ピッコマ連載中※一部有料|「猫な人生」|ネタバレ 64話

スポンサーリンク
猫な人生
画像引用:ピッコマ「猫な人生」
スポンサーリンク

漫画「猫な人生」は作者kkanaria先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「猫な人生」64話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫な人生【第64話】のあらすじ・ネタバレ

同居

今後60日の間死の気がミョヒに集中するとヒョンソンから聞かされます。

少し驚きますが、むしろ良かったと安堵するミョヒ。

自分に危険が集まればヒョンソンは無事ということだと理解します。

ヒョンソンは言葉を失いますが、ミョヒは明るく前向きに宣言します。

ミョヒ「大丈夫です!今度は絶対に本部長を守るって決めましたから!私さえ無事に過ごせば本部長は心配ないんですから むしろその方が楽チンです もっと用心して生き抜いてみせます‼」

ピッコマ「猫な人生」

ヒョンソンはミョヒの明るさに救われます。

ヒョンソンもミョヒを全力で守るため引っ越しを決めたと伝えます。

残りの期間は一緒に暮らそうと申し出ます。

ヒョンソンはミョヒとかつて暮らした家で同棲するつもりでした。

ミョヒもその事実を知り恥ずかしさと嬉しさが込み上げます。

盛り上がる猫

家に着くと死神の猫たちは広くて綺麗だと大はしゃぎします。

ミョヒも恐縮しながらも思い出の家にまた住めることになり感動します。

少しの間お世話になるというミョヒにずっといても構わないと伝えるヒョンソン。

その後いつまでも本部長呼びをするミョヒを咎めるヒョンソン。

以前ヒョンソンの祖父が突然やって来て大事件になるところだったことを思い出し

今度は大丈夫だとミョヒを安心させます。

期待

以前ミョヒが使用していた部屋を準備したヒョンソン。

ミョヒの手を優しく包み込み中に入るよう促します。

しかしミョヒの頭の中は違う考えでいっぱいでした。

ミョヒ「部屋…別々なのね…」

ピッコマ「猫な人生」

すると猫のホン・ダンが猫語でミョヒと同じ質問をします。

ホン・ダン「ニャンニャンニャン?(なんで部屋が別なの?どうして?)」

ピッコマ「猫な人生」

猫語のわからないヒョンソンは不思議な顔をしますが

ミョヒはホン・ダンの積極的な言葉に慌てふためきます。

猫の口を塞ぐと部屋のお礼を伝えるミョヒ。

少し休んだら一緒に買い物に行こうと誘うヒョンソン。

ホン・ダンは口を塞がれたことに不満が爆発しますが、

ゆっくり関係を深めていきたいミョヒは、

今後ヒョンソンに余計なことは言わないように釘を刺します。

これ以上過激な事を言われると死んでしまうかもしれないと土下座をしてお願いするミョヒ。

ではムンを連れ出す間2人きりになったら押し倒すようにとアドバイスするホンの言葉に

想像だけで気絶してしまうミョヒ。

 

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

買い物デート

その後2人でショッピングモールに出かけて食料を調達します。

死神たちは何を食べるのかと2人で悩みますが

ほとんど猫の姿のため人間の食事を与えたことがないというミョヒ。

ヒョンソンは今まで一人で食事を摂っていたのかと問いかけます。

ミョヒは言いにくそうに食べていなかったと答えます。

実はお金がなくて食費を節約していたミョヒ。

ヒョンソンは給料が少なすぎると勘違いして会社に問い合わせると憤りますが

過去に戻ってから引っ越しや猫の餌代などで何かと物入りだったと話すミョヒ。

自分のせいだといい訳します。

これ以上話しても埒が明かないと思ったヒョンソン。

先ずは肉を買おうと肉売り場に向かいます。

しかし料理が苦手だと遠慮するミョヒ。

ヒョンソンは自分がすると有無を言わせません。

その後も食料品を見て回っていると餃子の試食販売員に声をかけられます。

新婚さんと言われて赤面するミョヒ。

ヒョンソンは恥ずかしがるミョヒの肩を抱いて餃子が好きかと質問します。

ヒョンソンの容姿や優しさに店員も興奮して褒め称えます。

ミョヒも内心嬉しさが込み上げます。

ミョヒは終始緊張しっぱなしでドキドキが止まりません。

本当に夫婦のようだと思います。

ヒョンソンはこれから毎日一緒に食事をするので慣れるように伝えます。

危険

これからずっと一緒だというヒョンソンの言葉に恐縮するミョヒ。

ミョヒ「あ…はい…少しの間ですが よろしくお願いします」

ピッコマ「猫な人生」

ヒョンソンは笑顔で対応しますが内心がっかりします。

ミョヒはヒョンソンの気持ちに気付かずプロポーズする為の準備を始める決意をします。

ミョヒが次の場所に動き出そうとすると積み上げられた段ボールが崩れてきます。

驚くヒョンソンは手を伸ばしますが間に合いません。

しかし自分でしっかり支えて危機を逃れるミョヒ。

過保護

家に帰ってシップを貼ってもらうミョヒ。

ヒョンソンはこれからは自分がミョヒの前を歩くと伝えます。

ミョヒは過剰な心配ぶりに戸惑います。

ヒョンソンはもっと過激な事を言うかと思いますが

一先ず肉を食べようとエプロンをつけます。

その姿に惚れ惚れするミョヒ。

「猫な人生」64話の感想&次回65話の考察予想

やっと以前の愛の巣に戻ってきたミョヒとヒョンソン。

流石に同じ部屋はやり過ぎだと思ったのか、ミョヒの一人部屋を準備してくれていました(^-^)

でもミョヒは残念がっていましたね( *´艸`)

二人ともいい大人なんだから一緒に寝たらいいのに…

しかもまだ二人の運命は死に向かっているんだから、

1分1秒でも一緒にいる時間を大切にしなきゃいけないと思うのに(-_-;)

ヒョンソンはミョヒに少しでも危険が及ぶのが気が気でないみたいです。

前を気にしてたけど、今度は後ろはどうするんでしょうね(;^ω^)

とにかくお肉を食べて元気を出そうとしていますが、ミョヒはそれどころではないみたい(笑)

ヒョンソンのエプロン姿に興奮しているミョヒが可愛かったです♡

それではここまでお読みいただきありがとうございました♡

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました