ピッコマ|「人生勝ち組令嬢が通ります」|ネタバレ 第9話

スポンサーリンク
人生勝ち組令嬢が通ります
画像引用:ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第9話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

人生勝ち組令嬢が通ります【第9話】のあらすじ・ネタバレ

父の教え

アーデルは父から商いに関する知識を詰め込まれていました。

父からこの世にタダの物はひとつもないと商売の真理を教わります。

無償で提供した宿を利用したり寄付品を取り扱う者の中から10人は大物になり

さらにその中の5人は南部を手中にし、さらのその中の頂点に立つものは

帝国を揺るがすほどの権力を手にするだろうと話す父。

繰り返し何度も聞いて来た言葉についこの間も同じセルフを聞いたと突っ込むアーデル。

しかし父は大きな利益を手にするために小銭を惜しんではならないとアーデルに伝えます。

今になってやっと父の教えは正しかったと実感するアーデル。

秘密厳守

副司教はとりあえず神殿の内部には案内したものの

大司教は留守だともう一度伝えます。

しかしアーデルは諦めず大司教の代理がいらっしゃるはずと譲りません。

副司教は代理人に面会はできるが想像の斜め上を行く方なので

思い通りにはいかないと忠告します。

そして中で見たことと話した内容は口外しないようにと釘を刺す副司教。

アーデルは商売をする者は取引相手の情報の秘密厳守は基本だと

難しい要求ではないと答えます。

しかし副司教の言葉に中に秘密で飼っているドラゴンでもいるのかと首をかしげます。

副司教の教え

副司教は代理人の元に案内する前に話したいことが50ほどあると話します。

注意事項の多さに嫌気がさしたアーデルはジェイリーンを生贄に捧げます。

アーデルの目の合図で副司教が邪魔だと察したジェイリーンは

その場から副司教を連れ出します。

代理人

ついに代理人の部屋の前に辿り着くアーデル。

扉に触れる前に自然に開いて驚くアーデル。

目の前の不思議な出来事にこれが聖力の力なのかと思います。

しかし扉の先は真っ暗で何も見えません。

副司教が説明にしようとした内容はこれなのかと後悔するアーデル。

一先ず高職位の司祭が居ると判断して丁重に挨拶します。

すると暗闇の中から声が帰ってきます。

??「…顔を上げてください」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

凛としていて重みがある声だと思うアーデル。

清らかな声から声の主が想像より若そうだと思います。

取引

真っ暗闇の中でそのまま会話が続けられることに違和感を感じながら

事前に面会の申し込みができなかったことを謝罪するアーデル。

よほど重要な用件なのだろうと皮肉を言う声の主。

たいしたことない理由で自分の手を煩わせたら許さないと言う無言の圧力に

気圧されるアーデル。

父以外でこのような緊張感を抱くのは初めてだと思います。

大司教は以前遠くから見かけたことはあるが特に記憶に残る人物ではありませんでした。

いつも父が代表でサン・フィデリオの大神殿に行っていたため

アーデルはいつも2番目に大きな神殿の宗教行事に参加していました。

今になってそれが悔やまれるアーデル。

事前に来ていればもっと簡単に取引ができたかもしれないのにと思います。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

神の降臨

代理人はセルジオ家が神殿に多大な支援をしていると聞いたと話し出します。

何が目的なのかと言う直球の質問にいきなり結婚とは言い出せず

何と返すべきか迷うアーデル。

するとまさか結婚が望みだとは思わない代理人は

馬鹿にしたように神殿を訪れる者の望みはほとんど同じで

権力か金かと詰め寄ります。

しかし両方持っていると答えるアーデルに

今度は魔塔を支配する魔力か誰かを害して欲しいのかと検討違いの予想を言い出します。

それにもすでにケイデンがおり、さらには敵であるノエルも1年後には居なくなる運命なので

必要ないと思うアーデル。

しかしそのまま伝える訳にいかずそれらくし誤解を生まないように答えます。

アーデル「エネス神は命は尊いと仰いました それから 先に申し上げると永遠の若さも 高貴な身分も 死後の安息も望んでおりません」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

それならばと絶対的な美しさを求めているのかと問いかける代理人。

それについてもこれ以上は必要ないと答え

神の前では全て無意味だと悟りを開いたふりをするアーデル。

すると代理人が急にカーテンを開けたためまばゆい光が差し込みます。

目が眩んで開けられないアーデル。

徐々に光に馴染んでくると光の中にたつ神々しい美青年に目を奪われるアーデル。

心の中で父親に悪態をつきます。

アーデル「神殿に神が住んでいるとは聞いていません!

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

「人生勝ち組令嬢が通ります」第9話の感想&次回第10話の考察予想

強引に神殿に入り込んだアーデルww

副司教はアーデルに押されてタジタジでしたね(;^ω^)

やっと会えた大司教の代理人は神の生まれ変わりかと思う程の美青年でした( *´艸`)

彼がアーデルの旦那様候補になるんでしょうね♡

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました