ピッコマ|「人生勝ち組令嬢が通ります」|ネタバレ 第16話

スポンサーリンク
人生勝ち組令嬢が通ります
画像引用:ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第16話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

人生勝ち組令嬢が通ります【第16話】のあらすじ・ネタバレ

けん制

アーデルはキリオンがまだ求婚を断られた事に納得していないと誤解していたので

そんなに冷たい態度だったのかと納得したフリをします。

しかしキリオンは誤解などしていないと否定します。

それを笑顔で良かったと安心した素振りを見せるアーデル。

お互い優位に立つべく無言でけん制し合います。

2人を見守るミカエルとジェイリーンはハラハラします。

その時祈りの鐘が鳴り一時休戦をなります。

キリオンが話し出そうとすると突然聖歌を口ずさむアーデル。

そのままキリオンに背を向けて祈りの場に向かうアーデル。

ミカエルはキリオンの負けだと思います。

大丈夫かと問いかけるミカエルに当然だと何でもないように答えるキリオン。

マザーの許可

騎士の間でアーデルの滞在はマザーが許可された事だと噂になっていると報告するミカエル。

アーデルがセルジオ家の影響力を盾にマザーを脅したのかと質問するキリオン。

しかしミカエルは多大な寄付を運んできた馬車を帰らせて

マザーに直接会い許可を取ったようだと伝えます。

アーデルがそれなりの覚悟でこの場に来たようだと推測するミカエル。

しかし昨日会ったばかりのアーデルを昔からの知り合いのように

エネス神に影響される人ではないと言い切るキリオン。

重労働

ミカエルはアーデルが神殿内で奉仕をするのは長くても2日ほどだと伝えます。

不思議に思うキリオンに、

レベッカがアーデルをある場所に派遣することに決めたからだと答えるミカエル。

アーデルの真意

讃美歌の祈りが終わるとレベッカを待つように伝えられるアーデル。

ジェイリーンはアーデルと2人になると早速先ほどのキリオンとのやり取りの真意を確かめます。

他の騎士を探すと伝えたアーデルがキリオンを諦めたのかと確認するジェイリーン。

アーデルは完全に否定してこれは駆け引きだと伝えます。

嫉妬作戦かとありきたりな事を言うジェイリーンに

アーデルは彼は女に興味がないと答えます。

それでも人間としてアーデルに興味を持たせることは出来ると自信を持つアーデル。

アーデルがキリオンを追いかけていると知れば余計愛想を尽かすだろうが

部下に手を出すとなれば、嫌でもアーデルから目を離すことができないと目論むアーデル。

アーデルはたまに見せるキリオンの素の反応が実は悪くないと思います。

ある言葉を言ったあとからキリオンの態度が軟化したと思うアーデル。

アーデル「…いつか皇宮に行かれることも考えておきませんと」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

ただなぜ皇宮という言葉に反応したのかは分からず頭を悩ませるアーデル。

嫌がらせ

レベッカがアーデルの元を訪れて困ったことはないかと優しく接します。

昨日はあからさまに敵視していたのに、今日は正反対の態度を取るレベッカに違和感を抱くアーデル。

しかし分かりやすい彼女は少し刺激すればすぐに本性を現すだろうと特に気にしないアーデル。

幼い頃から父の教えで賛歌に親しんできたアーデル。

大神殿の賛歌も例外ではありませんでした。

夕方の祈りに使う歌ももちろん知っているんのだろうと皮肉を言うレベッカ。

当然知っていたアーデルは口ずさみますが、実は別の神殿の賛歌を歌ってしまうアーデル。

しかし上手く誤魔化します。

レベッカがアーデルの話を馬鹿にせずに聞いてくれたことに感謝します。

しかし何か企んだような笑顔で熱意が大事だと話すレベッカ。

そしてアーデルの熱意に相応しい奉仕場所を用意したと伝えるレベッカ。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「人生勝ち組令嬢が通ります」第16話の感想&次回第17話の考察予想

アーデルはキリオンの性格を知り尽くして対策を立てていますね(;^ω^)

異性としては興味がない思い込んでいますが、

実はキリオンはアーデルに女性として興味があるんじゃないでしょうか??

皇宮に関することで何か大切な目的があるようですが…

無事キリオンがアーデルから目を離さずに監視してくれるのか?!

次回楽しみにしたいと思います♪

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました