家に帰らせてください! ネタバレ 第13話

スポンサーリンク
家に帰らせてください!
画像引用:ピッコマ「家に帰らせてください!」
スポンサーリンク

漫画「家に帰らせてください!」はピッコマにて配信されています。

今回は「家に帰らせてください」第13話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

家に帰らせてください!【第13話】のあらすじ・ネタバレ

賢者

聖物は世界を創造し、自分を守る番人を決めました。

番人は聖物を見守りながらその知識を人々に広める活動をすると

番人を崇める人々から賢者と呼ばれるようになります。

人々が賢者の力にあやかろうと群がり出すと忽然と姿を消した賢者。

見えない存在となっても自分の責任を果たし続けているという伝説の人物が賢者でした。

エリンから渡された本から賢者の知識を得て、

益々どうやって賢者を捜したらいいのか分からなくなるベニー。

脱出

幻聴が間違いなく賢者の声だと確信していたベニー。

賢者だけが元の世界に戻る手がかりなのにと頭を抱えます。

裁判の日閉じ込められた部屋から必死に叫んでいたベニー。

窓も扉も完全に塞がれて打つ手がなく項垂れます。

すると突然扉が開いて侍女のローゼが忍び込んできます。

何度問い合わせてもベニーと連絡がつかずついには屋敷に侵入を試みたローゼ。

ベニーはローゼと一緒に部屋から抜け出しますが直ぐに気付かれてしまいます。

追手から逃れる途中また壁から伸びて来た手に引きずり込まれるベニー。

そこは異空間になっており驚きます。

光の先から脱出すれば裁判所に行けるという声の主。

自分は賢者だと名乗り、自分を捜しに来るようベニーに依頼します。

気遣い

本を読みながらエリンを待っていたベニー。

エリンが仕事を終えて急いで駆けつけると、ベニーが裸足なことに驚きます。

ベニーは急いで逃げて来たので靴を捨てたと苦笑いします。

エリンは跪いて自分のブーツを履かせてくれます。

エリンの男らしい振る舞いに胸がときめくベニー。

恥ずかしさを誤魔化そうと話題を振ります。

同じ騎士団の仲間に裏切られて傷ついたであろうエリンの心の傷を案じるベニー。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

真実

犯人のバナードは昔は自分を応援してくれていたと打ち明けるエリン。

身分制度のせいで辛い思いをして、変わることを望んでいたはずなのにと肩を落とします。

しかし自分の見たい部分だけを見て信じていたのかもしれないと自虐的に笑うエリン。

ベニーは傷ついているエリンを慰めようと決意します。

ベニー「私 賢者を見つけたら聞いてみます!バナードって人が騙していたのかどうか…!」

ピッコマ「家にかえらせてください!」

伝説の人物を信じているベニーが可愛くて癒されるエリン。

警告

ダニエルは皇女のフレイヤに呼び出されていました。

皇女は今回の件の黒幕がダニエルだと信じており喉元に剣を突きつけて警告します。

フレイヤ「覚悟はできているだろうな?

ピッコマ「家にかえらせてください!」

「家に帰らせてください!」第13話の感想&次回第14話の考察予想

ベニーを助けて裁判所まで導いてくれたのは賢者だったんですね(o^―^o)ニコ

この世界に引き込んだのも賢者だとすると、元のベニーではダメだったってことですよね(-_-;)

予知の力を利用してダニエルは何をするつもりなのか…

そして賢者はベニーに何をさせようとしているのか…

まだまだわからないことだらけです(;^ω^)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました