ピッコマ|「暴君のたった一人の調香師」|ネタバレ 第21話

スポンサーリンク
暴君のたった一人の調香師
画像引用:ピッコマ「暴君のたった一人の調香師」
スポンサーリンク

漫画ピッコマ「暴君のたった一人の調香師」は原作fairydragon先生、漫画Team DEAD SHELLの作品でピッコマにて配信されています。

今回は「暴君のたった一人の調香師」第21話を読んだ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

暴君のたった一人の調香師【第21話】のあらすじ・ネタバレ

敵意

アリエルのお店をこっそり偵察に来て怒り心頭の黒いフードの人物。

お店に帰って呑気に眠り込んでいるアゼキアンに激怒するマグナス。

マグナスは閑古鳥が鳴いているお店の危機的状況を訴えます。

しかし全く気にもしていないアゼキアン。

その呑気な様子にさらに苛立つマグナス。

しかしアゼキアンは全てを把握した上で問題ないと伝えます。

マグナスはそもそもアリエルが投資を受けられないように邪魔するべきだったと怒ります。

計画

アゼキアンは人が絶望を感じる時は、天から地に落ちる時だとニヤけます。

良い考えがあるとマグナスに提案するアゼキアン。

不可解な現象

アリエルのお店は連日大盛況でした。

眠る暇を惜しいほど忙しい日々を過ごし幸福感を感じていたアリエル。

このままの営業が続けられればセドリックへの恩返しも出来るだろうと喜びます。

リナに足りなくなった材料の買い出しに同行するようお願いします。

街に出るといつも懇意にしていた店主たちが顔色を変えて店を閉め始めます。

急にアリエルに冷たい態度を取る光景が舞踏会でのシーンと重なるアリエル。

明らかに避けられていると察します。

営業妨害

花屋のラファエルが急いでアリエルの元に駆けつけます。

実は黒いフードの人物がアリエルに材料を売らなければ

毎月2000ピースという高額な報酬を与えると妨害行為を行っていました。

ラファエルから話を聞き、正体はバレていないようでしたが、

間違いなくマグナスとアゼキアンだと気付くアリエル。

材料を手に入れられなければお店を開くことは出来ず

明らかな営業妨害だと怒りが湧きます。

あまりに卑怯な手口に身体が震えるアリエル。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

逆境

アリエルは真実を知らせてくれたラファエルにお礼を伝えます。

そして逆境を力にして絶対に諦めないと決意を新たにします。

アリエル「やられっぱなしで終わらせません」

ピッコマ「暴君のたった一人の調香師」

「暴君のたった一人の調香師」第21話の感想&次回第22話の考察予想

せっかく好スタートを切ったアリエルのお店に早速卑怯な手口で

邪魔してきたマグナスとアゼキアン(-_-;)

予想通りですが、幼稚すぎて笑えます(;^ω^)

アリエル1人の力でも解決できそうですが、このことがセドリックに知れたら

もっとすごい制裁を下してくれそうです(o^―^o)ニコ

楽しみに待ちましょう♪

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました