ピッコマ|「悪役のエンディングは死のみ」|ネタバレ 31話

スポンサーリンク
悪役のエンディングは死のみ
画像出典:ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」
スポンサーリンク

漫画「悪役のエンディングは死のみ」は原作Gwon Gyeoeul先生、漫画SOUL先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪役のエンディングは死のみ」31話を読んだ感想をご紹介いたします。

≫≫前話「悪役のエンディングは死のみ」30話はコチラ



無料まんが・試し読みが豊富!電子書籍をお得に買うならebookjapan
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」!豊富な無料・試し読みまんがに加えて、1巻まるごと無料で読めるまんがも多数!割引・セールも毎日実施!新刊も続々入荷!

ネタバレ一覧はコチラ

スポンサーリンク

悪役のエンディングは死のみ【第31話】のあらすじ・ネタバレ

エミリーの報告

ヴィンターを探し始めて数日エミリーに進捗報告あります。

ヴィンターを探し出すために情報屋をエミリーに回らせていたので

その返信が届いたとのことでした。

ペネロペはその返信を見て不思議に思います。

ペネロペ「…これだけ?」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

エミリーは対象者の情報が少なすぎて、探すのが困難であるという説明をしますが

ペネロペが変だと思ったのは、お店を4つ回ったはずなのに

3つしか返信がきていないからだと答えます。

するとエミリーは思い出したように、ウサギの仮面を付けた

店員がいたお店からの返信はないと気が付きます。

それはペネロペの誤算でした。こちらから動き出せばすぐに返事がくると思ったが

そうはいかないようでした。

エミリーはおずおずともう一度お店に確認するか聞いてきますが、

それをペネロペは断りました。

そして人捜しの代金として渡した宝石をお店に支払ったか確認します。

指示通りにしたというエミリーにペネロペはお礼を言います。

そして人捜しに奔走した褒美として残りの宝石はエミリーが受け取るように指示します。

エミリーの願い

宝石を受け取るように言われたエミリーは驚くとともに全力で拒否します。

その態度に逆に驚くペネロペは訳を聞きます。

エミリーは物は褒美として欲しくないと答えます。

ペネロペは針もきちんと捨てるから心配しなくて良いと伝えますが、

それも捨てなくて良いとエミリーは答えます。

エミリーの本心を図りかねるペネロペは欲しいものをはっきり言うように命令します。

するとエミリーは

エミリー「わ…私は 本当の意味でお嬢様のメイドになりたいです」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

ペネロペはまだエミリーの言っている意味を理解できません。

自分の手足になりたいと言う事かと問いとエミリーは迷わず「はい!」と即答します。

でもいままでの行いを思い出し、エミリーの事を信用することができないと言うと

エミリーは心の底から悔いているよう、今までの行いを謝罪します。

今は信用できなくてもチャンスさえもらえれば必ず役に立って見せると宣言します。

その様子に嘘をついているようには見えず、ペネロペも心を動かされます。

ゲームのエピソードではありえない光景に驚きつつ、自分の味方が増えることは

悪いことではないとペネロペは思います。

エミリーの申し出を受け入れて、残りの宝石は元の場所に戻しておくように指示します。

エミリーは嬉しそうに従うと、これからも頑張ると笑顔を見せます。

するとシステムが作動します。

公爵家の人物との仲が改善!名声ポイントが+10上がったよ
TOTAL POINT:15

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

新たな悩み事

エミリーとの関係が近くなり喜ばしい反面、ヴィンターの件では頭を悩ませていました。

ペネロペ自ら動くわけにはいかず、ルートを始めることができません。

ですが、このまま何も動きがなければノーマルモードのヒロインのように

地道に探すしかないのかと落ち込みます。

その時急に窓がガタガタと揺れ出します。

急に窓が開いたかと思うと、風が吹き込んできました。

驚いたペネロペが恐る恐る目を開けると…

ペネロペ「今のは…何…」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

??「キュッ キュウ?」

ピッコマ「悪役のエンディングは死のみ」

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「悪役のエンディングは死のみ」31話の感想&次回32話の考察予想

イクリスルートが思ったより危険だと感じた前回保険のために

ヴィンタールートを始めるためにヴィンターを探し始めたペネロペ。

こちらが人捜しをしている情報を与えれば向こうから返信があると思っていましたが

中々動き出す気配がありませんでした。

そのヴィンター捜しの最中思いがけずメイドのエミリーとの関係に進展がありましたね。

本来のゲームであればペネロペを虐め続けるであろう公爵家の人々との

関係改善はとても喜ばしいことですね。このままペネロペにどんどん見方が増えて欲しいです。

簡単に姿を現さないヴィンターですが、最後現れたウサギはきっと

ヴィンターからの使いでしょう。次回こそはヴィンターとの出会いがありそうです。

イクリスとのルートの保険として進めるヴィンターですが、

ペネロペに対してどんな対応をするのか…優しいキャラだといいのですが(;^ω^)

ではまた次回お会いしましょう(^^♪

≫≫次話「悪役のエンディングは死のみ」32話はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました