ピッコマ|「レディは陰の実力者」|ネタバレ 第18話

スポンサーリンク
レディは陰の実力者
画像引用:ピッコマ「レディは陰の実力者」
スポンサーリンク

漫画ピッコマ「レディは陰の実力者」は原作Yehwon先生、漫画CH先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「レディの影の実力者」第18話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

レディは陰の実力者【第18話】のあらすじ・ネタバレ

自信

リリはリアに心から好きな人と幸せになって欲しいと願っていました。

しかし今の自分の選択が正しいのか自信がなくなります。

ロベインが最低な人間であることは間違いないが、そもそもリア自身が悩んで

決定する問題ではないのかと不安になるリリ。

そして一番大きな罪悪感は自分がリアの本当の妹ではないという事実でした。

真実

リアはリリの元気のない様子を察して理由を聞き出します。

元気だと主張しますが、心が苦しくてデザートが口に出来ないリリ。

そのことを指摘されて口ごもります。

本当のことを言えば、病院送りになるか、直ぐに放り出されるか、

もしくは空気のように扱われて成人してから屋敷を追い出されるかどれかだろうと思うリリ。

リリは改めて自分の心と向き合い、血の繋がりはなくともリアを大好きな気持ちに気づきます。

リリ「私はお姉ちゃんが本当に大好きなの…だからお姉ちゃんに幸せになってほしい…」

ピッコマ「レディは陰の実力者」

誤解

リアはリリと二人にして欲しいとミカエルに頼みます。

話し合おうとするリアに時間が解決するのにと内心恨み言をいうリリ。

しかしリアはどこまでも心優しいリアでした。

真摯にリリと向き合い解決策を探そうとするリア。

誰もが好きにならずにはいられない魅力的なリアの妹になってしまったことに

また罪悪感を抱くリリ。

理由は言えないがただ心から謝ります。

しかし鈍感だと思っていたリアが実は手紙を隠していた事実を知っていたことに驚くリリ。

リリが自分以外の人と会うのが嫌だと思っていることを察していたリア。

その気持ちを汲んで大丈夫だと慰めてくれます。

リア「リリ 大丈夫よ 私が言ったでしょ 私はリリが一番よ」

ピッコマ「レディは陰の実力者」

大切な妹

リアは今リリと本音で向き合えていると実感していると伝えます。

リリの望むようにさせて、リリが不快に思う人とは会いたくもないというリア。

リリには見る目が養われているので、

リアが素敵な人に出会えるよう手伝って欲しいとお願いするリア。

リリはリアの優しい気遣いに心が晴れて、全力で手伝うと心に誓います。

そして今まで無視していたリア自身の気持ちを大切にしようと思うリリ。

リリ「その代わり お姉ちゃんに好きな人ができたら すぐ教えてね」

ピッコマ「レディは陰の実力者」

今後も同じ悩みを抱えるかもしれないが、絶対にリアの側を離れることはできないと実感したリリ。

今日のリアの対応を見て罪悪感に圧し潰されそうになっても、

きっとリアがまた救ってくれると確信します。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

忘れられない味

心の平和を取り戻したリリ。

席に戻ると新しいデザートが用意されていて驚きます。

計算高いミカエルが手を回したのだと知り侮れないと思うリリ。

リアもリリに沢山食べるよう勧めてくれます。

この日食べたエクレアの味はきっと生涯忘れないだろうと思うリリ。

謹慎の理由

数日後セドリックとジョシュアが訪ねてきました。

やることがなくて身体を鍛えてばかりいたのか

一回り大きくなったと呆れるリリ。

リアは早速セドリックに謹慎処分の理由を問い詰めます。

大したことではないと口ごもるセドリックに後から到着したミカエルが口を挟みます。

リアはパートナーの件が関係しているのかと直ぐに察します。

リアは理由を話すまで解放しないと頑なな姿勢を見せていました。

リリも映画を見る気分で面白い話が聞けそうだと喜びます。

「レディは陰の実力者」第18話の感想&次回第19話の考察予想

リリの心を溶かしてくれるのはやはりリアですね(^-^)

リアは本当に心が綺麗で優しくて美しくて、非の打ちどころのないヒロインのようです(o^―^o)ニコ

だからこそそんなリアの妹になってしまったことに罪悪感を感じるのは当然でしょうね( ノД`)シクシク…

そんな気持ちも丸ごと包み込んでくれるリアは凄いです♡

絶対にロベインなんかとくっつけてはいけません!!

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました