ピッコマ|「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」|ネタバレ 68話

スポンサーリンク
これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!
画像出典:ピッコマ「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」
スポンサーリンク

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」は原作Bak Hedam先生、作画pearjuice先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」68話を読んだ感想をご紹介いたします。



無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!
スポンサーリンク

これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!【第68話】のあらすじ・ネタバレ

ペルシルの過去

皇帝のメイド長であるペルシルは滅亡したロヒタン王国の王女でした。

そのことをペルシルから聞き驚くレイリン。

さらに、ペルシルには娘がおりその子は先代皇帝の子だと打ち明けます。

帝国の皇族は皆殺しにされたと聞いていたレイリンはその事実に驚きます。

ロヒタン王国が滅亡した後、貢物として帝国に来て現皇帝と出会ったこと。

成人したら結婚する約束まで交わしていた仲だったこと。

しかし急に現皇帝の兄である先代皇帝が心変わりをされて、

先代皇帝の側室になり娘を身籠った事を打ち明けられます。

その時に現皇帝のアシュエルがカリアードを使って謀判を起こし、帝国を我が物にしたという事でした。

ペルシルは自分のせいで血生臭い争いが起きてしまった事に恐怖を抱いていました。

それまで現皇帝の好意を受け入れていた気持ちも失せて、

皇宮から逃げ出したくて溜まらないと本音が零れます。

アシュエルの回想

部屋の外でレイリンとペルシルの会話を聞いていたアシュエルはペルシルの本音を知り落ち込みます。

自分が権力さえ得ればペルシルを悲しませることはないと思っていたのに…。

ペルシル「…陛下私に皇宮から出て行く許可を!地方の貴族と再婚し静かに暮らしたいのです」

ピッコマ「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」

アシュエル「一体なぜ…!あなたをモノ扱いする輩はもういないのですよ 余の気持ち知ってるでしょ?皇后になって余のそばにずっといてください お願いです…」

ピッコマ「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」

ペルシル「いっそ…私を殺してください 私は絶対に皇后にはなりません」

ピッコマ「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」

ペルシルの決意は固く、彼女を手放さない為には妻として側に居てもらうことを

諦めるしかありませんでした。

ただ純粋に想い合っていたはずなのに、このまま一生すれ違ったまま生きていくのかと

絶望感を抱くアシュエル。

ペルシルの願い

ペルシルは心から娘と共に静かに余生を送りたいと願っていました。

その気持ちに寄り添って同情するレイリン。

レイリンは話を変えて皇帝の年齢についてペルシルに尋ねます。

童顔だけでなく、行動や言動も幼いと正直に打ち明けます。

ペルシルは苦笑いで、周りからそのように見られているのが陛下のコンプレックスだと答えました。

陛下の子供の頃の話に花を咲かせている時、レイリンは何気に飲んだお茶の味に違和感を感じます。

香りはラベンダーなのに舌にピリッとした刺激を感じました。

何か変に感じながらも、ペルシルとの会話を続けます。

レイリンの提案

静かに暮らしたいと願うペルシルにレイリンはカリアード領はどうかと尋ねます。

人手が足りない場所が多いので、陛下さえペルシルを諦めてくれるのなら、

新しい名前も身分も用意すると提案します。

願ってもない提案に、ペルシルが応じようとしたところ皇帝が飛び込んできました。

全力でレイリンの提案を拒否する皇帝陛下。

その様子に嫌気がさしたペルシルは、レイリンに挨拶をしてその場を去ります。

皇帝はペルシルがソペンに来るつもりなら自分も必ず付いてくると

レイリンに脅しをかけてペルシルの後を追いました。

ベラの帰還

皇帝が去り、一息つくレイリン。

先ほどの皇帝とペルシルの過去の話を思い出し、改めてペルシルの態度に納得します。

ペルシルと皇帝の事を考えていると、誰かに声をかけられます。

ベラ「妃殿下ここにいらしたのですね ベラ・デイラオルただいま戻りました」

ピッコマ「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」

ベラの帰りを歓迎するレイリン。ベラも領地の事について報告しようとしますが、

その時異様な雰囲気を察知するベラ。

それは、さきほどレイリンが飲んだラベンダーティーが入ったティーポットでした。

ベラは急いで中身を確認します。

その緊迫した様子に慌てるレイリン。

ティーポットの中には吸い殻のようなものが入っており、先ほど変な味がしたのは

そのせいだと気分が悪くなるレイリン。

しかしそれはデリスも使っている劇薬の鎮静剤でした。

その事実に驚くとともに、鎮静剤を飲んでも平気な自分を不思議に思います。

ベラはレイリンの毒殺を企てた者がいると断言し、お茶を準備した人物を探し出すよう進言します。

それよりも毒である鎮静剤を飲んだのに、何ともない理由をレイリンは尋ねます。

ベラは星の欠片であるレイリンには鎮静剤は毒ではないことを教えてくれます。

鎮静剤が毒ではないと分かり、暗殺されそうになったことも忘れてウハウハなレイリン。

鎮静剤のせいで、今までデリスとのスキンシップを我慢してきたレイリンは

もう2人に残されているのはカラダで交わす熱い会話だけだとあれこれ想像します。

レイリンの奇襲

デリスとの食事中も妄想が止まらないレイリンw

これからは我慢せずにデリスに触れられると思うとドキドキが止まりません。

いつもと違う様子のレイリンを心配するデリスは、そっと優しくレイリンに触れます。

我慢せずに正直に話すレイリン。

レイリン「ううん…あなたを見て興奮しちゃって」

ピッコマ「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」

驚くデリスは聞き直しますが、レイリンはすかさず隙をついてデリスに襲い掛かります。

レイリン「今だ…奇襲キス!」

ピッコマ「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」68話の感想&次回69話の考察予想

皇帝とペルシルの過去の話を聞いてレイリンも驚いていましたね。

皇帝のあまりの執着ぶりに、ペルシルは昔好きだった気持ちも完全に冷めてる様子ですが(;^ω^)

ただの権力欲で謀判を起こしていたと思っていたレイリンは少し皇帝への見方が変わったように思います。

しかし、レイリンに毒を盛ったのは誰でしょうね…

今レイリンを傷つければデリスの逆鱗に触れると言うことがわかっていない人物??

今のところ誰であるか全くわかりません。というかレイリンは殺されかけた事も忘れて

デリスとの熱い夜を妄想しまくりですwww

可愛いけど、レイリンに鎮静剤が効かない事を知らないデリスに襲い掛かっても

絶対防御されると思いますが(;^ω^)さてさて奇襲は成功するのでしょうか?!

次回2人がついに結ばれるのか、目が離せない回になりそうです(^-^)♪

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました