家に帰らせてください! ネタバレ 第9話

スポンサーリンク
家に帰らせてください!
画像引用:ピッコマ「家に帰らせてください!」
スポンサーリンク

漫画「家に帰らせてください!」はピッコマにて配信されています。

今回は「家に帰らせてください」第9話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

家に帰らせてください!【第9話】のあらすじ・ネタバレ

幻聴

刺客が狙っていたのはエリンだけでなくベニーと盗賊の全員だと判断するエリン。

なぜ盗賊が一番最初に狙われたのか刺客の正体は誰なのかみんなで思案します。

するとベニーの耳元で誰かが口止めだと囁きます。

ベニー以外誰も口も開いていないと聞き、背筋が凍るベニー。

しかし幻聴ではなくやはり自分の耳元で囁く誰かの声が聞こえます。

小説の中とはいえ幽霊はごめんだと怯えるベニー。

しかしこれがベニーの特殊能力かもしれないと考え直します。

とにかく声の指示に従ってみようと決めるベニー。

悪役である盗賊を仲間に引き入れるのが通常の流れだと思います。

小説の流れ

もしかして味方に引き入れるべき盗賊との関りを絶てば

小説の流れから抜け出せるかもと希望を抱いたベニー。

誤解している盗賊にリーダーを殺した犯人はエリンではないとはっきり伝えて

先ほど刺客を送って口封じしようとした者が黒幕だと伝えます。

これで自分達は無関係だと納得させようとしたベニー。

しかしリーダーが死ぬ瞬間にどれほど恐ろしかったかと急に泣き出す盗賊。

本気でリーダーの死を悲しむ盗賊を見てただの小説のエキストラだと割り切れなくなるベニー。

自分が助かるために盗賊を利用しようとした自分が恥ずかしくなります。

協力

ベニーは考えを改めてリーダーが理不尽な事件に巻き込まれたのなら

真実を暴いて犯人に罰を与えたいと言うベニー。

盗賊は自分に協力するというベニーに驚きます。

内心喜びながらもベニーのようなか弱い女性に何が出来るのかと皮肉ります。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

取引

ベニーは必ず犯人は事件現場に戻り自分の企みが成功したか確かめに来ると推測し、

真犯人を暴き出すために盗賊の協力が必要だと持ち掛けます。

ベニーとエリンに協力すればリーダーの仇は見つけられるし

ベニーとエリンは盗賊の協力を得て冤罪を晴らせるので

ウィンウィンの関係になれると取引を持ち掛けます。

ベニーを信用できるか半信半疑の盗賊に家門の名誉にかけて裏切らないと誓うと約束します。

そして仲間になる第一歩として名前を教えて欲しいとお願いするベニー。

盗賊の名は「モーティス」と聞き、一緒に目的を達成しようと手を取るベニー。

損な性格

平穏に暮らしたいと願いながら思いっきり危険に足を突っ込んでしまったベニー。

自分のお人好しさにうんざりしますがもう後戻りできません。

エリンはそんなベニーにエリンを助けようとしなければよかったと申し訳なさそうにします。

しかしベニーはエリンを見捨てる選択肢はなかったと思います。

ベニー「でも自分が動けば助けられます 大変な時でも助けられるのなら そうしたいんです」

ピッコマ「家にかえらせてください!」

ベニーの誠実な答えを聞いてベニーへの疑いを完全に捨てるエリン。

サンシャインの丘

急に道が開けて美しい夕日に目を奪われるベニー。

エリンが好きだと言っていた景色だと聞かされます。

その名の通り真っ赤に美しく染まった丘を見て感動しながら

どこかで見た描写だと思うベニー。

はっきり思い出せずに考え込むベニーに今日のお礼に

見せたかったというエリン。

素直にお礼を伝えるベニー。

ベニー「すごく綺麗です

ピッコマ「家にかえらせてください!」

ベニーの夕日に染まった美しい笑顔を見て動悸が激しくなるエリン。

夕日に染まった自分の髪が白くなり平凡な人間になれたようで安心するというエリン。

その言葉の意味を察してベニーは金髪のエリンも白髪のエリンも素敵だと伝えます。

穏やかな時間の流れを感じて、やっとこの世界に来て悪くないと思えたベニー。

「家に帰らせてください!」第9話の感想&次回第10話の考察予想

幻聴は誰の声なんでしょうか??

この世界の神的な存在なのかな(・・?

どっちにしてもなぜベニーが選ばれたのかわかりませんね…

モーティスを仲間にして裁判に乗り込むことにしたベニー。

エリンの冤罪は晴らすことができるんでしょうか??

ダニエルにまた邪魔されそうな嫌な予感がします(-_-;)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました