私のいる場所 ネタバレ 第25話

スポンサーリンク
私のいる場所
画像引用:ピッコマ「私のいる場所」
スポンサーリンク

漫画ピッコマ「私のいる場所」は原作Han Si Nae先生、漫画5hoo先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「私のいる場所」第25話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

私のいる場所【第25話】のあらすじ・ネタバレ

驚愕の事実

オリータは男性と関係を持ったか、行為をしたのはいつ頃かと確かめます。

アーシャはオリータの確信している目を見て嘘を突き通すのは難しいと判断します。

そしてオリータから驚愕の事実を知らされるアーシャ。

アーシャ「王女様は今…妊娠しています

ピッコマ「私のいる場所」

アーシャは以前妊娠は難しい身体だと言われて、それを鵜呑みにしていました。

しかしオリータは可能性はゼロではなく女性の身体は常に未知数だと答えます。

妊娠の事実を知らず虫歯の薬を服用したことが原因で今回の症状が起きていました。

アーシャは突然お腹の子供がどうなったのか気になります。

オリータは今回は流れておらず、薬を飲めば問題ないと伝えます。

選択

オリータが人払いをしたのには訳がありました。

今妊娠の事実をしっているのは自分だけなので極秘に処理することができると仄めかすオリータ。

試薬を飲むだけで身体に負担なく今まで通りの日常を取り戻せると打ち明けます。

しかしその提案を全力で拒否するアーシャ。

オリータは捜査局にアーシャの診療日誌を治めるため

隠し通すことは困難だと伝えます。

ダニエルが黙って見逃すとは思えず堕胎の命令が下るかもしれないと心配するオリータ。

アーシャは何とか報告の先延ばしにして欲しいとお願いします。

元々生理不順だった自分なら月のモノが来ていなくても怪しまれることはないと言うアーシャ。

ダニエルの機嫌が良い時を見計らって自分で報告すると訴えます。

子供の人生

オリータは自分の主はダニエルのためアーシャの願いは聞き入れられないと答えます。

アーシャは何とか一ヶ月だけ待って欲しいとお願いします。

しかしオリータは冷たい現実を突きつけます。

オリータ「王女様は四年半後に死刑を宣告される可能性が高いです そうなればお子の人生はどうなるでしょうか?」

ピッコマ「私のいる場所」

産んだ後も問題は解決されずむしろアーシャの罪を子どもに背負わせることになるというオリータ。

アーシャはオリータの進言に言葉を返すことができませんでした。

天秤

ヘイリーは何事もなく体調が回復したアーシャを見て心から安堵します。

アーシャは言いつけ通り栄養のあるものをたくさん摂るように努めます。

ふいにイダンの言葉を思い出すアーシャ。

自分の血筋は残したくないと笑っていた言葉を思い返します。

自分が妊娠できると思っていなかったアーシャはあの時は深く追及しなかった子供について考えます。

アーシャ「子どもを産んだら…無償の愛をあげるって心に決めてた…私が両親からもらえなかったからこそ それにイダンに似た子だったら…諦めたくないわ

ピッコマ「私のいる場所」

アーシャは子どもを授かって何としても生き残ろうと決意します。

王族の名誉などどうでもいいとさえ思うようになったアーシャ。

イダンに連絡を取る方法を探るために動き出します。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

逃れられぬ罪

久々に王家の食事に顔を出したアーシャ。

早速ウィリアムの妻ローズマリーから罵られます。

監禁された身とは言え豪華な食事をしてスターを招待して誕生日のお祝いまでしたと知り

我慢ならないローズマリー。

夫の無念を思い何としてもアーシャが

人並みの暮らしができず苦しむ姿を見るまで諦めないというローズマリー。

アーシャはローズマリーの望みを聞きある考えが浮かびます。

「私のいる場所」第25話の感想&次回第26話の考察予想

Σ(゚Д゚;エーッ!妊娠してたんですね( ゚Д゚)

これは何としてもイダンに連絡して逃げるべきだと思います‼

でもオリータは一ヶ月の猶予をくれたと言ってもいつバレルか時間の問題です…

ローズマリーがアーシャが王宮から出ることを望んでいると聞き

めちゃめちゃタイミングが良いと思ったのは私だけでしょうか??

宮殿から出てアメニティにも足を踏み入れられないなら

むしろ逃げようとしているアーシャにとっては好都合だと思います(;^ω^)

この好機をどうやって生かすんでしょうか??

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました