ピッコマ無料連載中※一部有料|「ロクサナ」|ネタバレ30話

スポンサーリンク
ロクサナ
画像出典:ピッコマ「ロクサナ」
スポンサーリンク

漫画「悪女の恋人は主人公様」は原作Kin先生、作画Juniljus先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「ロクサナ」30話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ロクサナ【第30話】のあらすじ・ネタバレ

ウィグドラシル

一年に一度5つの家門の親睦を深めるために開かれる和合会が行われる地「ウィグドラシル」。

その場所は大陸の真ん中に位置しており非武装中立地帯として存在していました。

参加する家門は「赤のガストロ」「青のペデリアン」「黄のベルティウム」「白のフィペリオン」「黒のアグリチェ」。

今年もラントの指示でスパイ活動をするために同行するロクサナ。

頭首のラント、弟のジェレミーと一緒に会場に向かっていました。

魔法陣

今年が初参加のジェレミーは浮かれていました。

用事のため後から遅れてくるデオンの事を思い出し不快な気持ちになるロクサナ。

その時何とも言えない感覚を覚えるロクサナとジェレミー。

頭痛がするジェレミーは訳が分からず頭に手をやります。

ロクサナは毎年参加しているためジェレミーに頭痛の元を説明します。

中立地帯であるウィグドラシルには土地全体に魔方陣が張り巡らされていました。

ロクサナ「今から500年前 白のフィペリオンのある人物が 魔獣との共感能力を利用し ウィグドラシルに混乱を招いたためその後ウィグドラシル全体に巨大な魔方陣が張られた」

ピッコマ「ロクサナ」

ロクサナも実際に毒蝶を使おうとしたが、全く使い物にならなかった。

しかし魔法陣にも盲点があり、ウィグドラシルの地に足を踏み入れる前に召喚した魔物は

連れ込むことができました。そのため毒蝶を使いスパイ活動を行うのが

ロクサナの重要な任務でした。

ロクサナの目的

ウィグドラシルに着くて直ぐ、疲れたので部屋で休む許可を取るロクサナ。

ラントに挨拶をしてその場を後にします。

ジェレミーも迷わずロクサナの後をついてきます。

ロクサナはラントからの指示で和合会の間諜報活動をするが、

それとは別にもう一つの目的がありました。

それは陰ながらラントの監視も続けること。

和合会でのラントの行動は原作小説通りなのか確認するべく毒蝶を使うロクサナ。

外から戻らないラントはロクサナの予想通り「黄のベルティウム」を待っていたようでした。

原作では黄のベルティウムの人形術に興味があると書いてありました。

まるで生きている人間のように人形を操る力を有するベルティウムと結託し

強力な軍事力を手に入れる計画を立てるラント。

しかしベルティウムの頭首「ノエル」はラントを利用するだけ利用し

のちにヒロインであるシルビアと手を組んでアグリチェを破滅させる結末となっていました。

ノエルは外の世界には興味がなく、公の場には顔を出さない事で有名だったが

今年も和合会には不参加の様子だった。

ロクサナは安心して今後の計画に問題はないと判断します。

掃除

ロクサナの部屋ではジェレミーがパーティーに参加しないのか確認してきます。

最終日だけ参加すれば問題ないと伝え、ジェレミーは他の人と楽しんでと勧めます。

しかしロクサナから離れないジェレミーは自分も行かないといじけます。

来る途中で見た奴らは大したことなかったと退屈そうなジェレミー。

しかしロクサナは心の中で小説の中心人物たちに会ってもそんな事が言えるのか心配します。

しかしそんなジェレミーも一人だけ興味を示す人物がいました。

ベルティウムの頭首のノエルはロクサナたちと同年代だと聞いたから

会えるのを楽しみにしていたジェレミー。

噂では参加すると聞いたが毒蝶からの報告ではノエルに似た容姿の男は居なかったため

今年も不参加だろうと思うロクサナ。

すると扉の外の話し声に気付くジェレミー。

部屋の中にロクサナがいると噂していました。

ロクサナは聞こえないふりをしてジェレミーに声をかけます。

ロクサナ「ジェレミーお腹空いたならここで何か食べる?」

ピッコマ「ロクサナ」

ロクサナの意図に気付いたジェレミーはここぞとばかりに席を立ちます。

ジェレミー「うん!!メイドに頼んでくるね!!」

ピッコマ「ロクサナ」

嬉しそうに外に向かうと、案の定うめき声が響いてきます。

そして機嫌が良さそうに部屋に戻るとご飯を頼むのを忘れたと慌てます。

気まずそうに謝罪するジェレミーに笑ってしまうロクサナ。

ロクサナ「いくつになっても まだまだ子供なんだから」

ピッコマ「ロクサナ」

ご飯を言い訳に使って、ロクサナに寄ってくる男を排除するジェレミーを可愛く思うロクサナ。

ロクサナ「でもまあ…部屋の前でうろうろされるのも目障りだったし これくらい大目に見てあげるわ」

ピッコマ「ロクサナ」

「ロクサナ」30話の感想&次回31話の考察予想

今回は和合会なるものに参加するために中立地帯に来たお話でした。

それにしてもよくわからないのはカシスを助けたのは、アグリチェの破滅を防ぐためって

言ってた気がしますが…ラントを監視して何か計画を進めてる描写があったので

ロクサナは今後も何かしでかすつもりのようですね。

カシスが死ぬ運命が回避されたなら、アグリチェの破滅もすでに防いでいるはずなのに

実に不可解です”(-“”-)”今後ロクサナは何をしでかすつもりなのか予測不能です(;^ω^)

それではまたお会いしましょう(^^♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました