ピッコマ連載中※一部有料|「ネット小説の法則」|ネタバレ 92話

スポンサーリンク
ネット小説の法則
画像引用:ピッコマ「ネット小説の法則」
スポンサーリンク

漫画「ネット小説の法則」は原作A Hyeon先生、作画Yu Han-ryeo先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「ネット小説の法則」92話を読んだ感想をご紹介いたします。

無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!
スポンサーリンク

ネット小説の法則【第92話】のあらすじ・ネタバレ

陸の怒り

下校時刻の数時間前ー

お昼休憩中に穂乃花に食ってかかった友梨が友達に慰められていました。

寄ってたかって穂乃花を批判するところを目撃した朱里は思わず文句を言いに行こうとします。

それを未然に防いで朱里を止める陸。

朱里の為に怒ってくれた友達を批判すれば、朱里が孤立することになると言う陸。

構わず出て行こうとする朱里は陸の方が今にも溢れそうな怒りを抑え込んでいる様子を目にして

辛うじて思い留まる朱里。陸はその後朱里に言い聞かせます。

陸「噂が落ち着くまで我慢してくれ それと当分の間穂乃花とは別々に下校しろ どういう意味かわかるな?」

ピッコマ「ネット小説の法則」

朱里の涙

玄関の前で朱里の声にはっと気づく穂乃花。

先ほど冷たく自分の前で玄関の扉を閉めた朱里は穂乃花の想像でした。

穂乃花は恐る恐る朱里に質問します。

穂乃花「朱里は…噂信じる?

ピッコマ「ネット小説の法則」

不安でいっぱいの穂乃花に朱里は勢いよく答えます。

朱里「何言ってるの!?なんで私があんな噂信じるのよ!私がそんなにバカだと思う!?

ピッコマ「ネット小説の法則」

泣きながら否定してくれる朱里を見て、穂乃花は慌ててしまいます。

謝る穂乃花に朱里は穂乃花に疑われたと思っているわけではなく

噂を流した犯人に怒っていると言います。

朱里「どこのどいつか知らないけどきっと殺してやる…許さない…よりによって穂乃花の噂を…見てろよ…

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花は不安な気持ちも吹き飛んでこのままでは大変なことになると慌てます。

朱里には犯人を捜すとかみんなに言ってはいけないと言い聞かせます。

友梨は朱里のために怒ったのだから、穂乃花の味方をしたら仲たがいしてしまうと危惧します。

しかし朱里はきっぱり穂乃花に告げました。

朱里「関係ない 変な噂信じて穂乃花を傷つけた子なんか そんな子友達なんかじゃない

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花は喜んではいけないと思いつつも朱里の言葉に感動してしまいます。

 

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

朱里の強さ

穂乃花のために本気で怒る朱里は、このまま犯人を許してはいけないと穂乃花に告げます。

何が何でも真実を明らかにして謝ってもらわなければいけないと言う朱里。

穂乃花は今までどれだけ傷つけられても大丈夫だと笑い我慢してきた朱里を思い出します。

自分はもしかしたら恵理たちの言うように自己中心的で悪口を言われるような人間かもしれないが

穂乃花はそんな人間じゃないと泣きながら抗議して自分のことのように怒る朱里。

そこで改めて今まで本当は大丈夫じゃなかった朱里の気持ちに気付く穂乃花。

穂乃花「ううん…朱里よく聞いて 朱里は何も悪くない そんな人たちのために自分自身を卑下しないで

ピッコマ「ネット小説の法則」

泣きながら抱き合う穂乃花と朱里。

イルーダの決心

帰り道寄り道した公園で考え込むイルーダ。

イルーダは人の心に寄り添えない自分の心を振り返ります。

今まで泣くだけで現実的な解決策を考えない人間が嫌いだったイルーダ。

しかし今日噂に苦しめられて涙を流す穂乃花を見た時

自分の中には明らかに怒りがこみあげていました。

それは泣いている穂乃花を責める怒りではなく、穂乃花を傷つけた人間に対する怒り…

穂乃花が孤立することは自分が望んでいた展開なのに、全く喜べない自分に気付きます。

イルーダはある人物に電話をかけます。

イルーダ「わかった…やるよ

ピッコマ「ネット小説の法則」

それはアンチサイトを作ったアカウントの持ち主である警備員を調べる依頼をしてきた仁に対する回答でした。

「ネット小説の法則」92話の感想&次回93話の考察予想

良かったです~~~~~(≧◇≦)

前回の終わり方が穂乃花を朱里が拒絶する場面で終わっていたので不安でいっぱいでしたが

あれは不安な気持ちが膨らんだ穂乃花の想像でしたね(;^ω^)

朱里と穂乃花の絆は噂ごときで崩れないと信じていたのでほんとに良かったです(泣)

そしていままで朱里がどれだけ我慢してきたのかも明らかになり、穂乃花は本当の意味での朱里の強さと弱さを知ったんではないでしょうか…

さらに2人の絆が強くなり噂に立ち向かってくれると思うので、解決したわけじゃなくても

希望が抱ける終わりになりました。

そして、もう一人強い味方ができましたね(^^♪

イルーダは自分のものになるなら穂乃花が傷ついても良いと言っていましたが

それとは反対の気持ちに気付いてくれましたヾ(≧▽≦)ノ

穂乃花が好きなら、穂乃花が不幸になる姿は見たくないと思うごく普通の気持ちに

気付くことができて本当に良かったです!!

次回は協力してくれることになったイルーダのおかげで反撃に出るのでしょうか??

早く犯人明らかにして平和が訪れて欲しいです(T_T)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました