ピッコマ|「悪党の美学」|ネタバレ 第8話

スポンサーリンク
悪党の美学
画像引用:ピッコマ「悪党の美学」
スポンサーリンク

漫画「悪党の美学」は原作Lee Huin先生、漫画Kim Yejac先生の作品でピッコマにて配信されています。

今回は「悪党の美学」第8話を読んだ感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

悪党の美学【第8話】のあらすじ・ネタバレ

使節団

侍従が教皇庁からの使節団が到着したとの知らせを届けに来ます。

先皇帝の葬儀は終了したのに遅すぎると苛立つエイナード。

婚約式の件がどうなっているか確認すると、アルマンが反対しているせいで

中々準備を進められないと聞きさらに苛立つエイナード。

先皇帝の死に対して疑問を抱くものが少なからずいる中

皇太子にまで手を出すことができず頭を悩ませます。

アルマンの事は無視をして進めるように指示するエイナード。

ティーパーティー

イオネがどこにいるか確認するエイナード。

バラ宮で貴族令嬢とのティーパーティ―中だと聞かされます。

イオネは自分の置かれている状況が理解できず困惑します。

急にイオネの元に押しかけて令嬢たちが謁見を望んでいると報告に来るドロシー。

ドロシー「アルリアン家とフェルイザ家の令嬢たちが謁見を希望されております 事前にお約束頂かないとダメだと言ったのですがお帰りにならなくて…」

ピッコマ「悪党の美学」

イオネは不満に思いながらも追い返すことができず謁見に応じます。

それはフリージア・アルリアンとバイオレット・フェルイザの2人でした。

けん制

イオネは明らかにエイナードとの噂を確かめに来た令嬢たちににこやかに対応します。

イオネの指に光る豪華な指輪に釘付けの令嬢たち。

実は帝国の令嬢たちの憧れの的だったエイナード。

それが馬鹿で頭が悪いと噂の皇女が相手だと分かり不満に思っていることは明らかでした。

婚約が本当か遠回しに確かめる令嬢たちにはっきり事実だと告げるイオネ。

睨みつける令嬢たちを無視してお茶を楽しみます。

気を取り直してお茶の感想を質問するアルリアン令嬢。

フェルイザ令嬢はアルリアン家の権力を誇示するように

王宮にも入らない貴重な品だと褒め称えます。

王宮の中から出ないイオネは知らないかもしれないと馬鹿にする令嬢たち。

しかし嫌味に付き合うのも飽きてきたイオネはそろそろ懲らしめようと思います。

皇女の力

令嬢たちの言っていることはおかしいと指摘するイオネ。

イオネ「帝国の全ての輸入品は王室に報告した後 等級を分けて関税の一部として進上されるはずだけど…」

ピッコマ「悪党の美学」

令嬢が自慢しているメンタビスというお茶は報告されたことがないと言い切るイオネ。

まさかアルリアン家が王宮に報告せず私腹を肥やしているのではと疑いの目を向けるイオネ。

慌ててフェルイザ令嬢が自分の勘違いだと訂正します。

先ほどまでは意気揚々とお茶の自慢をしていた令嬢が

慌てて王宮に献上するほどの高級品ではないと訂正します。

その言葉にも揚げ足を取るイオネ。

イオネ「私にはどの最高級品よりよかったのに それなら等級を審査する方に問題があるみたいね 輸入品と関税は大切な問題だから皇太子殿下に直接お話しないと」

ピッコマ「悪党の美学」

無垢な瞳で令嬢たちに警告するイオネ。

そして慌てる令嬢たちをしり目にもう帰るようだとドロシーに見送るよう命じます。

ABEMAプレミアム - 無料体験実施中 | ABEMA
ABEMAプレミアムでは見逃してしまった番組や、人気の作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

完全勝利

王宮から逃げ出すように帰る令嬢たち。

イオネが頭が悪いと信じ込んでいた令嬢たちは自分たちの失態を嘆きます。

その姿を遠くで眺めながら自分の力を証明するという言葉は真実のようだと笑うエイナード。

令嬢たちの相手で疲れて機嫌の悪いイオネ。

そこにエイナードが訪ねて来てさらに気分が落ち込みます。

使用人を全て退出させるとイオネにお土産を渡すエイナード。

中を開けるとマカロンが入っていました。

葬儀の時に楽しい想像をしろ命じた時一番最初に見えた絵が食べ物だったというエイナード。

お菓子がイオネの好物なのだと知り準備をしたようでした。

急に普通の人間らしいことをするエイナードに心の中で毒づくイオネ。

イオネ「この人間 なんか悪い食べ物でも食べたわけ?」

ピッコマ「悪党の美学」

エイナードは心の声を隠そうともしないイオネにある意味感心します。

賄賂

実は皇太子を説得させるための賄賂としてマカロンを持ってきたエイナード。

言う事聞かなければ殺せば良いと恐ろしいことを口にするエイナードに

必死で自分が説得すると伝えるイオネ。

2日後に教皇庁の歓迎パーティーがあるためその時までに説得し

パーティーで皇太子の口から婚約発表をさせろというエイナード。

無理難題を言いつけるエイナードに呆れながらも結局従うイオネ。

何とか心の声を抑えて笑顔で説得すると伝えます。

エイナードはイオネの笑顔を見て口元を抑え何かを呟きます。

エイナード「…なるべく笑わない方がいいな」

ピッコマ「悪党の美学」

聞き返すイオネに顔がおかしいと悪口を言うエイナード。

マカロンは全部食べろと言い残して帰って行きました。

世界で一番

試しにマカロンを一つ食べると今まで食べた中で一番おいしいと感動します。

扉の外でイオネの言葉を密かに聞いていたエイナード。

喜ぶイオネに満足そうに笑います。

「悪党の美学」第8話の感想&次回第9話の考察予想

令嬢たちを見事撃退したイオネ(^-^)

カッコ良かったですね(^-^)

もう頭の悪い皇女とは言わせません‼

ていうか綺麗で頭も良い皇女とか…エイナードじゃなくても引く手数多のような…(;^ω^)

他の人に取られそうになって慌てるエイナードも見てみたいです( *´艸`)

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました