ピッコマ|「冷血皇子と捨てられた王女」|ネタバレ 第21話

スポンサーリンク
冷血皇子と捨てられた王女
画像引用:ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」
スポンサーリンク

漫画「冷血皇子と捨てられた王女」は原作Kim Cukdas先生、漫画Neff先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「冷血皇子と捨てられた王女」第21話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

冷血皇子と捨てられた皇子さま【第21話】のあらすじ・ネタバレ

侵入者

シュベリオンの騎士は逃げようとするアレクシアを痛めつけるために剣を抜きます。

護衛の者を呼ぼうとしますが声が出ないアレクシア。

するとベッドの下に隠れていたライオネルがアレクシアの身を隠します。

アレクシアに囮になるよう目で合図するライオネル。

アレクシアに気を取られた騎士の背後を取り、次々と仕留めていくライオネル。

護衛の不在

ライオネルはなぜこのような事態に護衛が来ないのかと尋ねます。

アレクシアは皆城壁に集合しているので自分もそこに合流すると伝えます。

ライオネルにはジョセフとして自分から離れるよう指示するアレクシア。

ライオネルは危険なため自分がお供すると譲りません。

変身術で老人に化けると、アレクシアに付き添うとついて来ます。

アレクシアはこれ以上何も言えず止めるのを諦めます。

幻影

アレクシアは庭園まで来るとライオネルに短剣を貸して欲しいとお願いします。

借りた剣で自分の指先を斬りつけるアレクシア。

ライオネルと歩きながら何かが可笑しいと感じていたアレクシア。

ライオネルを試すために自分を傷つけます。

アレクシア「これも 幻影ですか?」

ピッコマ「冷冷血皇子と捨てられた王女」

駆け引き

アレクシアはライオネルを信じているからなぜ幻影を使うのか正直に話すよう諭します。

護衛たちが消えたわけではなく、自分の目に映っていなかったのだと気付くアレクシア。

今歩いている道も離れに向かう道ではないだろうと予想します。

ライオネルは自分を信じているなら黙って付いて来て欲しいと願います。

しかしアレクシアは自分を逃がそうとすれば、ライオネルに危害が及ぶことを恐れていました。

一人でなら脱出可能でも自分がいれば足枷になると伝えます。

再度自分は離れに一人で行くのでライオネルは一人で脱出するよう命じます。

ライオネルはアレクシアの意志が固いことを感じ、

自分も一緒に離れに行くためお供することを許して欲しいと伝えます。

アレクシアは今度こそライオネルを信じて手を伸ばします。

テルビオンの帰還

突然何かが割れる音が響いて幻影の魔法が解かれたことを察知するアレクシア。

アレクシアを背後に隠し動くなと指示するライオネル。

テルビオン「やっとみつけたぞ 久しぶりだなアレクシア

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

テルビオンの声に顔を出すアレクシア。

するとアンザークのスパイだった騎士を

引きずって鬼のような形相で迫ってくるテルビオンを目にします。

まるで罪人を追い詰めるように取り囲むテルビオンに怯えるアレクシア。

仲間の無残な姿を目にして唇を噛むライオネル。

絶対絶命のピンチを迎えます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

執着

テルビオンは不敵な笑みを浮かべながらどこへ行くと尋ねます。

離れにいるルートヴィヒに会いに行くところだと答えるアレクシア。

しかしこの道は離れに通じる道ではないと追及するテルビオン。

何を言っても言い訳にしか聞こえないと思いつつも、

幻影のせいだと必死で訴えるアレクシア。

部屋に侵入者が入り、護衛もおらず殺されそうになったことを伝えると

怪我が無いかアレクシアを気遣うテルビオン。

そして状況を整理するテルビオン。

テルビオン「面白い 殺された兄上の騎士と 幻影を扱うアンザークのスパイ そして 身の程知らずの皇子妃拉致犯か」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

ライオネルに連れ去ろうとしているのがテルビオンの妻である事は理解しているかと凄むテルビオン。

テルビオンは本来の残酷な人間性が剥き出しになります。

アレクシアを拉致した代価が死だと叫びながらライオネルに斬りかかるテルビオン。

「冷血皇子と捨てられた王女」第21話の感想&次回第22話の考察予想

テルビオンの部隊に忍び込んでいたスパイはあっけなく見つかって

殺されかけていました(゚д゚)!

ライオネルはアレクシアを何としても助けようとしていたみたいです(´Д⊂ヽ

たいした忠誠心ですが、アレクシアはアンザークには帰りたくないんだよね…

テルビオンの側が一番安全だと早く気付いて欲しいです(T_T)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました