ピッコマ|「人生勝ち組令嬢が通ります」|ネタバレ 第10話

スポンサーリンク
人生勝ち組令嬢が通ります
画像引用:ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第10話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

人生勝ち組令嬢が通ります【第10話】のあらすじ・ネタバレ

代理人の正体

代理人の容姿の美しさに固まってしまったアーデルを不審に思い声をかける代理人。

日差しが眩しかったようだと検討違いの事を言う彼に冷静さを取り戻すアーデル。

よく考えれば顔の噂だけで国中の話題を独占しそうな彼を父が知らないはずがないと思います。

まずがしっかり相手が何者か突き止めようと少ないヒントの中から探し始めるアーデル。

彼の持ち物や見た目の年齢から目星をつけようとするアーデルはある事に気付きます。

アーデル「あれは剣を下げるための…聖騎士だったのね

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

じろじろ眺めていたのを気づかれていたアーデル。

大神殿の中で地位が高い人間はほとんどが司祭だが、一人だけ例外がいることに思い当たります。

挨拶が遅れたと謝る代理人にもう一度こちらから挨拶をするアーデル。

アーデル「サン・フィデリオ騎士団長さまに ご挨拶申し上げます」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

氷のような男

自分から名乗った覚えはないと冷たい視線を送る騎士団長。

アーデルはしれっと自分の推測だと言いつつ騎士団長の服を確認します。

視線の先が自分の服だと気付いた団長はこれは騎士団の制服ではないと答えます。

しかし気付けるヒントは沢山あったと気付くアーデル。

誤解であれば罰を受けると申し出るアーデルの言葉に

自分の身分を認める騎士団長。

アーデルはケハルンの氷窟から出て間もないことまで言い当てて

自分の事を見透かされるのが嫌いな団長は冷ややかに対応します。

彼の純粋な反応に笑いが込み上げるアーデル。

ヒント

団長のような容姿端麗で地位の高い人物が噂にならないわけがなく

彼を見た人物は誰もいなかったという事実に辿り着くアーデル。

アーデル「南部にいる私でさえ 面識のない方が 騎士団長になられたということは 当然氷窟の修練を終えられたのだと推測しただけです」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

アーデルの目的

騎士団長は話題を元に戻して用件は何かともう一度尋ねます。

アーデルは自分の人生がかかった問題だと含みをもたせます。

変な噂が立つのは困るので詳しく契約結婚の説明はしたくないし、

大司教には自分に見合う花婿候補を紹介してもらうつもりだったアーデル。

しかしその時目の前にいる人物を見て思いつくアーデル。

自分に見合う適当な人物どころではない人材だと思います。

有能で出世は間違いなし、外見については国民平和のシンボルのような美男子で

まさに自分が望んでいた条件以上だと興奮するアーデル。

アーデルは気持ちを落ち着かせて相手の名前を伺います。

キリオン「キリオン・セチアと申します」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

個人情報

名前からは聞いた事のない家門だと思うアーデル。

家門の力が強くないことが大切な条件だったと喜ぶアーデル。

さらには年齢を聞き出すために自分より若そうなのに

騎士団長とは素晴らしい実力だと嘘をつくアーデル。

年下に見られた事に不快感を示し、自分は26歳だと答えるキリアン。

そして最後に既婚者でないことをそれとなく確認しすべて条件クリアとなるキリアン。

アーデルはここで出会わせてくれたことが神様のお導きだと

いきなり信仰心が芽生えます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

最後の条件

最後に一番大事な条件を確認するアーデル。

アーデル「団長さまは金髪はお好きですか?」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

質問の意図が全く分からず頭に?マークが浮かぶキリアン。

「人生勝ち組令嬢が通ります」第10話の感想&次回第11話の考察予想

やっぱりお婿さん候補に決定ですね♡

でも自分より美しい人と結婚して周りからの悪口に耐えられるんでしょうか…(;^ω^)

アーデルは強いから気にしなさそうですけど、普通は嫌だよね(;^ω^)

キリアンは全然人間味がなくてちょっと怖いくらいです(=_=)

態度が冷たく見えるだけで本当は温かい人なんでしょうか…

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました