ピッコマ|「公爵夫人は旦那様と別れたい」|ネタバレ 第9話

スポンサーリンク
公爵夫人は旦那様と別れたい
画像引用:ピッコマ「公爵夫人は旦那様と別れたい」
スポンサーリンク

漫画「公爵夫人は旦那様と別れたい」は原作Rantesias先生、作画Marucomicsの作品でピッコマにて配信されています。

今回は「公爵夫人は旦那様と別れたい」第9話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

公爵夫人は旦那様と別れたい【第9話】のあらすじ・ネタバレ

逆襲

ワインをぶちまけられて言葉を失うディフェン嬢の婚約者。

周囲はアイラの無礼な振る舞いを非難します。

そんな声に押されて婚約者もアイラに食って掛かります。

しかしアイラは全く気にするそぶりもなく言い返します。

アイラ「ラインハルト公爵夫人の私に怒鳴るなんて…卑しい言葉で私を侮辱したそっちの失態には負けるわね」

ピッコマ「公爵夫人は旦那様と別れたい」

アイラの言葉に言い返すことができず口を噤む婚約者。

興味

周囲が静まり返る中、急に大声で笑い出す声が響きます。

皆が驚いて声の方に注目するとそれは第一皇子のジェイドでした。

ジェイドは拍手をしながらアイラに近づくと仕返しの才能があると褒め称えます。

ジェイドはしかしまだ穏便な方だとアイラを庇います。

アイラは自分の肩を持つジェイドが意外だと思いながらも

騒ぎを起こした事に対して謝罪します。

ジェイドはアイラが謝る必要はないと言い退屈な時間を忘れさせてくれたとお礼を伝えます。

そして持っていたワインを瓶ごとディフェン嬢の婚約者の頭にぶちまけます。

自分の無礼な振る舞いを省みずアイラを非難したくせに何か文句があるのかというジェイド。

味方

アイラはどう考えてもアイラに好意的なジェイドに困惑します。

小説では全く接点がなかったと記憶しており、初見は処刑された日のはずと思います。

呆然と立ち尽くす婚約者に目障りだからさっさと消え失せろと命じるジェイド。

ジェイドはクロードと面識があるようで、アイラがどんな女性か気になっていたと話します。

するとアイラの後ろ側に視線を向けるジェイド。

何かあるのかとアイラもその方角を見るとクロードと皇帝が会場に戻ってくるところでした。

クロードが周囲を見渡して誰かを捜している様子を見てやれやれと呟くジェイド。

アイラの耳元でまた会おうと囁き去って行きます。

皇帝の思惑

クロードは皇帝といる間一人にしたアイラが心配で気が気ではありませんでした。

そんなクロードに気付かず皇帝は中立派のクロードに皇帝派について欲しいと仄めかします。

しかしクロードは答えを間違えないように慎重に言葉を選びます。

クロード「お言葉ですが陛下 私はまだ この帝国の安全を守ることだけに集中したいと存じます」

ピッコマ「公爵夫人は旦那様と別れたい」

皇帝はクロードの言葉を聞き入れ国の安寧のために尽くして欲しいとお願いします。

嫉妬

皇帝の元に急いで侍従が報告に訪れます。

それは中でアイラと皇子が起こした騒ぎについてでした。

クロードは目障りなジェイドがアイラに絡んでいないかと心配になります。

報告を受けて急ぎ会場に戻る皇帝。

クロードも皇帝に従って会場に戻ると丁度アイラにジェイドが何かを囁いている場面を目撃します。

体じゅうの血液が煮えたぎるような感覚に陥るクロード。

自分が嫉妬心に駆られていることを自覚します。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

新たな敵

アイラはジェイドの意味深な言葉にうんざりしていました。

小説の登場人物とはなるべく関わりたくないと思います。

するとクロードが鬼の形相で近づいてきます。

アイラはクロードの様子に何かしたかと慌てます。

すると別の殺気を背中から感じるアイラ。

思わず振り向くと美しいブロンドの女性がこちらを睨みつけていました。

アイラは直ぐに女性がヒロインのイディスだと気付きます。

ジェイドと関わった事でイディスがアイラに憎悪を向ける可能性を

失念していた自分を後悔するアイラ。

「公爵夫人は旦那様と別れたい」第9話の感想&次回第10話の考察予想

アイラよりもジェイドの方が爽快にやり返してくれましたね(;^ω^)

小説と全く違うキャラのジェイドはアイラに興味津々のようです…(-_-;)

しかもヒロインのイディスにも敵対視されてしまい、新たな問題が発生しそうな予感です(-ω-;)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました