の考察予想

ユリナを守ってくれた王子は主人公ですよね😌

小説読んでるくせに気付かないんでしょうか??

王子と接触することで死亡の確立が上がると思うのですが…😓

刺客を雇ったのが誰かまでは分かりませんでしたが

多分デプロン侯爵ですよね…

一体何が起こっているのか不安です😨

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました