ピッコマ|「沈黙の庭園」|ネタバレ 第12話

スポンサーリンク
沈黙の庭園
画像引用:ピッコマ「沈黙の庭園」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第12話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

沈黙の庭園【第12話】のあらすじ・ネタバレ

お誘い

突然訪ねてきたハリー夫人。

お祭りにグィネヴィアの姿が見えないから捜しに来たという夫人。

今回の戦勝のお祝いに皇帝が国庫を開いたと聞き驚くグィネヴィア。

それは単なるお祭りではなく国を挙げての行事であることを意味していました。

過去同じ時期に開かれたお祭りにはアーサーの葬儀のために参加できなかったと思い出すグィネヴィア。

顔色の悪いグィネヴィアを心配するハリー夫人。

一緒に行かないかと誘う夫人に、

戦争から帰って来た息子と水入らずのほうが楽しめるだろうと遠慮するグィネヴィア。

さらには過去には知る事のできなかった世間の出来事に気を配る必要があると思うグィネヴィア。

心の傷

実は夫人の息子さんは戦争から帰って以降部屋に閉じ籠って出てこないと悩みを打ち明けます。

一緒にいても自分の方が気持ちが落ち込んでしまい居ても経ってもいられず

外に気分転換に出てきたという夫人。

グィネヴィアは以前に本で読んだ内容に戦争の経験者が抱える心の傷を治すには

長い時間を要することを見た覚えがあると伝えます。

夫人の息子さんには今はとにかく心を休める時間が必要だと励ますグィネヴィア。

今は辛くともきっと時間が解決してくれるので

息子さんの側にただ寄り添ってあげて欲しいと伝えます。

夫人はグィネヴィアの言葉に気持ちを入れ替えてやはり家に帰ると部屋を出て行きました。

そしてグィネヴィアも調査のために街に出ようと決意します。

生まれて初めての味

街はお祭り騒ぎで賑わっていました。

屋台の串焼きを勧められて食べてみるグィネヴィア。

しかしあまりの辛さに咳き込んでしまいます。

生まれて初めてこんなに辛い物を食べたが後を引く美味しさだと感心します。

悩みを忘れてしまう程の衝撃的な辛さに、新しい経験ができたとお代を払います。

演劇

その後は演劇の呼び込みをしている場に出くわします。

戦争の英雄の物語だと聞きランスロットが思い浮かぶグィネヴィア。

演劇を見れば自分と別れた後の騎士としての人生も

知ることができるかもしれないと期待するグィネヴィア。

観劇を希望する列に並んでいるとグィネヴィアの前に横入りする男性。

するとグィネヴィアの後ろに並ぶ女性が男性の横入りに抗議します。

すると平然と自分が元々並んでいた所だとグィネヴィアに同意を求めます。

グィネヴィアは男性に流されずきっぱりと否定します。

すると演劇の関係者が注意しに来ます。

横入りした男性はもちろんグィネヴィアと抗議した女性も騒いだからという理由で

列から外れるよう指示されます。

横暴だと抗議する女性を止めて自分だけ遠慮するので

彼女は入れてあげて欲しいとお願いするグィネヴィア。

関係者もそれに納得してそれ以上はお咎めなしとなりました。

元々横入りした人も何も言わず去って行きます。

未練

結局演劇は見れませんでしたがかえって観なくて良かったと思うグィネヴィア。

ランスロットは過去の人で今大事なのはこれからどう生きていくかということ。

余計な事を考えるのは止めてハリー夫人の家に顔を出しに行きます。

しかし不在のようで誰も出てきませんでした。

結局無駄足となって自分の家に帰ることにしたグィネヴィア。

すると自宅の前にはランスロット佇んでいました。

グィネヴィアを見つけると嬉しそうに駆け寄ってきます。

ランスロット「会いに来るという約束を守りにきました」

ピッコマ「沈黙の庭園」

優しくグィネヴィアの手を取ると真剣な表情で名前を呼びます。

ランスロット「グィネヴィア・ル・リーフ」

ピッコマ「沈黙の庭園」
ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

「沈黙の庭園」第12話の感想&次回第13話の考察予想

夫人の息子さんはかなりの心の傷を負ったようですね( ;∀;)

どうしていいか分からずグィネヴィアの元を訪れたようですが

ただ側にいるだけで良いと優しく寄り添うグィネヴィアは

ゼロたちを冷たく突き放した彼女と同一人物とは思えませんでした(゚д゚)!

ランスロットが気になるけどこれから行く道の邪魔になるとも思うグィネヴィアは

複雑な気持ちでしょうね…( ;∀;)

誰も信じられないと思いながら、ランスロットの愛に触れて

頑なな心がほぐされればいいのですが…(ノД`)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました