ピッコマ|「沈黙の庭園」|ネタバレ 第18話

スポンサーリンク
沈黙の庭園
画像引用:ピッコマ「沈黙の庭園」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第18話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

沈黙の庭園【第18話】のあらすじ・ネタバレ

第二皇子

ランスロットは部屋に訪れた男性を招き入れて挨拶します。

その男性はイニス・アファロン皇帝の息子の一人であるガーウェイン殿下でした。

グィネヴィアは先日お祭りですれ違った際に挨拶もせずに通り過ぎた非礼を謝罪します。

ガーウェインはお互い顔見知りでなかったのだから仕方がないと快く許してくれました。

自分だとなぜ気付いたのかと驚くガーウェイン。

改めてグィネヴィアに自分の身分を明かします。

ガーウェイン「改めてご挨拶申し上げます ガーウェイン・デーブ・クリムゾン・ディーンと申します」

ピッコマ「沈黙の庭園」

ガーウェインの噂

グィネヴィアは過去に城ですごしていた際ガーウェイン殿下の噂をよく耳にしました。

カラド皇太子の地位が盤石だったため、邪魔者扱いだったガーウェイン。

しかしよく噂を耳にしながらも顔を見るのは今回が初めてでした。

ランスロットは積もる話もあるだろうから食事をしながらはどうだと提案します。

ガーウェインはアルモリク家の食事はいつも美味しいから

ここに来るのが楽しみなのだと喜んで同意します。

今日はグィネヴィアも同席して欲しいとお願いするランスロット。

グィネヴィアは恐縮しながらもまさか皇子と引き合わせるつもりだったとはと苦笑します。

ガーウェインの勧めを断ることができず食事を一緒に摂ることになります。

気になること

料理長は込み入った話と聞きメニューは全てテーブルに完璧に準備していました。

ガーウェインは仕事に困ったらぜひ皇宮に来て欲しいと冗談を言います。

気になることが沢山あるようだとグィネヴィアに問いかけるランスロット。

ランスロットとの会話に割り込んでしまい申し訳ないと謝るガーウェイン。

ガーウェインは実はゼロの身の上を聞き同情して皇宮に呼んだのは自分だと打ち明けます。

しかしゼロの本性を見抜いたガーウェイン。

ガーウェイン「陰湿なヤツで…私も騙されました」

ピッコマ「沈黙の庭園」

ランスロットは初めて聞く話だとガーウェインを恨みがましく見つめます。

ガーウェインは意図的に隠していたと謝罪します。

ずる賢く本性を上手く隠していたと話すガーウェイン。

真実

ランスロットからグィネヴィアの話を聞き、

ゼロから聞いていた話とまるで違うことに驚いたというガーウェイン。

ゼロのせいで苦労したというグィネヴィアを気遣うガーウェイン。

ランスロットはグィネヴィアの気分を損ねないかとハラハラした様子で見守ります。

そんなランスロットを見て捨て犬のようだと思うランスロット。

グィネヴィアは特に動揺する様子もなく気苦労をしたのは確かだと認めます。

ガーウェインは張り詰めた空気を破るようにランスロットをからかいます。

ガーウェイン「驚いたな!いつも無愛想なランスロットがこんなオロオロしているなんて!」

ピッコマ「沈黙の庭園」

ランスロットは恥ずかしそうに自分が招いたお客様の心配をしただけと答えます。

ランスロットの目的

ランスロットが皇族なのは知っていたが、皇子とも親交があるほどの

顔の広さに驚くグィネヴィア。

なぜ高貴な身分の人に引き合わせるために自分をここに呼んだのか分からないグィネヴィア。

ゼロを信じて手助けしたことが少なからず

グィネヴィアを苦しめる種になったことを謝罪するガーウェイン。

自分の責任でもあるので、必要な時はいつでも手助けすると申し出るガーウェイン。

ランスロットは皇子が味方になるということが周りに与える影響を考慮して

そこまですると返ってグィネヴィアの敵が増えると危惧します。

グィネヴィア自身の考えを確かめるガーウェイン。

グィネヴィアもランスロットと同じ考えだと答えます。

急かすつもりはなく、そんなに重荷に思わないで欲しいと笑います。

ガーウェインは皇位争いからは外れているため、

それほど大きな力にはなれないかもと自虐的に笑います。

その言葉に敏感に反応するランスロットを制止するガーウェイン。

グィネヴィアは確かに過去でも現在でもカラド皇太子が後継者の地位を守り抜いており

皇太子の座は盤石なように見えました。

しかしグィネヴィアが過去に戻ってから多くのことが変化しており

未来に何が起こるかはわからないと思います。

そしてガーウェインが差し伸べてくれた手はグィネヴィアにとって

必ずチャンスになるはずだと思うグィネヴィア。

グィネヴィア「助けが必要となったら 殿下のもとへ お伺いします」

ピッコマ「沈黙の庭園」

グィネヴィアとの約束を取り付けると席を立つガーウェイン。

そのままランスロットの屋敷をあとにします。

皇子を見送るとグィネヴィアの家まで送らせて欲しいと申し出るランスロット。

グィネヴィアも快くランスロットの手を取ります。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

ガーウェインとの関係

馬車の中で向かい合って座るグィネヴィアとランスロット。

気まずい空気を振り払うようにランスロットに質問するグィネヴィア。

グィネヴィア「殿下と とても親しい間柄うのように見えましたが どのようなご関係か お伺いしてもいいですか?」

ピッコマ「沈黙の庭園」

「沈黙の庭園」第18話の感想&次回第19話の考察予想

ガーウェイン殿下はゼロの本性を知ってグィネヴィアに協力を申し出ました(´・ω`・)

今はまだカラド皇太子が権力を握っていますが、ランスロットと近い関係だと言うことは

今後の権力争いがどう転ぶかはわかりませんね(^-^)

グィネヴィアには力強い味方ができて良かったです(^-^)

それにしてもランスロットとガーウェインの関係が気になります(-ω-;)ウーン

やっぱり皇位の座に就けるべくランスロットが協力しているのでしょうか…

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました