ピッコマ|「悪女は砂時計をひっくり返す」|ネタバレ 58話

スポンサーリンク
悪女は砂時計をひっくり返す
画像出典:ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す
スポンサーリンク

漫画「悪女は砂時計をひっくり返す」は原作SANSOBEE先生、漫画ANTSTUDIO先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」58話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第58話】のあらすじ・ネタバレ

噂の真実

竣工式は滞りなく終了しました。

アリアが投資者Aだとわかり、悪女だと言う噂が悪意のあるものだったのでは?と噂する人々。

人々の注目の的になっているアリアを守るように帰宅するよう促すアリアの母。

竣工式の途中で退場したアースの姿が見えず落ち込むアリア。

帰ろうとしていた時、突然後ろから肩を抱かれます。

アース「申し訳ございませんが お嬢様はこの後 僕との約束がございますので」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

2人きりの時間

アースに連れられて以前訪れた離れにやってくるアリア。

アースに会えたことが嬉しくて言われるがまま着いてきたことを少し後悔します。

アースがアリアと約束をしていると言い現れた際、

母やサラたちは気を利かせて快く送り出してくれました。

アリアの考え込む様子に悩みでもあるのかと問いかけるアース。

アリアは少し考え事をしていただけだと答えますが、

その時以前訪れた時と部屋の様子が違うことに気が付きます。

何もかもが新調されて華やかな様子に心が躍るアリア。

アースはこれかも頻繁に訪れるであろうアリアのために部屋を模様替えしたと答えます。

恋人のための振る舞いのように積極的なアースに戸惑うアリア。

秘密

アースはアリアが投資者Aであることを隠していたことを追及します。

アリアは隠すつもりはなかったが、

わざわざ自分から告白することでもないと思ったと誤魔化します。

平然としているがきっと心の中では動揺しているだろうと察するアリア。

以前アリアもアースの正体を知った時の衝撃を覚えていました。

気になる事

アースは気になる事を質問していいかと問いかけます。

アリアは何を聞かれるのかとドキドキしながら質問を待ちます。

アース「これまでお変わりなく過ごしていましたか? 心配になったんです お嬢様が投資者Aだったということは 僕よりもさらに忙しかったはずでしょうから…」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

アリアは責められる覚悟をしていたので予想外の質問に驚きます。

アリアは手紙の返事をしていただけでアースの方がもっと忙しかっただろうと気遣います。

アリアの気遣いに満足するアースはもっと仕事に精を出すかもと冗談を言います。

アリアは貴族派の問題でアースのことをとても心配していたが、

元気そうで変わりないアースの姿に安心したと伝えます。

アース「ご心配なく 僕はお嬢様が思っているほど 弱い人間ではありません」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

アリアは過去に戻って来る前のアースの姿を覚えているので

存在感の欠片もなく貴族派に良いように利用されていたことが思い浮かびます。

アースの恐怖

貴族派とはイシース公女のことかと思い当たるアース。

以前は彼女との結婚を考えていたこともあったが、過去のことだと伝えます。

生き残るために必死だったというアース。

幼い頃に死の恐怖を味わった彼は、完璧な計画を立てなければ生き残れないと

強迫観念に駆られていたと打ち明けます。

少しでも計画外の事態が起こると不安で夜も眠れなかったと明かすアース。

過去の自分の弱さを認めて、アリアに謝罪するアース。

アース「だからお嬢様からカジノの噂が広まったという話を聞いた時も 不安な気持ちが先走ってしまったのだと思います…」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

アリアは死の恐怖に怯えていたアースが過去の自分の振る舞いを謝罪しているのだと察します。

アース「今度こそ殺されてしまうかもしれない そんなことを考えていたらつい 初対面のお嬢様にあんな失礼な態度を…」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

過去の振る舞いを許して欲しいと身勝手なことは言わない。

けれども少しでもアースの行動に理解を示してくれたら有難いと話すアース。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

告白

アリアは過去の自分と重ね合わせてアースの行動に理解を示します。

アースは結婚話は破談になったが、イシースが何かを企んでいるのは間違いないと言及します。

しかしイシースが何を企んでいようとも自分が解決してみせるとアリアを安心させるアース。

そして自分がこれほどまでに変われたのはアリアのお陰だと伝えます。

皇宮でしか咲かないというチューリップの花束を差し出しアリアに告白するアース。

アース「どうか…そんなあなたと正式にお付き合いをさせていただけませんか?」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

竣工式で思いがけずアリアに会うことができたので花束しか用意できなかったが…と謝るアース。

しかしアリアが同意してくれるなら改めて伯爵家に挨拶に伺うと約束します。

アリアはまるで断られることは想定していないというアースの態度に笑みが零れます。

花束を受け取り少し意地悪を言うアリア。

アリア「わかりました ですが「次回」はもっと素敵な場所を選んで頂けますか?このような経験ができるのは人生で一度きりですから」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

アースはチャンスをもらえれば次は必ず満足するプロポーズをしてみせると微笑みます。

イシースの誤算

馬車で公爵邸に向かうミエールはいつもと違う空気に戸惑っていました。

屋敷ですれ違ったアリアの母や専属のメイド達は含みのある言い回しで

ミエールを送り出しました。

しかもミエールの馬車の周りを取り囲む町の人々の賑わいもいつもと様子が違います。

イシースへの手土産を買いに行かせたメイドが中々戻って来ずイライラしていたミエールは

メイドから事情を聞かされて驚愕します。

メイド「ええ!聞いてください お嬢様!今日の竣工式に投資者Aが出席されたそうなのですが その人の正体がなんとアリアお嬢様だったらしくて!」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

馬車を取り囲んでいた人々は馬車に乗っている伯爵令嬢がアリアではと

集まってきた人々だったと知り信じられないミエール。

その後公爵邸でイシースに会ったミエールは噂が本当であると知りショックを受けます。

イシースは皇太子の計画を探るために竣工式に人をつかわせましたが

アリアの件の報告を受けて激怒していました。

投資者Aが今まで頑なに自分と会うことを拒んだのも、アリアがイシースに対して

自信満々で接していたのも全て投資者Aの正体がアリアだったからだと知りワナワナと震えます。

持っていたカップを投げつけて怒りに震えます。

イシース「よくもこの私に 恥をかかせてくれたわね…」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

態度豹変

アリアを喜び勇んで迎える伯爵。

アリアはこんな時間に屋敷にいるとはと素っ気なく返します。

アリアをお茶に誘う伯爵に今までと180度態度が違うことを嘲笑するアリア。

アリア「あら…久しぶりだなんて…今まで一緒にお茶を飲んだことなんてありましたっけ?一体何を仰っているのか私にはさっぱりわかりませんわ」

ピッコマ「悪女は砂時計をひっくり返す」

満面の笑みで伯爵に嫌味を言うアリアの心の中は満足感で満たされていました。

「悪女は砂時計をひっくり返す」58話の感想&次回59話の考察予想

アリアに正式にお付き合いを申し込んだアース。

アリアに対する好意は愛情だと丸わかりでしたけど、やっと正式に付き合う

準備が整ったということなのでしょうか??

確かに力のないアースのままではアリアが危険に晒されると個人的な付き合いを

公にするのは気が引ける気持ちも分かります。

とにかくアリアもアースの申し込みを受けたし

これまでよりアースとの話が多くなることを期待したいと思います♡

アリアが投資者Aだと分かり怒り心頭のイシース公女怖かったですね(-_-;)

これからどんな罠をしかけてくるかわかりませんが、十分警戒しないといけないですね(-_-;)

そして態度が豹変した伯爵に嫌味を言うアリアがかっこよかったです(^-^)

今まで散々除け者にしてきたくせに

アリアが利用価値があると分かった途端態度を変えるなんて卑怯極まりないです<(`^´)>

伯爵家に正式に挨拶に来ると言うアースにぎゃふんと言わせて欲しいと思います!!

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました