ピッコマ|「冷血皇子と捨てられた王女」|ネタバレ 第22話

スポンサーリンク
冷血皇子と捨てられた王女
画像引用:ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」
スポンサーリンク

漫画「冷血皇子と捨てられた王女」は原作Kim Cukdas先生、漫画Neff先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「冷血皇子と捨てられた王女」第22話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

冷血皇子と捨てられた皇子さま【第22話】のあらすじ・ネタバレ

窮地

ライオネルの幻影を見破って姿を現したテルビオン。

アレクシアを連れ去ろうとするライオネルを容赦なく攻撃します。

圧倒的な力の差で窮地に陥るライオネル。

余裕のテルビオンはライオネルが苦しんでいる姿を見て不敵に笑います。

アレクシアはこのままではライオネルが殺されてしまうと危惧して

考えるよりも先に身体が動きます。

アレクシアの動きを見て動揺するテルビオン。

その隙をついてライオネルがアレクシアを人質に取ります。

人質作戦

ライオネルはスパイらしく振舞いアレクシアの喉元に短剣を突きつけます。

テルビオンはアンザークの王女であるアレクシアの安全を確信しており

冷静に開放するよう要求します。

テルビオン「アンザークの騎士が王女を殺すだと?どうやら人質を間違えたようだな 馬鹿な真似はよして 王女を開放しろ」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

ライオネルは小声でアレクシアに謝罪しながら演技を続けます。

アレクシアは国に捨てられた王女のため自分の命の方が惜しいと嘘をつきます。

テルビオンにアレクシアの命が大事なら動くなと脅すライオネル。

テルビオンはライオネルの本気を確かめるため一歩踏み出します。

ライオネルはアレクシアの首元の剣に力を入れます。

痛みを感じて顔を歪めるアレクシア。

その姿に動揺するテルビオン。

部下たちに動くなと命じます。

切実な声

テルビオンは切実な声で訴えかけます。

テルビオン「…アレクシア」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

アレクシアはテルビオンの声がまるで自分を本当に求めている声に聞こえます。

小説の中では愛しているはずのオピリアでさえ手にかける非情な人物のはずなのにと思います。

アレクシアは自分の想いが溢れそうになり思わず名前を呼んでしまいます。

アレクシア「テルビオン…殿下」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

アレクシアの訴えかけるような声を聞き我を忘れるテルビオン。

脱出

テルビオンの殺気立った雰囲気に捕らえられていたドスティアが先に動きます。

一瞬の隙をついてアレクシアを連れ去るライオネル。

魔法陣に消える直前アレクシアの名を叫びながら必死に探す声が遠のいて行きます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

捨て駒

無事テルビオンの元から脱出し、2人になるアレクシアとライオネル。

ライオネルが無事脱出できたため城に戻るというアレクシア。

しかしこの状況ではどう見てアレクシアが無事に受け入れられるはずがないと言うライオネル。

有無を言わさず自分と共に脱出しようと促すライオネル。

アレクシアは後ろ髪を引かれながらも落胆しながら呟きます。

アレクシア「…そうよね誰も…私のことを信じてくれるわけないもの…」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

冷血な殺人者

テルビオンはアレクシアの行方を捜していました。

ジョセフが常に過ごしていた馬小屋は残念ながらもぬけの殻だったと報告があります。

そして馬が全部残っていたと知り徒歩で逃げたことを知るテルビオン。

アンザークのスパイであるドスティアに剣を突き刺し馬車を壊した理由を尋ねるテルビオン。

ドスティアはどれだけ痛めつけられてもライオネルの目的を理解しておらず答えることができません。

拷問に耐えられず死ぬことを危惧して部下が止めに入ります。

今にも殺しそうなほど殺気立ちながら答えるテルビオン。

テルビオン「殺しはしない

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

ルートヴィヒはテルビオンの心中を案じます。

ドスティアに恐ろしい拷問をすることを匂わせてアレクシアの居所を聞き出そうとします。

しかしそんなテルビオン意図が理解できないドスティア。

テルビオンにとってアレクシアは只の協定を口実にした人質で

いつでも切り捨て可能な捨て駒のはずなのにと困惑します。

そんなドスティアに怒りが湧くテルビオン。

アンザークこそアレクシアをただの捨て駒として利用しているくせにと恨みが募ります。

ドスティアの首を締め上げながらアレクシアを蔑むドスティアにはっきりと伝えるテルビオン。

テルビオン「…俺の妻だ そして 誰であろうと 俺の物を奪う奴は 死刑に値する」

ピッコマ「冷血皇子と捨てられた王女」

「冷血皇子と捨てられた王女」第22話の感想&次回第23話の考察予想

アレクシアはアレクシアを切なく見つめるテルビオンの眼差しを信じることができませんでした;つД`)

アレクシアも心の底ではテルビオンを求めているはずなのに辛いですね…(´;ω;`)ウッ…

ライオネルは本当にアレクシアを逃がすつもりなんでしょうか…

テルビオンに早く助けに来て欲しいです( ノД`)シクシク…

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました