人生勝ち組令嬢が通ります ネタバレ 第36話

スポンサーリンク
人生勝ち組令嬢が通ります
画像引用:ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」
スポンサーリンク

漫画「人生勝ち組令嬢が通ります」は原作Portofino先生、漫画Sin Yu Seong先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「人生勝ち組令嬢が通ります」第36話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

人生勝ち組令嬢が通ります【第36話】のあらすじ・ネタバレ

覚醒

改めて大司教の元に挨拶に伺うキリオン。

大司教もキリオンの婚約を心から祝福します。

大司教が含みを持たせて「あれ」がアーデルの手で目覚めるとはと驚。

キリオンは自分がついているので問題ないと答えます。

いずれは覚醒するだろうと予想し、その時にはキリオンの長年の願望が叶うと喜ぶ大司教。

祝福

大司教はキリオンに自分からの贈り物は満足してもらえたか確かめます。

大司教が与えた祝福は、誓いが果たされる結果によって

呪いと祝福どちらかに転ぶ強力な誓約でした。

唯一大司教のみが与えられる誓約で、

万一の時アーデルが連れて来たあれ・・を制御するために発動していた大司教。

できること

キリオンは果たすべき目的のために既に自分の命は捨てていました。

今まではそうするべきだと信じながらも暗闇の中を彷徨っていたキリオン。

しかしアーデルに出会い自分の中の感情の変化を実感していました。

キリオン「その時も今のように胸がはずんだかと聞かれたら…

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

大司教はただあれ・・が目覚めた事実を皇宮が知れば黙っていないと心配します。

キリオンはもとより皇帝がどう行動しようと全く関心はありませんでした。

しかし大司教がアーデルがどう動くかについて不安を抱いていると知り

キリオンは大司教の意見は最もだと思います。

大司教は自分の不安が杞憂で終わることを願いながら、できることは対応したと伝える大司教。

キリオンは大司教に改めてお礼を伝えます。

大司教は一つ願い事を伝えます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

契約関係

大司教は最後にキリオンに魔獣の退治をお願いしていました。

キリオンは自分の手が汚れる訳ではないので大丈夫だと伝えます。

馬車でキリオンを待ちわびていたアーデル。

あれ・・を抱きかかえて外の世界を見せていたアーデルに呆れるキリオン。

アーデルはキリオンが何をしてきたのか探りを入れますが誤魔化されます。

踏み込ませてもらえない壁を感じつつ、それ以上は追及するのを止めるアーデル。

そして先ずは伯爵家と商団のことについて説明を始めます。

崇高な人

キリオンの纏う空気が改めて崇高だと感じるアーデル。

出身や身分で見下されることは決してないだろうと思います。

しかし商団の内部の人間がキリオンを利用しようと群がる姿が目に浮かぶアーデル。

そのことを想像して頭痛がしてきます。

キリオンは純粋にアーデルが体調だ悪いと誤解して気遣います。

キリオンの人となりに触れた気がして心が和むアーデル。

自分の家族について少し触れつつ、自分がキリオンを守り抜くと固く心に誓います。

基準

キリオンはアーデルが自分をどう思っているか確かめます。

自分はキリオンを出身やお金で判断していないとはっきり伝えます。

身分や出身で卑屈にならず堂々としたキリオンに

やはり自分の選択は間違いではなかったと思うアーデル。

しかしアーデルの考えと同じ人ばかりでないことを指摘するキリオン。

それに対しては皆が同じ基準を持つのは無理だと断言するアーデル。

もしも誰もが認める身分で選ぶなら皇子殿下ぐらいだと答えます。

あれの名前

急に無言で見つめてくるキリオン。

アーデルに甘えるあれ・・を見て動物好きなのか尋ねます。

アーデルは今までこの子のように情が湧いた生き物はいなかったと伝えます。

何か自分に幸福が訪れるような気がすると言うアーデル。

キリオンは改めてアーデルの第六感に感服します。

アーデルはペットに名前をつけようと頭を悩ませます。

すると予想外にキリオンがアドバイスしてきます。

キリオン「バルログがいいと思います」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

アーデルはもっと可愛らしい名前を想像していたので戸惑います。

それでもバルログで押し通すキリオン。

ペットの名前まで考えるなんて本当は動物好きなのかと疑うアーデル。

ペットにも確かめようと話しかけると、絡み合った視線から奇妙な違和感を感じます。

キリオンは即座にアーデルからバルログを取り上げて

愛情を注ぐだけでなく厳しい指導も必要だと言うキリオン。

しかも自分の子供にもそうするつもりだと言われて納得するアーデル。

先程感じた違和感が気になるが妙に頭の中がスッキリした感覚があるので

気にしないことに決めます。

「人生勝ち組令嬢が通ります」第36話の感想&次回第37話の考察予想

キリオンと大司教の話は含みが多くてよく理解できませんでした(;^ω^)

とにかくアーデルが見つけた動物がキリオンや皇室が捜していたもので

重要な存在であることが分かりました(;^ω^)

アーデルに懐いているのは何か理由があるのか…

あのペットをアーデルが拾っていなければ

キリオンは結婚はしてくれなかったのかそれだけは気になりますね…

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました