ピッコマ|「私の夫が可愛すぎて困る」|ネタバレ 第20話

スポンサーリンク
私の夫が可愛すぎて困る
画像引用:ピッコマ「私の夫が可愛すぎて困る」
スポンサーリンク

漫画ピッコマ「私の夫が可愛すぎて困る」は原作Rana先生、漫画verbin先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「私の夫が可愛すぎて困る」第20話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

私の夫が可愛すぎて困る【第20話】のあらすじ・ネタバレ

ティータイム

ザカリーはイエンとの待ち合わせ場所に向かいます。

先についていたイエンに声をかけるザカリー。

公爵も中で待っていると伝えるイエリー。

まさかお茶の誘いを公爵が受けてくれると思わず驚いていました。

その話を持ち出すとザカリーは当然だと思います。

イエンは気づいていませんが、実は公爵はかなりイエリーを気に入り可愛がっていました。

あれから

肖像画室の件からさらに1年が経ち、ザカリーは20歳の成人式を控えていました。

そしていつもしかめっ面だった公爵は表情が緩んで時折笑みを見せる時もあり

昔とはずいぶん変わったと実感するイエリー。

楽しい時間

イエリーは事前に料理長に確認して公爵の好みをリサーチしていました。

好みのお茶に合うお菓子を出しながら説明するイエリー。

イエリーは少しでも点数稼ぎをしようと必死でした。

公爵の美味しいという言葉に顔を綻ばせるイエリー。

喜ぶイエンを見て公爵も満足げにします。

ザカリーにも確認すると当然美味しいと褒められます。

気恥ずかしくなったイエリーは勢いよくお菓子を口にほりこみます。

お菓子が気に入ったと勘違いしたザカリーは自分の分も食べて良いと差し出します。

公爵もミルクティーも合うからと勧められて至れり尽くせりのイエリー。

親子からの視線が痛くてずっと見つめられている事に耐えられなくなるイエリー。

イエリー「あの…お二人とも 私の顔に何かついてます?」

ピッコマ「私の夫が可愛すぎて困る」

ザカリーも公爵も指摘されて何でもないと誤魔化します。

イエリーは穏やかな時間を噛みしめて心が温かくなります。

イエリー「こういうのも悪くないわね 2人が仲良さそうで何よりだわ」

ピッコマ「私の夫が可愛すぎて困る」

甘い旦那様

ティータイムでお菓子を食べ過ぎて夕飯は食べられないと言うイエリー。

しかし食事はきちんと摂るようにと言うザカリー。

太ることを気にするイエリーにもっと太った方が良いと指摘します。

公爵も無言で頷いて同意します。

甘やかすザカリーに太ったらあなたのせいだと小言を言うイエリー。

しかし嬉しそうにさらに甘いことを言うザカリー。

ザカリー「ああ 何があっても僕が責任を取るよ」

ピッコマ「私の夫が可愛すぎて困る」

何を言っても無駄だと呆れるイエリー。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

病魔

急に咳き込む公爵。

咳が止まらずザカリーもイエリーも驚きます。

しかし風邪だと答える公爵。

少し疲れているからもう部屋で休むと言い戻って行きます。

その後数日間寝込んでしまった公爵。

どんどん悪化する病状に焦りが出ます。

薬で押さえるのも限界だと悟る公爵。

実は前々から無理やり薬で症状を抑え込んでおり、

イエリー達には病気のことをひた隠しにしていました。

お見舞い

ザカリーの力が安定していない状況で、公爵である自分の病気が発覚すれば

皇室からどのような無理難題を言いつけられるか分からないと危惧していた公爵。

その時イエリーがお見舞いに訪れます。

イエリーは食事を摂れていない公爵のためにレモンのハチミツ煮を届けに来ていました。

自分で作ったので口に合わなければ捨てても良いと落ち着かない様子で渡します。

公爵はお礼を言い、レモンティーを入れて欲しいとお願いします。

ザカリーと同じく照れると耳が赤くなる癖が同じだと心が温かくなるイエリー。

イエリー「ザカリーとそっくりだわ」

ピッコマ「私の夫が可愛すぎて困る」

「私の夫が可愛すぎて困る」第20話の感想&次回第21話の考察予想

せっかく親子で穏やかな時間を過ごせるようになってきたのに

公爵に病魔が迫っていて不安です(´;ω;`)ウゥゥ

まだ後継者として不十分なザカリーを心配して病気を隠していたんですね( ノД`)シクシク…

親心に胸が締め付けられます(つд⊂)エーン

ザカリーがしっかり公爵の地位を継いでお父さんも元気を取り戻してくれればいいのですが…

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました