ピッコマ連載中※一部有料|「猫な人生」|ネタバレ 62話

スポンサーリンク
猫な人生
画像引用:ピッコマ「猫な人生」
スポンサーリンク

漫画「猫な人生」は作者kkanaria先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「猫な人生」62話を読んだ感想をご紹介いたします。

無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!
スポンサーリンク

猫な人生【第62話】のあらすじ・ネタバレ

告白

ヒョンソンはミョヒの問いかけに答えます。

ヒョンソン「バレました?僕は今ミョヒさんを口説いてます」

ピッコマ「猫な人生」

魅惑的な雰囲気でミョヒに思いを告げるヒョンソンに動悸が激しくなるミョヒ。

まさかヒョンソンが自分を口説いてくれると思わずドキドキが止まりません。

ヒョンソンが自分に好意を持ってくれていることが信じられず固まっていると

ヒョンソンがミョヒが困っていると誤解します。

ヒョンソン「重いですか?」

ピッコマ「猫な人生」

ヒョンソンの恥ずかしそうな表情にトキめきが止まらないミョヒは

そのまま鼻血を出して倒れてしまいます。

ミョヒ「あぁこれは…夢かしら…?まだあの時の夢から覚めてないのよきっと…」

ピッコマ「猫な人生」

お出迎え

ミョヒを車で送ってきたヒョンソン。

まだ意識の戻らないミョヒを抱きかかえて家の前まで運びます。

するとミョヒの帰宅に気付いたホンは玄関まで出迎えます。

ミョヒを抱きかかえている人物がヒョンソンだと気づき思わず名前を呼んでしまいます。

ヒョンソンはホンに見覚えがなくなぜ自分の名前を知っているのかと疑います。

そこにムンも現れてヒョンソンと出くわします。

ヒョンソンはムンの顔は覚えており驚いた様子で問いかけました。

ヒョンソン「あなたたちは…もしかして…あの時の死神たち?」

ピッコマ「猫な人生」

 

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

ヒョンソンの記憶

眠ったままのミョヒを心配するヒョンソンにムンがただ気を失っているだけだと伝えます。

安堵したヒョンソンは死神たちに経緯を説明します。

ムンはウジョンのことにも気づいており、ヒョンソンが依頼していたのかと確かめます。

ウジョンのお陰でミョヒの死の匂いが弱まるので特に対応しなかったと

ムンが話すと何も知らなかったホン・ダンは驚きます。

ヒョンソンは過去の記憶がただの夢なのか現実なのか半信半疑だったことを打ち明けます。

しかし目の前にいる死神たちをみてあれは現実だったと確信するヒョンソン。

リビングに場所を移して詳しい話を聞き出すムンとホン・ダン。

なぜ知らないフリをしていたのか聞き出そうとするムン。

ヒョンソンは目覚めて直ぐに訪ねてきたハジと話しているうちにただの夢なのだと思い込みました。

とにかく確認するためにミョヒの家に向かいましたがミョヒと会えることはできませんでした。

ミョヒの身辺についていろいろ調べてからいざミョヒに会ったら

自分だけが記憶を持っているのかもと怖くなったヒョンソン。

ヒョンソンの人間的な姿に肩を叩いて慰めるホン・ダン。

しかし気安く触るなと拒否するヒョンソン。

ヒョンソンは死神たちが自分の元には来てくれなかったことに不満を漏らします。

もしムンたちに会っていればもっと前からミョヒと打ち解けることができたのにと

苦々しく思うヒョンソン。

ムンの役目

しかしムンはヒョンソンには興味がなかったと意地悪く告げます。

ヒョンソンもムンの態度にミョヒに気があるのかと疑います。

ムンは自分のおかげでミョヒは安全に暮らせたとヒョンソンを挑発します。

ヒョンソンはとにかく状況が全て理解できたので、

セキュリティの万全な自分の家に連れて帰ると告げます。

ムンは自分も同行するのが当然のように目をキラキラさせて有難いと伝えます。

その後は連れて行くのはミョヒだけだとか、そんなものは許されないとか

子供じみた言い合いが始まります。

見かねたホン・ダンが雷を落とします。

ホン・ダン「2人ともやめなさい!!

ピッコマ「猫な人生」

これからどうするかはミョヒが決めることなので

ミョヒが起きるまでは誰も決められないと諭します。

今日はこの家でホン・ダンたちが面倒をみるので

ヒョンソンは一旦帰るように促しますがそれを拒否するヒョンソン。

ヒョンソン「いいえ 僕はミョヒさんのそばにいます」

ピッコマ「猫な人生」

頑固なヒョンソンに呆れる死神たち。

ヒョンソンは幸せそうに眠るミョヒの顔を眺めながら

久しぶりの心温まる夜を過ごしていました。

「猫な人生」62話の感想&次回63話の考察予想

やっぱりヒョンソンは記憶があったんですね(^-^)

ミョヒと同じ理由で打ち明けられなかったんだ~(;^ω^)

そりゃいきなり記憶のない人に過去にどーのこーのとか言われたら怖くて逃げちゃうもんね(;^ω^)

とにかくまた恋人同士として再会出来そうでよかったです♡

次回は記憶がある状態でヒョンソンとミョヒが会話するので

久しぶりにラブラブな姿を見られるかもしれません( *´艸`)楽しみにしたいと思います♪

それではここまでお読みいただきありがとうございました♡

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました