ピッコマ連載中|「悪女はマリオネット」|ネタバレ 第38話

スポンサーリンク
悪女はマリオネット
画像引用:ピッコマ「悪女はマリオネット」
スポンサーリンク

漫画「ネット小説の法則」は原作hanirim先生、漫画Manggle先生の作品でピッコマにて配信されています。

 

今回は「悪女はマリオネット」第38話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

悪女はマリオネット【第38話】のあらすじ・ネタバレ

戦争の英雄

かつてラファエロは帝国外の勢力から恐れられていた存在でした。

血も涙もなく他人に同情することは皆無で、日課をこなすかの如く淡々と敵を殺していく…

そんなラファエロを誰もが恐れ、噂しました。

己の剣に 一寸の迷いもない者

ピッコマ「悪女はマリオネット」

ラファエロの幼少期

ラファエロは何でも起用にこなす反面全く感情の起伏のない人形のような少年でした。

そんな感情がないと思っていた人間のラファエロが

ついに他人に興味を持ったことに感動するバスタン。

しかもラファエロとカエナが互いに想い合ってるという妄想を抱きます。

勝手に妄想を膨らませるバスタンを不審に思ったラファエロは鼻息が荒いとドン引きします。

バスタンは鼻炎だと誤魔化します。

ラファエロは机の上に置いてあった宝箱にふと視線を走らせます。

中に入っていたブローチがカエナの瞳の色に似ている思うラファエロ。

ジェレミーからの報告

ジェレミーがラファエロからの指示についての調査結果を報告に訪れます。

ラファエロの指示でヘンバートン・ギリアンについての調査をおこなっていたジェレミー。

ラファエロが他人のことについて調べようとするなど珍しいと心の中で思うジェレミー。

幼い頃から他人はおろか家族や近しい人間にすら興味を示さなかったラファエロ。

幼い頃から厳しくラファエロを躾てきた公爵夫人に

酒におぼれて暴力まで振るうようになった公爵のせいでキッドレー家の内部は

暗く陰鬱な空気が漂っていました。

ラファエロの過去

公爵が酒に溺れて公務を行わなくなったのはラファエロが僅か10歳の時でした。

感情を表に出さないが、家族からの愛情を求めていた幼いラファエロ。

父の誕生日にお小遣いで密かにプレゼントを準備していました。

しかし父の元へ行くとお酒の瓶を投げつけて暴言を吐く父。

ラファエロの父「もううんざりだ!その黒髪も!赤い目も!穢れたキッドレーの血が流れているんだ…!

ピッコマ「悪女はマリオネット」

公爵は婿養子である自分の立場がゆらぐのを恐れて、

その敵意を全て幼いラファエロに向けていました。

投げつけられた瓶で頭から血を流しながら、

泣き叫ぶでもなく淡々と憎まれている事実を受け入れるラファエロ。

ジェレミーはその姿を見てただ同情することしかできませんでした。

ラファエロ「…お父様は 「キッドレー」がものすごく嫌いみたいだね

ピッコマ「悪女はマリオネット」

その日を境にラファエロに異変が現れ始めました。

後継者の教育を受けていたラファエロが原因不明の体調不良に悩まされるようになります。

医者たちは口を揃えて身体に異常はないと訴えましたが

食事も喉を通らず食べては吐くを繰り返していたラファエロ。

ラファエロに完璧な後継者像を押し付けていた公爵夫人は激怒して

ラファエロに関わっていた使用人や医者などを一斉に処分します。

そのせいで公爵家の雰囲気はより一層険悪になり

皆いつ自分に被害が及ぶかとビクビクするようになりました。

そんな中急に大丈夫だと宣言したラファエロ。

その言葉通りその後何事もなく日常生活を送るラファエロを怪しむ人物もいたが

それ以上追及することはなく公爵夫人の機嫌が治ったことに皆安堵しました。

しかし側近のジェレミーは誰にもわからないように

体調が悪そうにするラファエロをしばしば目撃していました。

本物の悪党

ラファエロに声をかけられて我に返るジェレミー。

ジェレミーは上の空だったことを謝罪して報告を続けます。

ギリアンを調べた結果相当悪行に手を染めていることが判明しました。

違法麻薬を自家栽培して売りさばきクラブを経営、人身売買に違法賭博に違法のコロシアムに

殺人など犯罪行為を上げたらキリがありませんでした。

しかしキッドレーの家臣であり、キッドレー家の兵力の中心である騎馬隊を支える

軍馬事業を担っているギリアン子爵家に大々的な操作は難しいと話すジェレミー。

ラファエロの嫉妬

ジェレミーは思いついたように悪行とは別の報告があると思い出します。

ジェレミー「あっそれから これはまた別の話ですが…最近皇女殿下にしつこく言い寄っているようで…」

ピッコマ「悪女はマリオネット」

その報告を聞き眉間に皺を寄せるラファエロ。

ギリアンは事業で成功していることを餌に

皇位継承者に皇女との結婚を迫っているという噂があると聞くラファエロ。

ラファエロは低く唸るような声で命令を下します。

ラファエロ「…ジェレミー バスタン なんでも腐る前に処理…これが鉄則だよな? その子爵とやらを始末しろ

ピッコマ「悪女はマリオネット」

ラファエロの常軌を逸した命令に頭を抱えるジェレミーとバスタン。

この問題で貴族を処刑することはできないと伝えるジェレミー。

密かに処理すればいいと暗殺命令まで出すラファエロに泣きながら異を唱えるジェレミー。

ジェレミー「一族の後継者ですよ!密かになんて無理無理!

ピッコマ「悪女はマリオネット」

部下の抗議を受けてシレッと冗談だと流すラファエロ。

しかし心の中で嘘つけと突っ込むジェレミー。

処理は無理でも監視を続けて目を離さないよう指示するラファエロ。

やはり今までのラファエロとは何か違うと思うジェレミー。

今まで気にしてなかったがここまでギリアンに拘る理由に思い当たるジェレミー。

ジェレミー「皇女殿下と関係あることだからか?

ピッコマ「悪女はマリオネット」

「悪女はマリオネット」第38話の感想&次回第39話の考察予想

ラファエロの辛い過去が明かされて胸が切なくなりました(´;ω;`)ウッ…

人間不信の潔癖症になったのも家族から疎まれた結果だったんですね( ;∀;)

誰も信じられないし、人に触れるとおぞましいほどの不快感を抱くって地獄でしかないなって思います…

ラファエロがどうして今のカエナに安心感を覚えたのかわからないけど

それでも生きていくための救いになるなら、

カエナと幸せになれるといいなって心から思いました(^-^)

ギリアンは予想以上にヤバい奴でしたね(゚д゚)!

あんな男の元に嫁に行ったらそりゃ殺されちゃいますよ(´Д⊂ヽ

ラファエロ嫉妬でも何でもいいから全力で阻止して欲しいと思います<(`^´)>

それではここまで読んでいただいてありがとうございました♡

いつもありがとうございます♡またお会いしましょう(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました