ピッコマ連載中※一部有料|「ネット小説の法則」|ネタバレ 96話

スポンサーリンク
ネット小説の法則
画像引用:ピッコマ「ネット小説の法則」
スポンサーリンク

漫画「ネット小説の法則」は原作A Hyeon先生、作画Yu Han-ryeo先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「ネット小説の法則」96話を読んだ感想をご紹介いたします。

無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!
スポンサーリンク

ネット小説の法則【第96話】のあらすじ・ネタバレ

真実

陸「お前何やってんだ?

ピッコマ「ネット小説の法則」

声が聞こえた瞬間友梨は声の主に気づきました。

穂乃花を突き落とそうとした手を友梨が緩めた隙に、穂乃花を奪い取る陸。

さらに汚いものでも見るような目つきで友梨を威嚇する陸。

陸「お前今何しようとした?

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨は必死に言い訳を考えますが、陸に核心を突かれます。

陸「何が違うんだよ 今穂乃花のこと突き落とそうとしてただろ

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨はまだ間に合うはずと必死になって否定しようとしますが

陸は穂乃花を守るように強く肩を抱きながら真実を伝えます。

陸「俺がいつから聞いてたと思ってんだ?最初から最後まで全部だよ」

ピッコマ「ネット小説の法則」

その言葉を聞いて絶望の淵に落とされる友梨。

陸「穂乃花を許さないって?その言葉そのままお前に返してやるよ 穂乃花に手を出してみろ その時は俺がお前を許さねぇ

ピッコマ「ネット小説の法則」

仁の追い込み

陸と穂乃花が去っていく後ろ姿を眺めながら、先ほどの出来事を思い出す友梨。

屋上に途中から上がってきた人はおらず、自分の後ろから現れた陸は

やはり言葉通り最初から屋上に隠れていたことを知る友梨。

陸の自分を見る軽蔑した眼差しを思い出し、吐き気を催す友梨。

すると後ろから肩を叩かれます。

そこには仁の姿がありました。

友梨が傷ついたふりをして仁の名前を呼ぶと、いつもの優しい笑顔を仁が見せてくれます。

仁はおもむろにスマホを取り出すと友梨に質問します。

仁「これ 君が知ってる人のものかなと思って」

ピッコマ「ネット小説の法則」
友梨
友梨

ちょっと手伝ってください

女の子一人転校させたいんです

そこには自分が警備員宛に送ったメッセージが記されていました。

即座に警備員の野村のスマホだと気づく友梨。

先ほどのバイブ音もこのスマホからだと気づきます。

しかし笑顔の仁がまだメッセージの真意に気付いていないかもと親切心を装って

返却しておくと伝えます。

しかしスマホは渡さず真実を伝える仁。

仁「そうだよねこのメッセージは君が送ったんだから これは君のボディガードのスマホだもんね」

ピッコマ「ネット小説の法則」

仁の言葉が信じられないとでも言うように、他人のスマホを見たことを責める友梨。

仁は慌てる様子もなく許されない事は分かっている。そもそもこのスマホは盗んだ物だと告げます。

仁「他に方法がなかったんだ 君が朱里のアンチサイトを作って その罪を穂乃花になすりつけたって証明する方法がね

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨は全てを把握しているような仁に恐怖を覚えます。

友梨「どういうこと…?私がやったことを全部知ってる…?それに野村さんのスマホを盗んだですって?どんな手を使ったの?

ピッコマ「ネット小説の法則」

イルーダの活躍

協力すると言った翌日すぐにイルーダは動いてくれました。

イルーダの父親が経営する会社に所属している警備員が友梨の警護を担当しており、

その警備員のスマホを盗み出してくるイルーダ。

スマホには友梨がアンチサイトを作るよう指示したメッセージがしっかりと残されていました。

イルーダなら仕事が早いと思ってはいたが、たった1日で証拠を持ってきたことに驚く仁。

仁はイルーダに親近感を抱きますがイルーダには嫌いだと言われます。

そう言われても何故か嬉しそうにする仁。

 

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

仁の望み

証拠を握られて慌てる友梨はどうして欲しいのか聞いてきます。

謝罪すれば良いなら、朱里と穂乃花には謝ると縋りつきます。

しかし仁の顔から笑顔が消えていきました。

仁「何も考えない人の何が問題だかわかる?謝ればなかったことになるって思ってること

ピッコマ「ネット小説の法則」

自分がしたことの責任も取らず、やったことに対して微塵も罪悪感を持たない人の謝罪が

意味があると思うのかと問い詰めます。

友梨はいつも朗らかで明るい仁しか知らなかったため、目の前の冷血な仁を見て驚愕します。

仁はいつもの姿が本当の姿とは限らないと笑顔で答えます。

追い詰められた友梨は涙を浮かべて懇願します。

友梨「…全部私が悪かった!私が間違ってた!だからお願い…陸くんには言わないで!

ピッコマ「ネット小説の法則」

友梨の必死な姿を軽蔑した眼差しで眺見つめる仁…

「ネット小説の法則」96話の感想&次回97話の考察予想

う~ん…予想以上に友梨さん追い詰められましたね(;^ω^)

陸というより、仁くんに追い込みかけられてしまいました。

陸はとにかく穂乃花のフォローが優先だからその場をすぐ後にしましたね(^-^)

人の感情に寄り添えないって言ってた仁くんが、穂乃花や朱里の為にここまで

怒るとは思えないので、やっぱり友達を大切にする心は持ってる気がします(T_T)

証拠も握られちゃってるし、家の力も陸には及ばないし、多分友梨さんは転校することに

なるんじゃないでしょうか…。

それにしても悪いことしたとは言え、相手を徹底的に追い込むのは何だか後味が悪いです(-_-;)

分かり合うことは無理でも、許す心は持てたらいいなと思いました…

次回は仁がさらに友梨を追い込む展開になるのでしょうか?!

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました