ピッコマ|「ジャンル、変えさせて頂きます!」|ネタバレ 第24話

スポンサーリンク
ジャンル、変えさせて頂きます!
画像引用:ピッコマ「ジャンル、変えさせて頂きます!」
スポンサーリンク

漫画「ジャンル、変えさせて頂きます!」は原作Garine先生、漫画KEN先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「ジャンル、変えさせて頂きます!」第24話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

ジャンル、変えさせて頂きます!【第24話】のあらすじ・ネタバレ

ある事無い事

ユディットが密かに聞いているとも知らず、聞くに堪えない話を繰り広げる使用人たち。

ユディットの本性に気付かずそのうち公爵家がユディットに乗っ取られるかもと

面白おかしく話す使用人たちの話を聞き言葉を失うユディット。

そろそろ休憩時間も終わりだと楽しそうにおしゃべりしながらそのまま去って行きます。

 

ユディットの行動

ユディットが先ず最初に取った行動はリューディガーと距離を置くことでした。

リューディガーになるべくわかりやすく説明しようと努めるユディット。

最初は悪口を聞いたその場で出て行って叱責しようと思いましたがグッと堪えたユディット。

直ぐに考えを改めて自分が直接対処してしまうと違う話をネタに噂されてしまうと気づきます。

そして噂の原因を取り除くこと以外解決する道はないとリューディガーに提案することにしました。

リューディガーの戸惑い

リューディガーは突然距離を置きたいとユディットに提案されて困惑します。

ユディットはリューディガーをなるべく傷つけないように説明します。

リューディガーの温かい気遣いや贈り物には感謝しているが、

その優しさが他の人から見れば過剰に見えていると伝えます。

ユディット「一般的に…義理の姉にここまでしません それに周囲の人からすれば私は未亡人…なわけです だからもっと…」

ピッコマ「ジャンル、変えさせて頂きます!」

リューディガーはユディットが気にしている「周囲の人」の意味が理解できません。

ユディットは告げ口はしたくないと思いつつメイド達だと仕方なく伝えます。

伝わらない思い

メイド達の目をなぜユディットが気にしなくてはならないのか理解できないリューディガー。

ユディットは関係ないと言い切るリューディガーに、

屋敷で働く人々を無視して過ごすことなどできないと訴えます。

しかし思った通りメイドを処理するという振り切った行動に出ようとするリューディガー。

ユディットはそんなことをすれば噂を認めるようなもので

もっとやっかいな問題が起きると必死でリューディガーを止めようとします。

ユディットはどうすればリューディガーに伝わる言い方ができるかと思案します。

ユディット「リューディガーさんも軍隊にいらっしゃれば兵士の士気や部隊の雰囲気をきになさ…」

ピッコマ「ジャンル、変えさせて頂きます!」

ユディットが言い終わる前に被せて気にしないと宣言するリューディガー。

輪を乱す兵士は軍法で処理すると身も蓋もない事を言うリューディガー。

何を言っても伝わらないことに頭を抱えるユディット。

ユディットがメイド達の言動を気にする意味が本当に理解できないリューディガー。

ユディットは相手がメイドだろうと誰だろうと嫌われたくはないと説明します。

そのために人を思いやったり気遣ったりするのでは?と問いかけるユディット。

他人に嫌われることを気にする意味も分からないというリューディガー。

その発言を聞いてもはや価値観の違い程度では済まされない温度差を感じるユディット。

共感

全く会話がかみ合わずそういえば

リューディガーの母であるソフィアも同じ感じだったと思い当たるユディット。

実子であるリューディガーよりも敬愛する王女の子であるヨナスを溺愛していたソフィア。

しかしリューディガーは幼いころから愛情の不平等に不満を抱いたことはありませんでした。

今目の前にいるリューディガーを見てその時の心情を何となく理解したユディット。

ユディット「今思えば それはそもそもソフィアの愛を自分とは無関係と思っていたからじゃないのかな…もしくは彼にとっては取るに足らないことだったか」

ピッコマ「ジャンル、変えさせて頂きます!」

リューディガーにとっては自分以外の人間は全て無関係なのではと考え始めます。

小説でルカを命をかけて守っていたのも愛情からではなく

責任感によるものだったと思い出すユディット。

ユディットはリューディガーを説得できる気が失せて距離を置くことを諦めます。

最後に自分の気持ちだけは伝えようとするユディット。

ユディット「でもやっぱり…リューディガーさんに嫌われたら すっごく気になると思います」

ピッコマ「ジャンル、変えさせて頂きます!」

その言葉に目が覚めるリューディガー。

自分もユディットに嫌われるのはすごく気になると認めます。

ユディットはやっと共感してもらえたと一筋の光が見えた気がします。

リューディガーの孤独

ユディットはリューディガーが冷たいのではなく、

自分中心に考えがちなのは、彼の周囲の人間がそう振舞ってきたからではと思います。

急にリューディガーを憐れに思うユディット。

するとリューディガーが思いついたように話し始めます。

やっと会話のキャッチボールができると期待するユディット。

しかし次の言葉で敢え無く期待が砕け散ります。

リューディガー「…こうしましょう 既存のメイド達全てクビにして メイド総入れ替えを実施するのです!」

ピッコマ「ジャンル、変えさせて頂きます!」

「ジャンル、変えさせて頂きます!」第24話の感想&次回第25話の考察予想

リューディガーは周りの人間に無関心を貫いていますが

明らかにユディットに対しては態度が違います( *´艸`)

ユディットは原作のリューディガーと重ね合わせて期待してはいけないと

自分に言い聞かせているようですが、実際はどうなんでしょうか??

好みの男性が自分だけに優しさを向けてくれたら好きになっちゃいそうなものですが♡

それにしてもメイド達の発言は目に余るものがあります<(`^´)>

正直あんな失礼なメイド達を気遣う必要はないと思います!

総入れ替えはやり過ぎにしても、彼女たちを解雇するのは当然の仕打ちなんじゃないでしょうか…

身の程を弁えないとはまさにこと事だと思いますヽ(`Д´)ノプンプン

次回ユディットが気にしているメイド達の態度はどうなるのでしょうか??

リューディガーが何か罰を下すのか下さないのか…早くスッキリさせて欲しいです<(`^´)>

いつも読んでいただいてありがとうございます♡

またお会いしましょう(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました