ピッコマ|「沈黙の庭園」|ネタバレ 第10話

スポンサーリンク
沈黙の庭園
画像引用:ピッコマ「沈黙の庭園」
スポンサーリンク

漫画「沈黙の庭園」は原作Yeomra先生、漫画Yam先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「沈黙の庭園」第10話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

沈黙の庭園【第10話】のあらすじ・ネタバレ

帝都での暮らし

グィネヴィアが暮らし始めた帝都には冬が訪れていました。

ブライト家を去った後4ケ月ほど過ぎたころに2階建ての日当たりの良い邸宅を買ったグィネヴィア。

一人で暮らすには十分な広さがあり、室内には家庭菜園ができる畑もある家でした。

室内菜園で幸福の木を育てながら今頃悔しがっている頃だろうと笑うグィネヴィア。

今は血眼になってグィネヴィアの居所を捜している頃だろうと思います。

全てはグィネヴィアの想定内通りでした。

叔父の手を借りてグィネヴィアの居所を捜し始めたら見つかるのは時間の問題だろうと思います。

想定内

叔父は金の亡者なのでグィネヴィアを捕まえたら謝礼を渡すと言えば

喜んでゼロたちに協力していることだろうと思います。

そうは言っても直ぐに居場所がバレるとは思えずそれまではゆっくり備えようと思うグィネヴィア。

グィネヴィア「ゼロ 今度はあなたの番よ」

ピッコマ「沈黙の庭園」

お節介

グィネヴィアは共同かまどに行くため外に出ました。

ご近所に住むハリー夫人に声をかけられます。

共同かまどとは皇帝陛下が平民のために作ってくれたパンを焼くかまどのことでした。

小麦粉を持参すれば誰でもその場で生地をこねてパンを焼いてもらえることに感謝する夫人。

共同かまどは賑わっており、パンを無償で焼くためだからだと感心するグィネヴィア。

パンを焼くイケメン男性にみな首ったけだと噂する夫人。

グィネヴィアにも誰かを紹介しようかと提案します。

断ってもしつこい夫人に理由を話すグィネヴィア。

グィネヴィア「そうじゃなくて…夫と死別してまだ間もないんです」

ピッコマ「沈黙の庭園」

夫人は慌てて自分の無神経さを謝罪します。

凱旋式

急に周囲が騒がしくなり、戦争が終わったと歓声が上がります。

軍隊が帰還し凱旋式が行われます。

軍隊が向かう報告は皇城のようだと思うグィネヴィア。

すると持っていたパンを落として涙ぐむ夫人。

戦争に参戦していた息子が無事な姿を見て思わず駆け寄ります。

お互い涙を流して無事を確かめ合う家族の姿を目にして

ふと遠い昔ランスロットと交わした約束を思い出すグィネヴィア。

しかしもう無関係の過去のことだと頭の片隅の記憶を追い払います。

淡い期待

一時は幼い頃交わした少年との約束が果たされて

彼と一生を共にすると期待していた頃がありました。

しかしあまりにも長い時間待たされてその期待も露と消えた今

その約束はまるで自分が体験したことでは無いようだと思うグィネヴィア。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

再会

つまらない記憶だと考えるのを止めて立ち去ろうとするグィネヴィアは突然呼び止められます。

自分のことかと恐る恐る振り返るグィネヴィア。

すると鎧に身を包んだ騎士が自分に近づいてきました。

グィネヴィアの目の前で立ち止まる騎士。

怯えながら誰なのか確認すると彼は兜を外します。

それは幼い頃の記憶の片隅にある少年を彷彿とさせる美しい銀髪の青年でした。

グィネヴィア「…ランスロット様」

ピッコマ「沈黙の庭園」

「沈黙の庭園」第10話の感想&次回第11話の考察予想

帝都での暮らしが始まり平民として慎ましやかに暮らしていたグィネヴィア(^-^)

周囲の人間もグィネヴィアの正体を知らないので良い人間関係が築けているようです(`・ω・´)b

そしてついに初恋の君との再会を果たしたグィネヴィア( *´艸`)

多分過去の回想で何度かランスロットが出てきているので

本当はグィネヴィアを捜し続けていて2度目のチャンスを得たのも

ランスロットが関係しているんじゃないでしょうか??

次回再会したランスロットとはどのような話をするのか( *´艸`)

楽しみにしたいと思います♡

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました