ピッコマ|「手なずける公女様」|ネタバレ 第28話

スポンサーリンク
手なずける公女様
画像引用:ピッコマ「手なずける公女様」
スポンサーリンク

漫画「手なずける公女様」は原作Firelady先生、漫画MIYASHIMA先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「手なずける公女様」第28話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

手なずける公女様【第28話】のあらすじ・ネタバレ

ペア

モーゼスが優雅にお茶を飲んでいると突然部屋にテレローサが飛び込んできます。

テレローサは不満げな様子で恒例行事はモーゼスのアイデアなのかと詰め寄ります。

それは魔法学部と剣術学部が合同で魔物の森で狩猟をすることで

自分のパートナーがイスティナだったことを抗議します。

モーゼスはパートナーについては自分の管轄外なので

手を貸すことはできないと言い、この機会に親交を深めることを提案します。

テレローサは不満げにしながらも事実を受け入れます。

最後にクッキーの袋をモーゼスに投げて寄越すテレローサ。

決してモーゼスのためではなく

余っていたクッキーの処理に困り持ってきただけだと主張するテレローサ。

仮面

モーゼスはにこやかに笑って丁寧にお礼を伝えます。

テレローサは受け取ってもらえたことに内心喜びながらお礼はいらないと去って行きます。

テレローサが部屋からいなくなるとモーゼスは本性を現します。

モーゼス「僕は…クッキーもお茶も嫌いだ あなたは断片的だからわからないけど」

ピッコマ「手なずける公女様」

モーゼスはためらいなくクッキーをゴミ箱に投げ捨てます。

追いかけっこ

イスティナは一人隠れて気持ちを落ち着かせていました。

ラオンは以前と違いイスティナに執着心を隠そうともせず接していました。

授業中も片時も目を離さず、イスティナを見つめ続けていたラオン。

今までと違い過ぎて戸惑いを隠せないイスティナは

授業が終わるとラオンから一目散に逃げ出していました。

恥ずかしくてまともに顔を見られないが、本当はラオンと触れ合いたいイスティナ。

思わず心の声が漏れてしまいます。

イスティナ「ラオン…会いたい…」

ピッコマ「手なずける公女様」

すると突然後ろの茂みから顔を出すラオン。

突然現れたラオンに驚くイスティナに

ラオンは平然と逃げられないと伝えたと言い放ちます。

動悸

イスティナは逃げられないと言われた時のラオンとのキスを思い出し

また動悸が止まらなくなります。

恥ずかしがるイスティナにラオンは

散々スキンシップをしておいて今更恥ずかしがるなんてと苦笑します。

イスティナを翻弄するのに味をしめたラオンはイスティナをからかいます。

イスティナはそんなラオンを悪魔だと思いながら

しばらくは一人にして欲しいともう一度伝えます。

ラオンはイスティナの気持ちは分かっているがやることがあると顔を近づけます。

そのままイスティナにキスをするラオン。

恥ずかしさから逃げようとするイスティナに懇願します。

ラオン「俺から逃げないでください また逃げようとしたら もっとすごいことをするかもしれません」

ピッコマ「手なずける公女様」

イスティナは積極的なラオンに心臓が壊れるかもしれないと危機感を感じます。

二人の関係

イスティナはラオンとの距離感に慣れるのに必死で時間が過ぎていきます。

ラオンと気持ちが通じ合い恋人同士になれば、

今までとは違う関係に進展するだろうとあれこれ妄想するイスティナ。

しかし妄想は切り上げてアカデミーの行事のために準備をしようと気を引き締めるイスティナ。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

魔法陣

宴会場にラオンと一緒に集合するイスティナ。

見たこともない法衣を身に纏った美しい人物を見て誰だろうと思うイスティナ。

「手なずける公女様」第28話の感想&次回第29話の考察予想

テレローサって確か原作のヒロインですよね??

モーゼスはヒロインにもらったクッキーを躊躇いなくゴミ箱に捨ててたので

やっぱり小説とは違う展開に進んでいるみたいです(-ω-;)ウーン

ラオンもイスティナに夢中だし、今後はどういったストーリーになるんでしょうか??

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました