ピッコマ連載中※一部有料|「猫な人生」|ネタバレ 第70話

スポンサーリンク
猫な人生
画像引用:ピッコマ「猫な人生」
スポンサーリンク

漫画「猫な人生」は作者kkanaria先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「猫な人生」第70話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

猫な人生【第70話】のあらすじ・ネタバレ

事件の真相

仕事から帰るとリビングで倒れているヒョンミンとムンとホン・ダンを見つけて驚くミョヒとヒョンソン。

何か事件かと大声で3人の名前を叫びます。

しかしただ遊び疲れて眠っていただけだと判明し笑い話になります。

食事の準備をしながら今日の出来事を聞くミョヒ。

楽しかったとヒョンミンに構うホン・ダンを冷たくあしらうヒョンミン。

仲が良いのか悪いのか戸惑うミョヒとヒョンソン。

しかもミョヒの作ったオムライスを、マズイと言って吐き出すヒョンミン。

そんなヒョンミンを静かに叱るヒョンソン。

理想の父親

作ってくれた人に対して感謝して文句を言わずに食べるのが人としての道理だと教えるヒョンソン。

ヒョンソンの言葉には反論せず黙り込みます。

そんな険悪な雰囲気を察してミョヒが口を挟みます。

ミョヒ「大丈夫ですよ ヒョンミンくんケチャップかける?」

ピッコマ「猫な人生」

ミョヒがケチャップを持つ手をふと見ると傷だらけなのに気づくヒョンミン。

今度は素直に少しだけと答えました。

ホン・ダンはミョヒのオムライスは最高だと褒め称えます。

食事が終わるとヒョンミンに皿洗いをするよう促すヒョンソン。

ゲームをしていたヒョンミンは皿洗いと言われて驚愕します。

ミョヒは気を遣って自分がやると申し出ますが、休むように伝えるヒョンソン。

ヒョンミンも当然のようにお手伝いにやらせればいいと答えますが

ここにはお手伝いはいないと伝え皿洗いは料理をしてくれた人への感謝の気持ちだと教えます。

それでも自分は子どもだからと言い訳するヒョンミンに中学生はもうこどもではないと答えます。

どうしても逃げられないと悟ると皿洗いをしたことがないと打ち明けるヒョンミン。

ヒョンソンは自分が一緒にやるから大丈夫だと伝え、キッチンに一緒に立ちます。

2人の姿を見て理想の父親だと語るホン・ダン。

今この瞬間の幸せ

また結婚についての話を持ち出してミョヒの反応をからかうホン・ダン。

ミョヒは結婚には消極的で、自分のせいでヒョンソンに迷惑をかけるのが嫌だと言います。

そんなミョヒに努力もせずに逃げるのかと聞くホン・ダン。

努力は惜しまないつもりだが、わがままでも今この瞬間の幸せを満喫したいというミョヒ。

運命の時まで残り2ケ月をきっており毎日不安に怯えながらも感謝もしていると呟きます。

不確かな未来

ホン・ダンはミョヒを見ながらなぜミョヒたち3人の名前が

死亡者名簿に載っていたのか考えます。

どうやっていつ死ぬかまでは分からずずっと監視しなければいけない。

しかもたまに死ぬ運命から逃れる時もあるため名簿は絶対ではない。

今は相当気をつけて生活しているミョヒとヒョンソンが

死亡者リストに載っているのはやはり不可解だと思うホン・ダン。

できるだけ危険を事前に察知できるように、死にやすい状況を高い順番に教えるので

メモして頭に入れるように教えます。

ホン・ダン「あなたのこと気に入ったからもっと長生きしてもらわないと~おばあちゃんになったら迎えに来てあげる!」

ピッコマ「猫な人生」

ミョヒはホン・ダンの温かい言葉に感謝の気持ちでいっぱいになります。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

好きな理由

ヒョンミンはヒョンソンと皿洗いをしながら気になっていたことを質問します。

ヒョンミン「ヒョンソン兄さんはあの人のどこが好きなんですか?」

ピッコマ「猫な人生」

ヒョンソンはよく考えますが明確な答えはありませんでした。

知らず知らずのうちにヒョンソンの心を支配していたミョヒ。

敢えて言葉にするなら可愛いからだと答えます。

ヒョンミンは当然結婚までは考えていないと思いますが、

当たり前のように結婚するというヒョンソン。

その言葉を聞き思わず持っていたお皿を落としてしまいます。

拒否反応

お皿の割れる音を聞いて駆けつけるミョヒ。

ヒョンソンは危ないから近づかないようにミョヒを止めます。

ヒョンミンにもこの場を離れるように伝えますが、震えながら謝罪するヒョンミン。

大丈夫だと安心させますが、堰を切ったように謝り続けるヒョンミン。

ヒョンミンの目からは大粒の涙がとめどなく流れます。

泣き続けるヒョンミンを優しく抱きしめるミョヒ。

ミョヒ「びっくりしたね 大丈夫だよ お皿はまた買えばいいから あなたに怪我がなくてホッとしたわ」

ピッコマ「猫な人生」

優しい言葉をかけて抱きしめるミョヒを突き放すヒョンミン。

ヒョンミン「僕に 僕にそんな風にしないで!」

ピッコマ「猫な人生」

目にいっぱい涙を溜めて拒絶するヒョンミンに戸惑うミョヒ。

 

「猫な人生」第70話の感想&次回第71話の考察予想

今回はヒョンミンくん中心の話でしたね(^-^)

大切にされたことがないのか、自分に温かく接する人を拒絶しているようでした…

不思議な力でいったい何が起きてしまうのか…

変えたいと思っている未来は何なのか…次回少しは明らかになるのでしょうか??

それではここまでお読みいただきありがとうございました♡

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました