ピッコマ|「冷血皇子と捨てられた王女」|ネタバレ 第8話

スポンサーリンク
冷血皇子と捨てられた王女
画像引用:ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」
スポンサーリンク

漫画「冷血皇子と捨てられた王女」は原作Kim Cukdas先生、漫画Neff先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「冷血皇子と捨てられた王女」第8話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

冷血皇子と捨てられた皇子さま【第8話】のあらすじ・ネタバレ

テルビオンの真意

ジョゼフと親しそうに接するアレクシアを見て何故か気にするテルビオン。

テルビオンの言動にアレクシアは困惑します。

テルビオン「ここ数日でかなり親しくなったみたいだな あの曲がった腰が同情心を掻き立てたか?」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

嫌味を言うテルビオンの真意に気付かないアレクシアは

ジョセフはテルビオンが直接選んでくれた人材だから信頼していると答えます。

ハルベンキアにはアンザークを憎んでいる人しかいないため

かなり厳選してアンザークに敵対心を持たない者を選んだと聞き

遅ればせながら感謝を伝えるアレクシア。

テルビオンは人の気持ちを変えることは出来ないからと視線を逸らして答えます。

その姿を見て目も合わせたくないほど自分のことが憎いのかと誤解するアレクシア。

皇子妃

よく怪我をしたり体調を崩すアレクシアのためにハンスの部屋を1階に移すよう指示するテルビオン。

その時寒さのため今日だけ部屋に入れていた植木鉢が枯れているのが目につきます。

そのことにテルビオンも気づき、即座に毒のせいだと判断します。

カリーにこれは何だと追及するテルビオン。

カリーは誰の仕業か分かっているようで警告だったと正直に答えます。

鬼のような形相で片付けろと命じるテルビオン。

しかしアレクシアは片付けずにそのままにして欲しいとお願いします。

枯れていると分かっていながら側に置くというアレクシアの真意を尋ねるテルビオン。

アレクシア「…忘れないためです ここがどこなのか 私が誰なのか…」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

テルビオンは何れハルベンキアの皇子妃になるアレクシアに

二度と無礼を働ける者などいないと答えます。

しかしアレクシアは自分の運命を知っていました。

皇子妃になる日など来ないと思いながら、まだ皇子妃ではないと伝えます。

テルビオンは頭を抱えて結婚する時には枯れた植木鉢など持ってくるなと言い

部屋を出て行こうとします。

心配

テルビオンにここには何の用で来たのかと尋ねるアレクシア。

訓練中にジョセフが慌ててアレクシアの怪我を知らせに来たため

様子を見に来たと答えるテルビオン。

まさかとは思いながら自分の心配をしてくれたのかと尋ねます。

アレクシアが望むならそうすると、まるで望めば手に入るような口ぶりで話すテルビオン。

しかしアレクシアは自分の立場を弁えており望んでも手に入ることはないと

最初から欲することを諦めます。

アレクシア「いいえ 結構です」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

アレクシアの弱さ

テルビオンはアレクシアが相当病弱だと思い込んでおり、

なぜそんなに身体が弱いのかと質問します。

しかし数日飲み食いしないのがざらだったアレクシアは

どう考えても弱くないと心の中で抗議します。

テルビオンは自分の部下は怪我などしないと言い切り

アレクシアがケガをするのは弱いからだと決めつけます。

帝国一の戦死達と同じ丈夫さを求められても困るとふくれっ面をするアレクシア。

テルビオンはアレクシアの顔を見て思わず吹き出します。

もう行くと出ていくテルビオンに気遣いの言葉をかけるアレクシア。

リボンは一つしかないためもう手当できないと伝えます。

テルビオンはアレクシアの元に戻り、手を取ります。

テルビオン「…ああ 俺の心配をしてろアレクシー」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

手の甲にキスをして自分の心配をして欲しいと伝えるテルビオン。

カリーは先ほど見た光景が頭から離れず

夢でもみていたのかと思います。

テルビオンが誰かに親し気に接するところは今まで一度も見たことがないし、

これからもそのような場面を見ることはないだろうと思い込んでいたカリー。

カリーは恐る恐るテルビオンの真意を確かめます。

アレクシアは人質の身であり、もし結婚せずにこのままハルベンキアに置いておけば

どのような事態を招くかと逆に質問するテルビオン。

それは使い道のないゴミなのでいずれ殺されると思い当たるカリー。

それならば王女を守るために結婚するということかと

一番程遠いと思っていた理由に辿り着きます。

初めて会った王女にそれほど義理堅く接するわけはないと思うカリー。

以前からの知り合いなのかと尋ねると、

昔自分の命を救ってくれた命の恩人だと答えるテルビオン。

アレクシアは全く記憶にないようだが、本当は出会っていた2人。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

アクシデント

庭園でカリーにあげる花束を摘んでいたアレクシア。

しかし練習中のアクシデントで剣がアレクシアの方に飛んできます。

集めた花が見事にバラバラになってしまい落ち込むアレクシア。

騎士たちはアレクシアを襲ったルベンの行く末を知っているため

むやみに無礼に振舞えず謝罪します。

2時間もかかって摘んだ花なのにとアレクシアの代わりにジョセフが抗議すると

騎士たちはテルビオンに殺されると思い一緒に花を集め始めます。

休憩の終わりの笛と共に帰っていく騎士たちは

わざとではないともう一度謝罪して帰って行きました。

アレクシアは快く許します。

真夜中の訪問者

部屋に帰ると騎士たちが摘んでくれたボロボロの花を見て苦笑するアレクシア。

すると遅い時間にも関わらず誰かが部屋をノックします。

扉を開けようとした時急に頭の中にテルビオンの警告する声が響きます。

テルビオン「…アレクシア お前は警戒心がなさすぎる ルベンの件を忘れたのか?」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

「冷血皇子と捨てられた王女」第8話の感想&次回第9話の考察予想

アレクシアを心配しているテルビオンの気持ちは何も伝わってないですね(;^ω^)

実は以前に会ったことがあるみたいですが、アレクシアは何をしてテルビオンを救ったのでしょうか?

自分は選ばれるはずはないと思い込んでいるので、最初から期待していないのも

理解できますが、生き残りたいなら何かを捨てて飛び込まなければ無理なような気がします。

テルビオンは結構分かりやすく好意を示していると思うのですが

全く気付かないのが少しもどかしいですね(;^ω^)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました