ピッコマ|「冷血皇子と捨てられた王女」|ネタバレ 第29話

スポンサーリンク
冷血皇子と捨てられた王女
画像引用:ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」
スポンサーリンク

漫画「冷血皇子と捨てられた王女」は原作Kim Cukdas先生、漫画Neff先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「冷血皇子と捨てられた王女」第29話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

冷血皇子と捨てられた王女さま【第29話】のあらすじ・ネタバレ

皇帝軍到着

皇帝軍が到着したと報告を受けるシュベリオン。

母である皇后のテルビオン殺害計画が失敗して直ぐに皇帝自ら動き出すとは

相当テルビオンを恐れているようだと呆れるシュベリオン。

罪名は命令不服従かアンザークとの内通のようだと聞き

そうなればアレクシアも罪に問われることになると思うシュベリオン。

シュベリオンは思い立ったようにテルビオンより先に皇帝軍に会う手配をしろと命じます。

罪状

皇帝軍の騎士「ドミトリー・ラディオス」がテルビオンに挨拶します。

すると同じタイミングでシュベリオンが出てきて驚くドミトリー。

皇帝からの書信を見せるドミトリー。

口を開けば罵りあうテルビオンとシュベリオン。

言い合いをする2人に呆れてそろそろ皇帝からの命を伝えても良いかと申し出るドミトリー。

皇帝からは2人とも連れ戻しそれぞれの罪を問うという命令が下されます。

テルビオンは予想通りだと思いますがシュベリオンは身に覚えがなく驚きます。

罪名は書かれておらず、今後の行動次第で決まるという一種の脅迫だと受け取る皇子たち。

そしてシュベリオンもテルビオンも皇帝が欲を出し過ぎていると意見が一致します。

拒否

さらにはアンザークの王女であるアレクシアも護送するよう命じていた皇帝。

即答で拒否するテルビオン。

殺気を放ち有無を言わせぬテルビオン。

シュベリオンは口を挟もうとしますが、妻の件は自分が解決すると言い張るテルビオン。

ドミトリーは皇子二人の言い分を聞いて護送は一筋縄ではいかないと察します。

容態

アレクシアの容態を確認するテルビオン。

まだ昏睡状態で、ルートヴィヒからハンスの見立てでは生まれつきの身体の弱さが災いして

体力の回復が異常に遅いと報告を受けます。

テルビオンは今の状況はむしろ好都合かもしれないと思います。

寝返りを打ったアレクシアに触れようとして手を止めるテルビオン。

そのままそっと布団をかけ直します。

ルートヴィヒはアレクシアを気遣う姿を見て心底驚きます。

ルートヴィヒ「手が冷たいことに気づき 触れることすら惜しまれるとは…このようなお優しい姿は初めて見る」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

疑惑

テルビオンは自分が不在の間のアレクシアとシュベリオンの様子をもう一度確かめます。

報告通り側にいるよう強要したシュベリオンをアレクシアが拒否した以外は

何も起こっていないと伝えるルートヴィヒ。

しかし察しの良いテルビオンはシュベリオンの反応からして

きっと知らない何かがあると思います。

アレクシアの側には自分がついているので護衛たちを休ませるよう命じるテルビオン。

殺気

ルートヴィヒは一切の業務から手を引くのかと確認します。

皇帝命令だから仕方ないと言うテルビオン。

オベロン城の主導権を皇帝が奪うと知り納得がいかないルートヴィヒ。

テルビオンは昔話を始めます。

テルビオン「ルートヴィヒ お前は陛下が幽閉を解いた時の言葉を覚えているか?」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

皇帝は魔物の森からの幽閉を解く代わりに自分専用の影となれと命じていました。

ルートヴィヒは全てをテルビオンの側で目撃していたのでもちろんだと答えます。

しかしルートヴィヒは良いように使われると知りながらなぜ皇帝の手を取ったのか

未だに理解に苦しんでいました。

テルビオンは森を出る唯一のチャンスを掴んだだけだと答えます。

しかし魔力をコントロールできるようになったテルビオンには

他にもいくらでもチャンスがあったと思うルートヴィヒ。

テルビオンはその方法以外で森を出れば、四六時中皇帝から命を狙われ

我慢の限界を迎えていたと呟きます。

恐る恐る何をと尋ねるルートヴィヒ。

すると小説の設定通り冷血な皇子の表情をするテルビオン。

テルビオン「殺戮 皇帝に従うハルベンキアの全てを 殺していたという意味だ」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

「冷血皇子と捨てられた王女」第29話の感想&次回第30話の考察予想

ついに皇帝軍がやってきました(◞‸◟)

テルビオンはその気になればすぐに反逆を起こせると思うのですが…

そうしないのはアレクシアのためなのかな??

でもアレクシアを殺そうとしているのは皇帝だと思うんだけど…

ちらちら出てくるテルビオンとアレクシアの過去の描写はいつはっきりするんですかね…

まだ謎が多くて先が気になります(^-^)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました