ピッコマ|「人生勝ち組令嬢が通ります」|ネタバレ 第32話

スポンサーリンク
人生勝ち組令嬢が通ります
画像引用:ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」
スポンサーリンク

漫画「人生勝ち組令嬢が通ります」は原作Portofino先生、漫画Sin Yu Seong先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「人生勝ち組令嬢が通ります」第32話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

人生勝ち組令嬢が通ります【第32話】のあらすじ・ネタバレ

大司教様の帰還

歓迎ムードの中大司教様が帰還します。

しかし子供たちが暗く憂鬱な顔をしていることに気付く大司教。

理由を尋ねますが、本人たちにも自覚がないのか答えに詰まります。

キリオンたち騎士団も揃って大司教を迎えました。

キリオンになぜこれほど神殿が暗い雰囲気なのか尋ねる大司教。

報告

アーデルの件を報告するミカエル。

自分に会うのが目的だったと聞きなぜ突然帰ったのか疑問を抱く大司教。

ミカエルは気まずそうにキリオンを一瞥し、アーデルが規律を破ったと伝えます。

それを厳しく咎めるキリオン。

しかしそれを大司教が止めに入ります。

大神殿のことで自分の与り知らぬ出来事が起こるのは困ると

ミカエルに正直に話すよう促します。

ミカエルはアーデルが商人に金銭を渡すのを目撃した翌日から食材が変わったので

疑わずにはいられなかっと話します。

ミカエルは神殿の規律に忠実でいかなる不正もあってはならないと思っており

またキリオンが理由もなくアーデルを冷遇していたと受け止められるのは

我慢ができませんでした。

その場にレベッカがいたことも指摘して

事情は分かっているはずと促します。

レベッカは自分を庇い追い出されたアーデルに罪悪感を抱きます。

しかし真実を告げる勇気がなく黙り込みます。

時が満ちる

大司教は一部始終を聞いて不正を働いたアーデルをキリオンが追い出したと理解します。

しかしキリオンは全力で追い出したわけではないと否定します。

キリオンの様子から何となく事情があると察する大司教。

キリオンと二人で話すため他の人を下がらせます。

大司教は皇帝の容態はかなり悪く自分を長く引き留めたのもそのためだと伝えます。

キリオンが神殿を任されてどのような行動に出るか見守っていたという大司教。

大司教はそろそろ「あれ」が戻るのでキリオンも準備が必要だと促します。

大神殿から世に羽ばたくのももうすぐだと言う大司教。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

事情

キリオンは神殿に来る前に全ての未練は整理したと答えます。

事情は分からずとも特に問題はないと言うキリオン。

大司教はキリオンの痛い所をつきます。

大司教「…では今もなんの未練もお持ちでないと?」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

アーデルの件を報告した時は何か思う所があるように見えたと指摘する大司教。

実はマザーから早く神殿に戻るよう願う手紙を受け取っていた大司教。

何となくマザーが伝えたかったことを察する大司教。

わざとアーデルを悪く言いキリオンの本心を引き出します。

さらにアーデルが自分に何か話したいことがあったようだが

用件を聞いていないかと確認する大司教。

キリオンは被せ気味に知らないと答えます。

大司教は団長がしらないなら仕方がないと引き下がります。

一時的な寂しさ

大司教は今は寂しいかもしれないが、アーデルの仕事は誰でも代わりができる

簡単なものであり皆すぐ日常に戻ると言います。

キリオンはそれに異議を唱えます。

キリオン「アグネスさまは一度たりとも いい加減な仕事はされませんでしたし 子どもたちにも誰よりも誠実に接していました」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

アーデルは人を見下したりせず、

どんな小さな仕事も嫌な顔一つせず最善を尽くしていたと報告します。

時に方法を間違えることはあっても、誠実な人であることは間違いないと言い切ります。

大司教はそれほど誠実な人をなぜ行かせたのかと追及します。

キリオンにも認められるほどの人柄なら

誰もがそう認めるはずだと言う大司教。

アーデルが人柄も良く美貌も持ち合わせているなら、キリオンが追い出しても

きっと良い人が現れるはずだと微笑む大司教。

そこで初めて自分の気持ちに気付くキリオン。

大司教の話を遮り部屋から急いで出ていきます。

本当の気持ち

キリオンは本当は初めて会った時からアーデルに特別なものを感じていました。

大司教に急用かと聞かれて、何も答えずゆっくり休むよう労うキリオン。

部屋を出るとレベッカが待ち伏せており、話があると言われます。

罪悪感に耐えきれず真実を伝えようと決意したレベッカ。

しかし大司教に報告するよう促すキリオン。

レベッカはアーデルを監視していたキリオンにも知る権利があると伝えます。

しかしキリオンはレベッカの主張を否定します。

キリオン「私が彼女を見守っていたことは事実ですが 監視をしたことはありませんので」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

「人生勝ち組令嬢が通ります」第32話の感想&次回第33話の考察予想

今回はアーデルの登場はありませんでした(>_<)

ミカエル…全部聞いていたわけではないのに、アーデルが不正を働いたと報告したんですね(-_-メ)

キリオンが皆に誤解されるのが嫌だったとか…どんだけキリオンを心酔してんねん(; ・`д・´)

レベッカもシスターのくせに…自分可愛さで黙り込むとか許せません”(-“”-)”

アーデルが前回自分の見たいように思い込んでる姿と指摘したのは

アーデルが不正を働いたと信じ込んでいるキリオンに異議を唱えたんですね…

でもアーデルは賢いので何となくですが、これもキリオンに

自分の気持ちを自覚させるための作戦だったのでは??と思います(o^―^o)ニコ

大司教も何となく気付いているようですし…

次回キリオンはアーデルを追いかけるのでしょうか??

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました