ピッコマ|「悪女は今日も楽しい」|ネタバレ 第17話

スポンサーリンク
悪女は今日も楽しい
画像引用:ピッコマ「悪女は今日も楽しい」
スポンサーリンク

漫画「悪女は今日も楽しい」は原作Niniyang先生、漫画stew.J先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪女は今日も楽しい」第17話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

悪女は今日も楽しい【第17話】のあらすじ・ネタバレ

ヘイレス子爵

お茶会に貴族の姿で現れ自己紹介するルーカス。

ルーカス「ルーカス・ヤーン・ヘイレスと申します」

ピッコマ「悪女は今日も楽しい」

皇帝陛下から子爵の爵位を授かったと言うルーカス。

レイリンは驚き、なぜこの場にいるのかを訝しみます。

怪しい者を追いかけてきたと打ち明けるルーカス。

誰のことなのか考えを巡らせていると、内密な話があると耳打ちするルーカス。

ルーカスの目的

原作ではアイリスの言いなりの彼がなぜか自分に近づく目的を探るレイリン。

好奇心にまけて後日改めて連絡すると答えます。

ルーカスは紳士ぶりを発揮して静かにその場をあとにします。

同席していた令嬢たちはルーカスに興味津々で盛り上がります。

いつの時代も皆イケメンには弱いと呆れるレイリン。

品定め

会場の外で待機していたベッキーは久々のパーティーの感想を伺います。

精神年齢は成人のレイリンはお酒が飲めない合コンなど楽しくも何ともないと心の中で愚痴ります。

参加してみて改めてパーティーはこりごりだと言うレイリン。

すると馬車までの道で女の品定めをしている令息を見かけます。

会場でのレイリンとユエラン嬢のやり取りを持ち出し

女はおしとやかで物静かでないとと皮肉ります。

レイリンが聞いているとも知らず言いたい放題の令息たちに声をかけるレイリン。

反撃

気が強いことを指摘されたレイリンはあんたらごときの気にして

振る舞いを正さなくてはいけないのかと凄みます。

レイリン「そうだ!私を侮辱したその舌を 抜いて差し上げたらお淑やかになるんじゃありません?」

ピッコマ「悪女は今日も楽しい」

レイリンの護衛騎士が令息たちの喉元に剣を突きつけます。

怯えながら自分たちの愚かな言動について謝罪する令息たち。

馬車が到着し、令息たちを苛めるのはほどほどにするレイリン。

忠犬

屋敷の前で忠犬のようにレイリンの帰りを待ちわびるハビー。

レイリンの姿を見つけると一目散に駆け寄ります。

レイリンの帰宅を涙ながらに喜ぶハビー。

そんなハビーにデレデレのレイリンは少し散歩をしようと誘います。

豹の姿で帰りを待っていたハビーを見て屋敷には随分慣れたようだと喜ぶレイリン。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

 

平和な日々

ドロシーは散歩にハイヒールは不向きの為替えの靴を準備すると伝えます。

心を許せる公爵家の人々と過ごしながら、

先ほどの貴族令息たちの嫌味を思い出すレイリン。

どれだけ身分が高くても財産があっても疎まれてしまうのは

どう足掻いても皇太子とアイリスが主人公の世界だからだろうと肩を落とすレイリン。

新たな決意

レイリンは少し座って休憩しようとハビーを誘います。

心安らかな時間がずっと続けば良いと願うレイリン。

なぜ平和に暮らしたいのに、次々と問題ばかり起こるのかと苦笑します。

落ち込むレイリンの様子に誰かに苛められたのかと怒るハビー。

そんなハビーに絆されて抱きしめます。

大人しくすればいいのかと思いますが、

そんな事でアイリスが放っておいてくれるはずがないと思い直すレイリン。

こうなったら徹底的に闘おうと決意します。

名誉を重んじる貴族社会で堂々と浮気する皇太子とアイリスを祭り上げて

外を歩けないほど辱めてはると意気込むレイリン。

小説の展開で何か良いチャンスはなかったかと記憶を辿りますが

曖昧で思い出せません。

しかし考えても嫌な気分にしかならないため

あの二人のことを考えるのは止めようと思うレイリン。

今はただ自分を大切に思ってくれる家族のような存在の公爵家の人たちと

平和で楽しい時間を過ごそうと思います。

「悪女は今日も楽しい」第17話の感想&次回第18話の考察予想

ルーカスには驚きですね(´゚д゚`)

レイリンのために爵位買っちゃうとか本気だったんですね(;^ω^)

皇帝が認めるってことは情報ギルドの首領って思ったより影響力あるかもしれません(^-^)

アイリスの腹黒さに気付き始めたルーカスですから

今後はレイリンの味方になってくれるんでしょうか??

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました