ピッコマ|「冷血皇子と捨てられた王女」|ネタバレ 第27話

スポンサーリンク
冷血皇子と捨てられた王女
画像引用:ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」
スポンサーリンク

漫画「冷血皇子と捨てられた王女」は原作Kim Cukdas先生、漫画Neff先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「冷血皇子と捨てられた王女」第27話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

冷血皇子と捨てられた王女さま【第27話】のあらすじ・ネタバレ

目覚め

目の前にいるフードの男性が体温が正常に戻ったのでもう安心だと言います。

アレクシアは混乱して自分の状況が呑み込めません。

意識を失ってから自分は助けられたのかと半信半疑のアレクシア。

テルビオンの姿は見えず、ライオネルがどうなったのかと気になります。

すると戸惑うアレクシアを察して男性は顔を見せて神官だと名乗ります。

病人

アレクシアが目覚めたのに気づいてカリーが近づいてきます。

神官に経過について文句を言うカリー。

側に来てアレクシアを無言で見下ろします。

カリーはアレクシアが倒れていた間に沢山の事があったと嫌味を言います。

大人しくしていると言いながら大胆な行動を取ったと責めるカリー。

神官は責め立てるカリーを咎めて病人だと気遣います。

カリーはまだ・・罪人ではなかったかとさらに嫌味を言うカリー。

そして不服そうにアレクシアの側を離れます。

お見舞い

アレクシアはカリーの言葉から何れ罪人になるのだと察します。

しかしまだ生きているということが信じられないアレクシア。

もうすぐ裁かれると知りながらも助けに来てくれたテルビオンに思いを馳せるアレクシア。

アレクシアはテルビオンの所在を神官に尋ねます。

すると直ぐに報告に行かないカリーに苦言を呈します。

するともう少し様子を見てみないとまた倒れたらテルビオンの怒りを買うと恐ろしいことを言います。

ちょうどタイミングよくテルビオンが様子を見に訪れます。

容態

アレクシアの容態を尋ねるテルビオン。

神官は肺炎にかかっていたが問題なさそうだと答えます。

意識が戻ったか確かめるテルビオンに先ほど目覚めたと伝える神官。

アレクシアは話を聞きながら側に来るテルビオンの足音に緊張します。

カーテンを開けて目が合う2人。

テルビオンは治療が終わったか確認し、下がれと命じます。

神官は恐縮しながらアレクシアの体調は万全でないため

尋問はもう少し後の方が良いと進言します。

しかし有無を言わさず下がらせるテルビオン。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

尋問

テルビオンは二人きりになると緊張するアレクシアに

殺すつもりならすでに殺していると伝えます。

アレクシアはきっとアンザークと内通していると疑われていると思います。

アレクシアが昏睡状態の間森の捜索で隠れ家が3つ見つかったと打ち明けるテルビオン。

かなり充実した装備が準備してあり、オベロン城内にいるスパイは

ライオネルだけではないと知らされるアレクシア。

そしてライオネルの痕跡は見つからず捕まっていないため

まだ生きていると知らされます。

アレクシアは機密情報をなぜ自分に打ち明けるのかと怯えます。

内通者

テルビオンはアレクシアが自分から逃げたと信じており

嘘でも良いから違うと言えと強要します。

アレクシアは何を言っても信用してもらえないと悟りながら

答えたら信じてくれるのかと質問します。

テルビオンは心底傷ついた様子で自分の名前をなぜ呼んだのかと問い質します。

アレクシアは自分を守ってくれると言ったテルビオンの言葉を思い出したと伝えます。

その言葉に怒り出すテルビオン。

自分がアレクシアを守るのは皇子妃だからで逃げた裏切り者がどうなろうと

知った事ではないと心にもないことを言うテルビオン。

アレクシアはそれを冷静に受け止めます。

真実

小説の中でテルビオンはオピリアのもので

自分は本当はここにいるはずもない存在だと思っているアレクシア。

そんなアレクシアに必死で探し回り、

見つけた痕跡はアレクシアがアンザークのスパイだと証明する証拠ばかりだったと

自嘲的に笑うテルビオン。

アレクシアはアンザークとは何も関係ないと答えます。

そんなアレクシアの言葉を受け入れられないテルビオン。

アレクシアは母親の容態が良くないと聞いて会いたかっただけだと打ち明けます。

テルビオンはさらに嘘を重ねるのかと笑います。

テルビオン「それで…死んだ人に会いにか?」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

その瞬間何の音も聞こえなくなるアレクシア。

身体がガタガタを震え出します。

テルビオンはアレクシアの様子を唖然として見守ります。

「冷血皇子と捨てられた王女」第27話の感想&次回第28話の考察予想

やっと目覚めたアレクシア(´Д⊂ヽ

神官の人は流石アンザーク人のアレクシアにも慈悲深かったですね(*´ω`*)

テルビオンは助け出すまではアレクシアを信じていたようですが、

今はアレクシアが内通者だという証拠が次々と出て信じたいのに

辛く当たってしまう自分を止められなかったんですね( ノД`)シクシク…

お母さんがすでに亡くなっていたと聞いて発作を起こしてしまったアレクシア…

誰も味方がいなくて本当に孤独を感じていると思います(´;ω;`)ウゥゥ

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました