ピッコマ|「人生勝ち組令嬢が通ります」|ネタバレ 第21話

スポンサーリンク
人生勝ち組令嬢が通ります
画像引用:ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第21話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

人生勝ち組令嬢が通ります【第21話】のあらすじ・ネタバレ

背負ったものの重さ

アデレイドが雑用を任されることを自ら望んでしているわけではないと指摘するキリオン。

もちろんできればやりたくないが、やれることは全力でやるだけだと答えるアーデル。

自分の暮らしさえ確保できれば良いのなら後継者になる必要などないが

自分の元で長年勤めてくれた従業員たちは露頭に迷うことになる…

アーデルは従業員の家族までも含めた多くの人の運命を背負っていると伝えます。

静かにアーデルの話を聞き入っていたキリオンは一言そうですかと呟きます。

責任感

アーデルはキリオンが微妙な顔をするので、

責任感から無理矢理嫌な事をすることはないかと質問します。

しかし即答でないと答えるキリオンに苦笑するアーデル。

改めてキリオンを観察し、有能でイケメンで全てを手に入れているような彼が

何かに嫌々取り組む姿は想像できませんでした。

帰り道

思ったより時間がかかってしまったことに慌てるアーデル。

急いで神殿に戻ろうとした時持っていたはずの籠が消えていることに気付きます。

するとキリオンがいつの間にかアーデルの荷物を持っていてくれたことに驚くアーデル。

さりげなく荷物を持ってくれて暗い夜道を送ってくれる行為に戸惑うアーデル。

他の男性なら思わず自分に気があると勘違いするところだと思います。

キリオンに素直に勘違いしますよと伝えると、

するなと言ってもするだろうと密かに笑顔を見せるキリオン。

その一瞬を見逃さなかったアーデルは確かめようとしますが

それを許さないキリオンは足早に先を行きます。

付かず離れず

何とか顔を見ようと一生懸命追いかけますが、結局つかず離れずで神殿についてしまいます。

籠を手渡された時のキリオンの表情を確かめますが

いつもの感情のない顔で先ほどは幻を見たのだと自分に言い聞かせるアーデル。

キリオンは今日は運が良かっただけで、いつ魔獣が出るか分からないため

もっと警戒心を持つよう伝えます。

アーデルも先ほどの仕返しの為団長も気をつけてと言い誘惑を試みます。

アーデル「魔獣よりも 私を警戒した方が よろしいのでは?」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

キラキラの笑顔で冗談だと伝えるアーデル。

キリオンが動揺しないことは分かっていたので立場は弁えていると伝えます。

アーデル「ご心配なく~私に興味がないのは存じております 無駄な努力はしない主義なので」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

キリオンを残してそそくさと神殿に入っていくアーデルを見送るキリオン。

一人取り残されて立ち尽くします。

ミカエルがキリオンを出迎えに来ます。

何かを見つめていたことに気付きますが、そこには触れず中に入るよう促します。

しかしそれを断るキリオン。

キリオン「また清めに行かなければ ならなさそうだ」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

アーデルの姿が脳裏にこびりついて離れないキリオンは心の乱れを正さなければと思いました。

人気者

食堂ではアーデルを皆が囲んで盛り上がっていました。

レベッカはその光景を見て舌打ちをします。

レベッカはあの手この手でアーデルに難題を申し付けますが

全てそつなくこなしてしまうアーデルに頭を悩ませていました。

神殿にはアーデルの心棒者が溢れ、騎士だけでなくシスターの心まで掴んでしまったアーデル。

一人でも良いから自分の考えに賛同してくれる者はいないのかと苛立つレベッカ。

するとふと視線の先に氷のような冷たい視線をアーデルたちに送っているキリオンを見つけます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

すれ違い

さりげなく近づいてキリオンにアーデルの至らなさを吹き込むレベッカ。

レベッカ「見てください 神に仕える者の言動にしては あまりにも軽すぎます」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

それに同意するキリオン。

皆が心を掴まれている状況に納得できないレベッカは何か裏があると憶測で話します。

キリオンも怒った口調で呟きます。

キリオン「…どいつもこいつも ふぬけた顔を…」

ピッコマ「人生勝ち組令嬢が通ります」

怒りで微妙に会話が嚙み合っていないことに気付かない2人。

キリオンは騎士たちがアーデルにデレデレするのが許せなくて

地獄の底から響くような声で全員ケハルンの氷窟に放り込むと凄みます。

しかしアーデルを氷窟に送るのは流石にやり過ぎだと言うレベッカ。

お互い無言になり会話が噛み合っていないことに気付くキリオン。

「人生勝ち組令嬢が通ります」第21話の感想&次回第22話の考察予想

キリオンはやっぱりアーデルが好きなんじゃないでしょうか( *´艸`)

そうなるとなぜアーデルの願いを断ったのか気になるところですね…

アーデルはキリオンが自分に異性として興味を持っている事は

全く気付いていないことも笑えます( *´艸`)

レベッカとキリオンの敵意が違う相手に向かっているのに

微妙に会話が噛み合っていることが笑えましたww

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました