ピッコマ連載中※一部有料|「ネット小説の法則」|ネタバレ 95話

スポンサーリンク
ネット小説の法則
画像引用:ピッコマ「ネット小説の法則」
スポンサーリンク

漫画「ネット小説の法則」は原作A Hyeon先生、作画Yu Han-ryeo先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「ネット小説の法則」95話を読んだ感想をご紹介いたします。

無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!
スポンサーリンク

ネット小説の法則【第95話】のあらすじ・ネタバレ

友梨の目的

穂乃花「…話したいことって?」

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花が呼び出した理由を友梨に質問すると

友梨は完全に穂乃花を犯人扱いして話始めます。

友梨「ごめんね…隠してることまで暴露しちゃって いくらあなたが悪かったとしてもみんなの前で言ったのは私が悪かったわ みんながあなたの本性を知って陰口言ってるの…ツラいでしょ?」

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花が謝るふりをして責めてくる友梨に目的が何なのか尋ねます。

友梨「う~ん…転校するのはどうかな?あなたは有名でもないし平凡だから他のところでひっそり生きてればすぐ友達もできるよ こうなったのは私のせいでもあるから…転校した後は噂がなくなるように協力するから 本当にあなたのこと考えて言ってるの」

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨の計画はまるで犯人が穂乃花であるような噂を流して、その状況に耐えられなくなった穂乃花が

転校するように仕向けること。

そうすれば噂がほんとうだったと自ら認めることになり、朱里や四天王は穂乃花をこれ以上

庇うことはしないだろう。

友梨はさらに穂乃花を追い込むために話しを続けます。

友梨「そんなあなたをずっと見ている朱里ちゃんのことも考えてみた?あなたのせいで傷ついてる朱里ちゃんはどう思ってるかな?」

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花はまだ友梨が犯人だとは知らなかったので、朱里の為に穂乃花を呼び出したのは

朱里に謝罪させるためだと思っていました。

それなのに出てくる言葉は犯人ではない穂乃花には検討違いのものばかり。

聞くには値しない話だと判断し、話が終わったのならもう帰ると伝えます。

淡々として何も傷ついていないような穂乃花の態度に焦りだす友梨。

帰ると言う穂乃花を必死に引き留めます。

友梨「なんでそんなに平気でいられるの!?本当にこのまま学校に通うつもり?」

ピッコマ「ネット小説の法則」

学校に来るかどうかは友梨には関係のないことだと切り捨てる穂乃花。

さらに激高して穂乃花に嚙みついてくる友梨。

友梨「罪悪感てものはないの?あんたがそういう人だってみんなが知ってるんだから!

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花は自分が犯人ではないことは自分自身が一番よくわかっています。

穂乃花「私が事実じゃないって言ったとしたら?」

ピッコマ「ネット小説の法則」

宮本穂乃花

友梨は自分が事実じゃないと言えば信じてもらえると思っている穂乃花を馬鹿にします。

友梨「そもそもなんで噂になったと思う?みんながそれが事実だって思ってるから広まったんじゃない あんたがいくら違うって言っても関係ないのよ」

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花は友梨を真っ向から否定します。

穂乃花「あんたがそこまで信じてる噂の力だけどね…思ったより強くないよ あんたの言う通り噂がそんなに重要なら朱里も他の友達も既に私から離れてるよ」

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花は自分を信じてくれる友達のために堂々と友梨に告げます。

穂乃花「でも違う 朱里たちは私がどんな人なのか知ってるから そんなもので私と友達の仲を裂くことはできないよ

ピッコマ「ネット小説の法則」

噂を信じるような人は最初から友達なんかじゃない。

自分が持っているものが何なのか改めて分かっただけだと伝えます。

最後に友梨に留目を刺す穂乃花。

穂乃花「だからあんたの噂も あんた自体も 私にはどうってことない

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨の怒り

穂乃花の言葉を聞いて頭に血が上る友梨。

綿密に計画して自分の思い通りに事は運ぶはずでした。

しかし穂乃花は噂で失ったものはないと堂々と言い放ちます。

しかし諦めきれない友梨はまだ穂乃花を追い込もうとします。

穂乃花はそんな友梨をあざ笑うように友梨が朱里の為と言っているのは可笑しいからやめろと伝えます。

噂を1ミリも信じていない朱里のためではなく、自分のためだというのを誤魔化してるようだと核心を突きます。

いつか痛い目を見る前に今回のような事は止めた方が良いと伝えて屋上を後にしようとします。

友梨は穂乃花の言葉に過剰に反応して穂乃花を追いかけてきます。

友梨「あんた…一体何を信じてそんなに自信満々なのよ?四天王と朱里ちゃんがあんたの友達だから?それだけでそんなに自分に自信持てるわけ?あんたがかわいいから?ケンカに強いから?それとも家がお金持ちだから?そうでもないのに友達だけを信じてこうしていられるってことでしょ?

ピッコマ「ネット小説の法則」

穂乃花は呆れて笑ってしまいます。

友梨は朱里や四天王を自分の価値を高める付属品か何かと勘違いしているようでした。

穂乃花の態度に本性を現した友梨は穂乃花を許さないと怒ります。

しかし穂乃花は静かに怒りを込めて友梨を威嚇します。

穂乃花「私はあんたの根拠のない言葉で行きかう人たちにも悪口を言われた でもあんたはこのくらいで私のこと許さないって?それじゃあ…私はあんたを殺せばいい?

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨は穂乃花の言葉に顔色が変わります。

どうみても平凡そのものの穂乃花を見て

何故自分の好きな人が穂乃花に好意を抱いているか理解できない友梨。

ついにブチ切れた友梨が穂乃花に掴みかかります。

友梨「こんな女のどこがいいのよ…あんた本当に許さない あんたもあんたの家族もあんなこと言ったんだから責任とってもらうから 私が誰だかわかってるの?」

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨の言葉に呆れながら隠れた正体でもあるのかと問いかける穂乃花。

友梨は穂乃花を階段の際に追い込み恐ろしい事を考えます。

友梨「噂が…私が大したことないって?あんたが自分の立ち位置を知らないっていうならわからせてあげる 外から見れば私は友達の不幸を心配するいい子で あんたは幼馴染に嫉妬してアンチサイトまで作った悪い女よ 私があんたを突き落としたって言っても誰も信じないでしょうよ

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨が穂乃花に手を出そうと不敵な笑いを浮かべていたその時

後ろからある人物が現れます。

陸「お前 何やってんだ?

ピッコマ「ネット小説の法則」

 

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「ネット小説の法則」95話の感想&次回96話の考察予想

ついに友梨と穂乃花の直接対決でしたね!!

友梨さん…めちゃくちゃ悪い子でしたね(-_-;)言ってる事めちゃくちゃだし。

なんでアンチサイトの当事者でもない友梨が穂乃花に転校しろとか言うのか理解不能です。

朱里が噂を信じて穂乃花に消えて欲しいっていったならわかるけど(-_-;)

でも穂乃花の毅然とした態度に友梨は思い通りにならなくて怒り心頭でした。

いやいやあんたが怒る意味がわからんし…と思いながら最後まで読み進めるの大変でしたよ(~_~;)

穂乃花は犯人じゃないんだから、何を言われても淡々と冷静に対応して流石って感じでした(^^♪

最後は友梨が犯罪行為を犯す手前で陸が登場してくれてほっとしました。

ほんまに恐ろしいです…ただの嫉妬であんな卑劣な事ができるなんてただただ驚き(~_~;)

朱里もまた傷ついちゃうかもしれないけど、穂乃花や四天王の助けを借りて乗り越えて欲しいです!!

次回は助けに入った陸がガツンと言ってくれることを期待したいと思います(^_-)-☆

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました