ピッコマ|「冷血皇子と捨てられた王女」|ネタバレ 第17話

スポンサーリンク
冷血皇子と捨てられた王女
画像引用:ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」
スポンサーリンク

漫画「冷血皇子と捨てられた王女」は原作Kim Cukdas先生、漫画Neff先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「冷血皇子と捨てられた王女」第17話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

冷血皇子と捨てられた皇子さま【第17話】のあらすじ・ネタバレ

皇子妃

堂々とハルベンキアの性を名乗るアレクシア。

ハスターもいつもと違いアレクシアを皇子妃として敬っているように振舞います。

アンザークの人間であるアレクシアがハルベンキアの性を名乗ることが気に入らないシュベリオン。

皇子妃として堂々とテルビオンを「夫」と呼ぶアレクシアを挑発しますが

すべて冷静にそつなく対処するアレクシア。

そんなアレクシアに苛立ち持病の発作が出始めるシュベリオン。

アレクシアは様子がおかしいシュベリオンを気遣いますが

近づくなと警告するシュベリオン。

身の程知らずだと罵るシュベリオンをけん制するアレクシア。

アレクシア「たとえ陛下の許可を得ていないとはいえ 私はアンザークの王女です」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

それが何だと不敵に笑うシュベリオンに

戦争はまだ始まっておらず協定も有効だとはっきり伝えます。

協定の代償

ふと今のアレクシアの窮地をテルビオンが知ったらどうなるだろうと思うアレクシア。

小説では散々オピリアの不幸を願っていたテルビオンは

アレクシアの不幸には目を瞑るのか、笑うのかと考えます。

協定の事を持ち出したアレクシアの揚げ足を取るシュベリオン。

シュベリオン「今夜 私の夜の世話をしろ 私も弟も同じ皇子だから 構わないだろう」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

間に入ろうとする騎士を無視してアレクシアの腕を無理矢理引っ張るシュベリオン。

ハスターの忠誠

ハスターはアレクシアを連れて行くシュベリオンの前に立ち塞がります。

シュベリオンは剣を抜いてハスターに斬りかかりますが

アレクシアが寸でのところで止めに入ります。

アレクシア「殿下‼…責任をお取りになれますか?」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

仮にも王女である自分を抱けば、

捨てることは出来ずそれ相応の地位を与えてもらうと要求します。

そして協定の結果を背負う責任も出てくると警告するアレクシア。

全てのことを覚悟して自分を抱くのなら自分に拒否権はないと告げます。

汚点

自分を貶めて、テルビオンは協定を維持するためシュベリオンの代わりに

嫌々アレクシアを側に置いたと伝えるアレクシア。

しかしシュベリオンはテルビオンはアンザークの土地が欲しくてアレクシアを

側に置いたが、結局は全て自分のものになると笑うシュベリオン。

アレクシアはまだ戦争は終わっていないと言い返しますが

口答えするアレクシアに激高して突然首元を掴むシュベリオン。

しかしまた発作が出始めます。

誰も近づくなと警告するシュベリオン。

しかしアレクシアは剣を手に威嚇するシュベリオンに怯まず

一歩ずつ近づきます。

ゆっくりと息を吸うようにアドバイスするアレクシア。

布で口を抑えて、過呼吸の時の対処法を施します。

シュベリオンはそれ以上抵抗せずアレクシアの言うことに従います。

発作が落ち着くと急にアレクシアを突き飛ばすシュベリオン。

そのまま何も言わず部屋に案内するよう騎士たちに命じます。

親切

アレクシアはジョセフに促されて部屋に戻ります。

ハスターもアレクシアに付き添います。

先ほど身を挺して自分を守ってくれたハスターに心から感謝するアレクシア。

ハスターは自分の役目を果たしただけだと答えます。

アレクシアは今まで誰からも必要とされず感謝もされずに

生きてきた為、自分に対する親切心をどう受け止めればよいか戸惑っていました。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

待ちわびる相手

自室には戻らずテルビオンの寝室に案内されるアレクシア。

そして下の者に敬語を使うのも止めるよう指示するハスター。

今後は自分たちが対処するため部屋から出ないよう伝えられるアレクシア。

一人になるとテルビオンのベッドで横になりながら、

シュベリオンが帰るまでの辛抱だと自分に言い聞かせるアレクシア。

そして、この窮地をいつまで耐えられるかと自問自答します。

頭に浮かぶのはテルビオンの事ばかりでした。

アレクシア「テルビオンに会いたい…」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

「冷血皇子と捨てられた王女」第17話の感想&次回第18話の考察予想

シュベリオンの発作を止めたアレクシアはもしかしたら

シュベリオンからも必要とされるかもしれませんね(;^ω^)

これも母親を治療するために得た知識が役に立ったんでしょうか…?

辛いときにテルビオンに会いたいと思うなんて彼のことを好きになってしまっているんですね( *´艸`)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました